2018年10月23日 (火)

香川県 高松市


 

1taka.jpg

透き通ったいりこ出汁に艶と張りのあるかけうどん!

今回は讃岐うどんがソウルフードの

香川県高松市から「たび自慢」で~す!

 

2taka.jpg

穏やかな瀬戸内海がきれいでしょう~!

 四国の玄関口として栄えてきた人口42万の高松市。

この日は秋晴れで最高の取材日より!

向かって右の女性が、取材に同行していただいた

高松市役所の一原玄子(いちはら はるこ)さん。

一原さんは創造都市推進局に所属していて、

高松のことなら何でもござれの頼りになる方でした~。

左は今回の演出担当、NHK高松局の齊藤ディレクター。

入局3年目を迎えてすっかり高松に馴染んでいる感じです。

 

3taka.jpg

まずは二人にうどんの食べ方を指南してもらいました~。

香川県にはなんと600以上もの讃岐うどん屋さんがあるそうです。

そのうち400以上のお店が高松市に集中していることから、

歩けばすぐに「うどん」の文字の暖簾やのぼりが目に入ってくるんです。

私たちがまず入ったのはセルフ方式が売りのお店。

齊藤ディレクターがお手本を披露してくれました。

既に茹であがったうどんをお好みで温めることができるんです。

自分で湯切りできるのも楽しいですよね~。

 

4taka.jpg

讃岐うどんには「かまあげ」や「かまたま」、「ぶっかけ」と

様々な食べ方がありますが、地元の皆さんの定番は「かけ」なんですって。

「かけ」というのは、煮干しのいりこで出汁をとった汁を入れて食べる方法で、

蛇口をひねるといりこ出汁が出てくるんですよ~。

なんだかうどんのテーマパーク状態! 楽しい~~~!

 

5taka.jpg

薬味もいろんな種類があるんですよ。

ネギ、天かす、ショウガ、七味と、

本当に自分好みのうどんを作れるんですね~。

 

6taka.jpg

さらに、ほとんどのお店で、

豊富な種類の揚げ物や天ぷらが用意されています。

こちらのお店はコロッケと高野豆腐の天ぷらが自慢だそうで、

それぞれのお店で自慢のネタがあるんですって。

私、高野豆腐の天ぷらをいただいたんですが、

本当に本当においしかったです!

それにしても値段の安さに驚愕しますよね~!

サイドメニューには、

天ぷらだけでなくおでんやおにぎりも並んでいるので、

ついつい食べ過ぎちゃいます(笑)。

 

7taka.jpg

実はこの日、讃岐うどんのハシゴに挑戦!

二件目の讃岐うどんはこちら、

「しっぽくうどん」です。

お肉や根菜類を具にしたうどんで、

これから寒くなると各店舗でメニューに加わるんですって。

昔はお婆ちゃんの手打ちうどんがどの家庭でも食べられていたそうで、

この「しっぽく」うどんはそんな家庭の味の代表格。

香川県の郷土料理として今も人気のメニューなんだそうです。

 

8taka.jpg

信じられないことに、

「カレーうどん」まで食べちゃいました(笑)。

もちろんうどんにドロ~っとしたカレーがかかってるんですが、

湯飲み茶碗一杯分の出し汁がサービスでついてきて、

出し汁を加えながら好みのカレースープを作れるんです。

讃岐うどんを楽しむ術がこんなにもあるんですから、

はしごしたくなる気持ちがわかるでしょう~。

どんな食べ方にしろ、

讃岐うどんの人気はこのエッジの効いたコシの強さがあればこそ!

讃岐うどん、バンザ~~~~イ!!!

うどんばっかり食べて!と怒らないでくださいね(笑)。

 

9taka.jpg

もう一つご紹介しましょう。

高松市の人気の名勝として年間70万人以上の観光客を

魅了しているのが「栗林(りつりん)公園」です。

400年近い歴史のある庭園で、

東京ドーム3.5個分の広さを誇ります。

6つの池や13の築山、手入れの行き届いた1000本もの松が、

様々な景色を生み出し飽きさせません。

本当に広い庭園で、

ゆっくり散策しながら風景を楽しんだらお腹が空きますよ~。

そんなあなたには、瀬戸内のおいしい海の幸と讃岐うどんが待っています!

存分にうどん県の高松市を味わい尽くしてくださいね。

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:20:39 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS