2019年08月07日 (水)

福井県 福井市


 

1fukui.jpg

清涼感たっぷりの一皿からスタートしましょう!

今回の「たび自慢」は、そば処の福井県福井市です。

連日の暑さを吹き飛ばすような創作料理の「トマトそば」。

栽培が盛んな福井産のトマトが丸々1個のって、

ジュレになっただし汁と共にいただく夏そばです!

眺めているだけで涼しいでしょう~?。

 

2fukui.jpg

福井市をご紹介するのに、まずこの場所は欠かせません。

こちらも清涼感たっぷり、

NHKに入局して丸一年の豊島アナウンサーが、

招いてくれているのが、

戦国時代に敵襲に備えて石垣で構えた城門、

「下城戸(しもきど)」です。

この入り口を抜けると~!

 

3fukui.jpg

朝倉氏が100年に渡って、

越前の国を治めた拠点、

「一乗谷(いちじょうだに)」が広がります。

戦国時代を背景にした大河ドラマなどでは、

よくこの地名を耳にしますよね~。

 

4fukui.jpg

朝倉氏遺跡保存会・会長の岸田清さんです。

岸田さんが手に持つイメージ図を見ると、

“一乗谷”がいかに繁栄していたかが分かります。

朝倉氏の城下町として、1~2万人もの人が暮らしており、

一乗谷川沿い1.7キロに渡って小京都と呼ばれるほどの町並みが、

つくられていたんです。

 

5fukui.jpg

一乗谷は織田信長によって攻め滅ぼされ町は焼失しましたが、

その後大きな開発が行われなかったため、

武家屋敷や寺院、町家、道路、石垣など、

町並み全体が遺跡として残りました。

現在は町並みの一部を復原して「一乗谷朝倉氏遺跡」として、

国から「特別史跡」「特別名勝」「重要文化財」の、

三重指定を受けています。

 

それにしても、

きれいな町並みよりも岸田さんの笑顔が目立ってますね~(笑)。

その語りは名調子で、

”一乗谷の名物おじさん”としても有名なんですよ。

 

6fukui.jpg

朝倉氏が暮らした屋敷跡の前で、

岸田さんと豊島アナはニッコリ。

背景の「唐門(からもん)」の先には、

屋敷の基礎が当時のまま残っています。

年間70万人以上が訪れるという朝倉氏が築いた町並みを、

体感してみてはいかがでしょうか。

 

7fukui.jpg

さ~続いてご登場頂いたのは、

蕎麦屋を営む二代目の宝山栄一(ほうやま えいいち)さんです。

なんともゴージャスなお名前ですよね~。

ご紹介した「トマトそば」をつくった方です。

左手に大きな大根、右手に持つボールのようなものは・・・、

 

8fukui.jpg

辛味大根です!

これが福井の名物そばには欠かせません。

 

9fukui.jpg

もちろんすり下ろします!

 

10fukui.jpg

その大根おろしを食べるとこんな表情になるくらい、

辛味が効いてシャキッとします。

私の顔を見て笑っているのが、

このお蕎麦屋さんにアルバイトに来ている、

高校2年生の今井さんです。

 

11fukui.jpg

実は今井さん、

地元の高校の部活動で「そば部」に所属しているんです。

そば打ちの全国大会もあり、

技術を研くのに部活だけでは物足りなくて、

こちらのお店でもそば打ちの勉強をしているんですって!

福井がそば処たるゆえんは、

こうした若い担い手がいるからこそなんですね~。

そばの話をする今井さんの表情は真剣でしたよ。

 

12fukui.jpg

これが福井名物「越前おろしそば」!

江戸時代に栄養補給のためにこうした食べ方が奨励されたそうで、

今では地元のソウルフードです。

大根おろしの入った冷たい出し汁とともに食べるそばは最高です。

今年の暑さを凌ぐなら、

福井のそばを食べるべし!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:12:38 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー


RSS