2019年05月07日 (火)

千葉県 館山市


 

tateyama1.jpg

令和元年! おめでとうございます!!!

新しい時代ですね~。昭和、平成、令和と、のど自慢は放送開始から74年目に突入。

これからも、みなさんの歌声を全国各地から届けてまいりま~す!

令和最初の開催地は、千葉県、房総半島の南、

人口4万6000の気候が温暖な太平洋に面した館山市です。

 

2tateyama.jpg

館山市は「花のまち」なんですよ~。

地元のレジャー施設には100万本のポピーが咲き誇っていました。

まるでポピーの絨毯!

なんと12月から5月の連休中までポピーが楽しめるとあって、

冬場に訪れる観光客が多いのも館山の特徴です。

市では、バイパス沿いに花を植えたり、ガーデニング教室を開いたりして、

年中花が楽しめる「花のまち」作りを進めているんです。

 

3tateyama.jpg

花が咲き誇るそばでは、養蜂家のみなさんが巣箱をおいて蜜を集めているそうで、

お土産屋さんには蜂蜜がい~っぱい!

「花のまち」ならではの副産物ですよね~。

 

4tateyama.jpg

これからの季節は観賞用のヒマワリの収穫が始まるそうです。

館山市には花き栽培を行う農家が250軒もあり、花の栽培が盛んなんです。

そもそもは大正時代に、ある船員が花の種を持ち込んだのが始まりだそうで、

温暖な気候に合っていたんでしょうね~。

栽培技術が受け継がれ、令和の時代もしっかり花開いています。

 

5tateyama.jpg

館山には、明治から伝わる伝統工芸品もあるんですよ。

それは、1本の細い竹から作られます。

地元に自生する「女竹(めだけ)」と呼ばれる繊維質がしっかりした竹です。

ナイフで縦に切れ目を入れて~、

 

6tateyama.jpg

手作業で割きながら、40~50本まで割いていきます。

 

7tateyama.jpg

割いた竹を平らにならして、柄と骨を一本の竹から作り上げる、

これが「房州うちわ」です。

「京うちわ」「丸亀うちわ」と並んで日本三大うちわの一つと言われています。

 

8tateyama.jpg

手作業の様子を見せて頂いたのが、伝統工芸士の太田美津江さんです。

「どうしてなんでしょうね~、なんだか継いでしまったのよね~」

とおっしゃっていた太田さんは3代目だそうです(笑)。

この地でのうちわ作りは、もともと漁師さんの奥さんの手内職だったそうです。

大正12年に関東大震災が起こり、被災した日本橋のうちわ問屋が、

竹の産地だった館山に移住したことをきっかけに、

本格的な生産が始まったと伝えられています。

 

9tateyama.jpg

太田さんにわざわざ番組のために作っていたただいた「房州うちわ」の数々。

今回のゲストだった橋幸夫さん、島津亜矢さんと一緒に、番組冒頭でご紹介しました。

一本の竹でできているので頑丈で、かつしなりが良くていい風を送れるんですよ~。

令和になっても、「房州うちわ」で風を仰ぐ風景が残るといいですね~。

 

10tateyama.jpg

太平洋の黒潮の流れがぶつかる館山市はもちろん漁業も盛ん。

市街地にはたくさんのお寿司屋さんが軒を連ねていて、

「房州鮨」と呼ばれるしゃりの大きなお寿司も自慢なんですよ。

最近は「館山炙り海鮮丼」なるものを開発して新たなご当地グルメをPRしていました。

お魚を串に刺して、自分で火で炙りながら食べるんです。

もちろんお刺身として食べられるほど新鮮なんですが、

一手間加える楽しさを提供しているところがにくいですよね~(笑)。

これからの季節、

「房州うちわ」を仰ぎながら「花」を愛でて「房州鮨」をほおばる、

そんな「館山のたび」はいかがでしょう!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:14 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS