2018年09月18日 (火)

宮崎県 西都市


 

1saito.jpg

暗いところが苦手の私・・・

アラフィフ男性の情けない表情ですいません(笑)。

いったいどこを探検しようとしているのか、それはまた後ほど!

 

2saito.jpg

今回お邪魔したのは、人口2万9000の町

宮﨑牛の生産が盛んな宮崎県西都市で~す。

顔をうずめたくなるような宮﨑牛のカルビの絨毯!

和牛の品評会では何度も最高の賞を受賞するほどの肉質は文句なし!

脂の刺し具合が食欲をそそりますよね~。

 

3saito.jpg

とは言え、

アラフィフの私としては若いスタッフに混じって

ちょっと味見できればいいかな~と思いきや

全く胃もたれしないんでびっくり!

久しぶりにガッツリお肉を食べさせて頂きました。

地元の特産品は、やっぱり地元で食べるのが一番ですね~!

 

4saito.jpg

さて、西都市は宮崎県のほぼ中央の内陸にある町で

緑の芝生に覆われたきれいな景色が広がっていました。

よ~く見るとポコポコと小さな丘が所々にありますよね~。

実はこれ、全て古墳!

西都市には「西都原(さいとばる)古墳群」があり

東西2.6キロ、南北4.2キロのエリアに

なんと300基以上もの古墳が確認されているんです。

古墳群のボランティアガイドを11年務める竹之下祐子さんが

古墳の説明をしてくれました。

 

5saito.jpg

竹之下さんの後ろに見えるのが

6世紀後半に築造されたとみられる「鬼の窟(おにのいわや)古墳」。

真横から見るとUFOのような形をした、直径27メートルの円墳です。

 

6saito.jpg

近寄ってみると、お堀のようにくぼんでいて

中央に小高い山が築かれていました。

この山の中に、私が怖がっていた石室が作られているんです。

「鬼の窟」とは、姫に恋をした鬼が一晩のうちに石室を作った

という伝説から名付けられたそうです。

 

7saito.jpg

その石室がこちら!

全長は12メートル以上、高さが2メートル以上。

南九州で見つかっている横穴式石室の中でも最大級だそうで

朝10時から門が開き見学できるんです。

竹之下さんは、まるでバレリーナのように身振り手振りを交えて

説明してくれました!

 

8saito.jpg

「鬼の窟古墳」の周りを眺めるとこの景色です!

10月末には一面コスモスが咲き誇るんですって。

コスモスの苗の先には桜の木があり

春には菜の花と桜が、夏にはヒマワリが花を開き

観光客の目を楽しませてくれます。

四季折々の花と共に、古代ロマンの香りに身を包んでみてはいかがでしょう。

 

9saito.jpg

もう一つ忘れちゃいけないのが西都市の「完熟マンゴー」です。

マンゴーの実が落果するまで自然に完熟させる方法で栽培され

特に高級なものは糖度が15度以上にもなるそうです。

8月の収穫は過ぎてしまいましたが

マンゴーの味覚を一年通じて味わってもらおうと

開発されたマンゴーゼリーやマンゴープリンも

地元の特産品としてはずせません!

 

10saito.jpg

地元宮﨑放送局の荒川ディレクターも

マンゴーの香り豊かなゼリーをほおばり

のど自慢の演出に備えていました!

 

それでは西都市ののど自慢をご紹介しましょう。

今回のトップバターは

ダ・カーポの「野に咲く花のように」を歌った

結婚30周年のご夫婦でした。

お見合いで結ばれたというお二人

緊張の初デートでは突然カラスが舞い降り

奥さんは「ギャーッ!」と叫んで逃げ出す始末。

でもその結果二人の距離が縮まったそうで

その初デートの場所が

コスモスの花が咲く10月の「西都原古墳群」だったんですって!

西都市での素敵な思い出と共にハーモニーを披露してくれました~。

 

結婚50周年を迎えた74歳の男性もいらっしゃいました。

結婚して夫婦で始めた畜産農家も50年という

節目の年にのど自慢に挑戦。

育てた子牛を送り出す気持ちを

三橋美智也さんの「達者でナ」に乗せて歌いました。

大切に育てた子牛と、これからも達者で牛を育てていきたいと

奥さんへの気持ちも込めて歌いました。

 

もんた&ブラザーズの「ダンシング・オール・ナイト」を歌った

青果店を営む57歳の男性は、1歳のお孫さんの顔写真を

プリントしたTシャツを着て登場。

この歌を子守唄に歌ったら、目をぱっちり開けてしまって

失敗だったと反省しきり(笑)。

でも、会場に連れてこられたお孫さんを見て

しわくちゃの笑顔で手を振っていました。

 

8歳の娘の母でもある34歳の主婦は

海蔵亮太さんの「愛のカタチ」を歌って

農業を続けるご両親への感謝の気持ち届けました。

「あんたキャベツ作ってみらんね」というお母さんの言葉を

きっかけに農業を始めたそう。

小さな種が土を被ると芽を出す自然の力強さに感動したそうです。

今では西都市の農産物を扱う産直グループの会長さんになって

地元の農業の担い手になっています。

 

今回7組の合格者が誕生したハイレベルの回で

チャンピオンに輝いたのは

小田和正さんの「たしかなこと」を歌った54歳の男性でした。

実は10年ほど前に、トラックと正面衝突という大事故に

見舞われ大けがを負ったのですが、家族の支えもあって乗り越えられたそうです。

現在は焼酎の原料のサツマイモを作る農家として頑張っていて

50代とは思えない透き通るような高音は

会場に感動を呼びました。

 

出場者の皆さんからは、歌声だけでなく

それぞれの人生における素敵なエピソードを披露して頂きました。

宮崎県、西都市の皆さん、ありがとうございました~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:19:06 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS