2019年05月30日 (木)

高知県 南国市


 

1nangoku.jpg

今回の「たび自慢」はこの笑顔からスタート!

「このお鍋がおいしいんですよ~」とおもてなししてくれているのが、

NHK高知放送局の吉岡真央アナウンサー。

福井県出身の彼女は高知に赴任してもうすぐ1年。

会話をしているとちょっとだけ高知弁も出てくるほど馴染んでましたね~(笑)。

今回は自慢の鍋が名物の、高知県南国市(なんこくし)をご紹介しましょう!

 

2nangoku.jpg

降り立ったのは「高知龍馬空港」。

「龍馬」を空港の名前にしちゃうなんて、

坂本龍馬は本当に高知の皆さんに愛されてますよね~。

この高知龍馬空港は南国市にあるんですよ。

太平洋に面した南国市は高知市の東隣、人口4万7千ほどの町ですが、

高知県内では2番目に人口が多い町なんです。

空港は年間155万人が利用するとあって、南国市はまさに高知県の空の玄関口。

さて、ご紹介が遅れました、今年4月に入局した稲嶺君、宮浦君、鵜飼君、

新人ディレクター3人組です!

今後のど自慢の現場で皆様にお世話になるかと存じます。

どうぞよろしくお願い奉ります。m( _ _ )m

 

3nangoku.jpg

高知県と言えば「カツオ」!

ちょうど初鰹の時期で、高知県はどこへいってもカツオがおいしい~!

粗塩がふられたカツオのたたきの美しさに感動です。

薄く切ったニンニクと一緒に食べるカツオを目の前にして、

南国市開催に感謝感激。

 

4nangoku.jpg

さて、南国市が今力を入れているのが、このひな鳥の飼育なんです。

産毛をまとった、まだ手に収まるほどのかわいらしさ。

5月16日に生まれたばかりなんですよ~。

こんなかわいらしいひな鳥が成長すると~・・・、

 

5nangoku.jpg

こうなります!(笑)

笑っちゃうほどいかつい表情でしょう~。

これが「シャモ」です! 「シャモ」って、漢字で書くと「軍鶏」。

つまり、江戸時代にタイから輸入されたと伝わる闘鶏用の鶏なんです。

非常に気性が荒く同じゲージに入れておくと、

すぐにケンカをしてしまうので飼育が難しいそうです。

話はちょっと変わりますが、

実は南国市はあの坂本龍馬のご先祖様が暮らしていた土地なんです。

龍馬が亡くなる晩に食べようとしていたのが「シャモ鍋」。

結局龍馬は殺害され「シャモ鍋」は食べられませんでした。

地元では「シャモ鍋」を作って龍馬を供養してきた歴史があるだそうです。

それなら、とことん「シャモ」にこだわって南国市の名物を作ろうと、

10年前から研究会を立ち上げて「シャモ」の飼育を始めたそうです。

育てているのは100%純血種といわれる「オオシャモ」。

写真の「シャモ」は成長して5ヶ月、体重は4キロ!

シャモ肉としてほどよい歯ごたえと旨みを兼ね備えた、抜群の状態だそうです。

 

6nangoku.jpg

さぁ、「シャモ鍋」をご覧あれ!

あまりにもふんだんにお野菜が盛られていたので、

シャモ肉が隠れてますが。。。(笑)

 

7nangoku.jpg

お玉で鍋を掘り起こすと、

出てきたシャモ肉は、ま~ガッチリしていること。

地元ではもともと闘鶏で傷ついてしまったシャモを鍋にして食べられてきました。

闘鶏用の成長しきったシャモの肉はかなり堅めの肉質だそうで、

研究会では多くの人に好まれる歯ごたえを追求した結果、

5~6ヶ月飼育したシャモの肉にたどり着きました。

 

8nangoku.jpg

シャモ鍋、やばいっす!

シャモ肉の軟らかすぎない歯ごたによって、

「食べてる~!」という実感がわき上がってきます。

一回一回噛むたんびに肉の旨みがじわじわ~っと、

口の中で広がってくるんですよね~。

しかもスープの出汁が最高に利いていて、

この表情になっちゃいました(笑)。

 

9nangoku.jpg

締めは雑炊かラーメンが選べます。

今回鍋に投入したのは、普通にスーパーで売っている乾麺!

これが変に気取ってなくていいんですよね~。

お店の方に聞くと、

普通の鶏の出汁と比べるとスープの旨みは段違いだそうで、

乾麺にしっかりと味がまとわりついていて、本当に美味しかったです。

 

10nangoku.jpg

再び「高知おもてなしアナウンサー・吉岡」の登場です。

彼女が焼いているのは、シャモのいろんな部位のお肉です。

シンプルに鉄板で焼いていくだけ。

シャモ肉を純粋に味わって欲しいと、

最近メニュー化された「シャモ焼きヤキ」。

味付けは塩のみで、ストレートにシャモ肉の旨みが味わえるお勧めの一品です。

 

11nangoku.jpg

吉岡アナの食レポはどうかな~? 表情で語るね~(笑)。

「おいしい~!」って言いたいんだよね(笑)

坂本龍馬を愛してやまない南国市は、

何度もおいしい笑顔で満たしてくれる町でした!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:09:30 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS