2019年08月27日 (火)

鳥取県 米子市


 

1yonago.jpg

大きく目をひんむいた鳥取局・是永アナウンサーの口の中に、

何かが投入されようとしています!

この茶色い食べ物はなんなんだ~!?

 

2yonago.jpg

一口でガブリといった是永アナ、ご満悦!(笑) 

今回は、

食べる人みんなを笑顔にするようなおいしい郷土料理がいっぱい!。

鳥取県米子市から「たび自慢」です!

 

3yonago.jpg

米子市は鳥取県の西部、

山陰の名峰「大山(だいせん)」の麓に広がる、

人口14万8000の町です。

JR米子駅前には、

米子の「米」をモチーフにしたモニュメントがお出迎え。

江戸時代から「山陰の大阪」と呼ばれるほどの商業の街として、

栄えてきました。

 

4yonago.jpg

米子市は観光地としての顔も合わせ持ち、

日本海の砂浜に面してズラ~っと、温泉旅館がたくさん。

こちらが年間40万人が訪れる、

「皆生(かいけ)温泉」です。

最近では海外からの観光客も大勢いらっしゃるそうで、

県内では最も人気の高い温泉地なんです。

 

5yonago.jpg

これが「皆生温泉」のオーシャンビュー!

建物の8階にある露天風呂から見た絶景です。

湯船と日本海がつながるこの感じ、

いいでしょう~~~!

 

6yonago.jpg

取材させて頂いた温泉旅館の福本恵美子さんです。

まさに令和に改元された5月1日に、

オープンしたばかりの旅館で、

自慢の露天風呂を披露してくれたんです。

「皆生温泉」のお湯は海から湧き出る塩泉で、

体を芯まで温か~くしてくれるそうですよ~。

 

7yonago.jpg

「皆生温泉」に面した海岸は、ま~素敵な透明度!

奥に波消しブロックが見えますが、

浸食を防ぐために設置されたそうです。

そのためおだやかな波が打ち付け、

家族での海水浴には最高。

海水浴場と一体となった温泉地は、

全国的にも珍しいそうですよ。

 

8yonago.jpg

「皆生温泉」の砂浜で是永アナが指さしたのが大山!

・・・と思ったら違ってました(笑)。

こちらの山は孝霊山(こうらいさん)。

その美しい形から、

「伯耆(ほうき)富士」とも呼ばれています。

(写真右側にみえるはずの「大山」は、残念ながら見られませんでした。)

 

9yonago.jpg

その大山になぞらえた郷土料理が、

是永アナがパクッと一口で食べた、

その名も「いただき」。

1辺が15センチほどもある大きな油揚げで、

包まれた食べ物なんです。

一見お稲荷さん風ですが、お味は全く違うんです!

 

10yonago.jpg

生米とニンジンやゴボウなどのお野菜を油揚げに詰めてから、

出し汁で炊きあげるんです。

一口ほおばるとジュワーっと甘口の出汁が広がり、

思わず笑顔になります。

『今日のご飯は「いただき」よ~』とお母さんの声がすると、

子供たちは『わ~い「いただき」だ~!』と、

大喜びするという米子の郷土料理なんですって。

 

11yonago.jpg

今回、会場のスタッフや出場者用に頼んだお弁当を開いてみると、

みんなが笑顔になりました。

地元のお弁当屋さんがこんな素敵なお弁当を作ってくれたんです。

米子の人たちの❝おもてなし❞に感激しました。

米子市は、

見ても笑顔、浸かっても笑顔、食べても笑顔の、

ハッピーな気分になれる町でした~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:37 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS