2019年09月24日 (火)

三重県 志摩市


 

1shima.JPG

今回は三重県の南東部、リアス式海岸に囲まれ、

全体が国立公園という志摩市から「たび自慢」で~す。

真珠の養殖業を営む井上さんご夫婦と一緒にご紹介しましょう!

私たちの背景に広がっているのが、

140年前に日本で初めて真珠の養殖が始まった英虞湾(あごわん)です。

夫の井上光さんは66歳の三代目。

 

2shima.JPG

光さんに広~い養殖用の筏を見せてもらいました。

英虞湾の海岸線は入り組んでいて、波は穏やか、海水温が一定で栄養分が豊富と、

真珠を育てるには絶好の環境なんです。

現在500軒ほどの養殖業者がこの英虞湾で真珠を作っているんですよ。

 

3shima.JPG

この筏では、真珠になる核を入れる前のアコヤ貝を育てています。

核を入れてからは、全てのアコヤ貝をもう少し沖の筏に移して育てていくそうです。

英虞湾の潮の流れは複雑らしく、アコヤ貝の栄養分となるプランクトンの数を、

その都度顕微鏡で調べて筏の設置場所を変えていくそうです。

そういう背景もあり、井上さんは英虞湾のことを“畑”と称して説明してくれました。

 

4shima.JPG

こちらが10センチほどの大きさのアコヤ貝です。

内側は七色に輝いていますが、

この貝殻の成分が分泌されて、核の周りを包み真珠を作り出します。

 

5shima.JPG

白い小さい玉が、

アメリカ産のドブ貝の貝殻をくりぬいて作られた「核」。

大きめの玉が、核の周りが何層もの分泌物で包み込まれた「真珠」です。

この一粒の真珠を作り出す養殖業者さんの技術には、本当に感服させられます。

 

6shima.JPG

井上さんの奥様、寿美さんからは、

井上家で代々伝わる保存食を紹介頂きました。

 

7shima.JPG

それが、アコヤ貝の貝柱の粕漬けです。

アコヤ貝の身は真珠を作るためのもので、

貝殻にくっついて残る貝柱だけは食べられます。

養殖業者さんだからこそ作れる珍味ですね~。

 

8shima.JPG

3センチほどの大きさの貝柱に、

砂糖と日本酒をまぜた酒粕でじっくり漬け込んであるんです。

これはご飯にも合うしお酒のアテにも最高!

ついつい手が伸びてパクパク食べてしまいました。

日本酒が欲しかったな~!(笑)。

アコヤ貝がもたらす英虞湾の恵みは奥深い!

井上さん、取材させて頂いてありがとうございました~!

 

9shima.JPG

志摩市に観光で訪れるならぜひこちらも立ち寄ってみてください。

英虞湾の景色を眺めながら、

新鮮な魚介類の炉端焼きが楽しめる場所があります。

今回時間がなくて食べられなかったんですよ~。

お料理をお見せできないのが残念!(泣) 

地元で捕れたヒオウギ貝、サザエ、スルメイカ、

干物などを炉端で焼いて食べられます。

それに地元名物の青さのお味噌汁やひじきの釜飯も付いてきます。

アワビや伊勢エビが付いたプランもありますよ~。

こちらは市の観光協会が運営する「海女小屋体験施設 さとうみ庵」です。

ここでは現役の海女さんの説明を聞きながら炉端焼きが楽しめるとあって、

観光客に大人気なんです。

 

10shima.JPG

こちらが施設で実際にお話をしてくださる現役の海女さん。

御年73歳の小川美輪子さんです。

今はウエットスーツを着て海に出るそうですが、

昔はこうした海女さん用の白衣を着て潜っていたそうです。

小川さんはもともと真珠の核入れ作業を30年続けていたそうで、

幼い頃から海で泳いでいたこともあって、

52歳から海女さんになったんですって~。

現役の海女さんは、

隣町の鳥羽市と合わせて700人ほどいらっしゃると言われています。

その技術は国の重要無形民族文化財にも指定されています。

ぜひ守り続けて、志摩の海の素晴らしさを伝えて頂きたいですね~。

「たび」の最後に、海女さんの素敵な笑顔に出会うことができました!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:19 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS