2019年06月04日 (火)

大分県 宇佐市


 

1usa.jpg

今回の主役は、こんがりきつね色の「唐揚げ」!!!

大分県北部にある人口5万6000の宇佐市にやってまいりました!

宇佐市は、ローマ字で書くとU・S・Aなんですよね~。

笑顔の女性は、“大統領”のタスキを掛けた「USA☆宇佐からあげ合衆国大統領」の吉武裕子さんです。

この肩書き、自称です(笑)。

実は宇佐市役所・林業水産課の課長さんなんです!

大分県内の唐揚げのことならなんでも知ってる“女性大統領”で、

自ら宇佐市の唐揚げのPRに尽力されています。

そして私の左隣にいらっしゃるのが、

取材させていただいた唐揚げ専門店の二代目、吉田孝史さん。

毎日200キロの唐揚げの注文を受けるそうで、

大晦日には1トンも売り上げるんですって!

 

2usa.jpg

それもそのはず、大分県は一人あたりの鶏肉消費量が全国トップクラス!

宇佐市は、テイクアウトサービス中心の唐揚げ専門店発祥の地と言われていて、

そうした唐揚げ専門店が市内になんと53店舗もあるんです!

唐揚げ専門店・二代目の吉田さんによると、

写真のようなフライヤーさえあれば少ない投資でお店を開業できることと、

昭和30年代に中華料理店の店主が調理法を広めたことが、

唐揚げ専門店が増えた理由だそうです。

吉田さんのお店では6つのフライヤーを稼働させて、

骨なし、骨あり、手羽先、手羽元、砂づり、軟骨と、

あらゆる部位の唐揚げを提供しています。

このこんがり揚がる感じ、最高っすね~!

 

3usa.jpg

一番人気の、胸肉の骨なし唐揚げです!

吉武“大統領”によると、宇佐市の唐揚げはニンニク醤油が味付けのベースだそうです。

もちろんお店によって様々で、それぞれ家庭の好みの唐揚げがあるそうです。

吉田さんは、

醤油・ニンニク・生姜など十種類以上のスパイスを使用したタレで味付けしていて、

先代の味を守り続けているそうです。

取材の最中にもひっきりなしにお客さんが買いに来ていて驚きました。

み~んなお持ち帰りしていくんですよ(笑)。

 

4usa.jpg

NHK大分局・寺井純玲ディレクターの幸せそうなこの表情!

宇佐市では、冠婚葬祭、お盆、大晦日、お正月、誕生会、

そしてクリスマスにと、人が集まるときは必ず唐揚げをテイクアウト

するのが普通なんだそうです。

また運動会のときにはほとんどの家族が注文するそうで、

唐揚げを積んだトラックが学校にやって来るんですって!!!

 

5usa.jpg

こちらの笑顔の主は、2ヶ月前に大分局に赴任してきたばかりの、

ホルコムジャック和馬アナウンサーです。名前が外国風なのは、

お父さんがオーストラリア人だからなんです。

大分ではニュース番組「いろどりOITA」のキャスターを担当しています。

こちらは、年間150万人の参拝客が訪れるという、宇佐市のシンボル「宇佐神宮」。

全国に4万社ほどある「八幡神社」の総本宮で、創建は奈良時代だそうです!

 

6usa.jpg

こちらが本殿に通じる道の入口にある「勅使門」。

宇佐神宮に祀られている神様は、

「八幡大神(はちまんおおかみ)」

「比売大神(ひめのおおかみ)」

「神功皇后(じんぐうこうごう)」

ですから、本殿も3つ並んで建てられているんです!

 

7usa.jpg

寺井ディレクターとホルコムアナウンサーが参拝の仕方のお手本を披露してくれました。

まずは一つ目の御殿前。

こちらはあの元寇のときに神風を吹かせたと言われる「八幡大神」が祀られています。

合格祈願など、必勝を願うならこの神様ですね。

 

8usa.jpg

二之御殿に祀られているのは、「八幡大神」よりももっと古い「比売大神」。

学問や財運、交通安全などを祈願します。

こうして一つ目の御殿から順番に参拝していくんです。

 

9usa.jpg

寺井ディレクターとホルコムアナウンサー、楽しそうですね~(笑)。

最後に“三之御殿”で、母神としての「神功皇后」にお詣りします。

こちらの神様は、安産や教育などを守ってくれるそうです。

 

 

10usa.jpg

「宇佐神宮」は14万坪の敷地があります。

屋根に覆われた豪華な「呉橋(くれはし)」や、

夏に蓮が咲き誇る「初澤池(はつざわいけ)」など見どころも満載です。

この日は毎月1日と15日に行われる恒例祭が行われていて、

「祓所(はらえど)」でのお払いの様子を見ることができました。

木漏れ日が降り注ぎ、木々の茂みの先に神様が降りてきているような情景に心奪われてしまいました。

そんな神聖な気持ちで次に向かったのは~・・・、

 

11usa.jpg

唐揚げ定食を食べに!!!(笑)

そりゃ宇佐市に来たら食べ比べないとね~。

こちらの唐揚げも外はサクサク、中はジューシー、もうたまりません!

熱々はもちろんおいしいんですが、冷めてもおいしいのが特徴なんだそう。

もしかしたら、宇佐市民の笑顔を守る神様は、この唐揚げに宿ってるのかもしれませんね~。

大分県宇佐市からの「たび自慢」でした~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:22 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS