2018年09月05日 (水)

山梨県 甲州市


 

1koushu.jpg

大きな張りのある実をつけたブドウが収穫真っ盛りでした~!

今回の「たび自慢」はブドウの産地

山梨県甲州市です!

 

2koushu.jpg

甲府盆地にある甲州市は一面が果物畑。

山梨県の北東部に位置した人口およそ3万の甲州市は

1700戸以上もの農家でブドウが栽培されているんですよ。

本格的に栽培が始まったのは江戸時代から。

サクランボやモモの栽培も盛んで、甲州市はまさに果物王国!

 

3koshu.jpg

取材させて頂いたのは、

ブドウ農家として3代目の雨宮正明さんのブドウ畑です。

演出担当のNHK甲府局・木村ディレクターと一緒に

笑顔が輝いてますね~。

それもそのはず、今収穫を迎えているのが

高級品種シャインマスカットだから!

 

4koshu.jpg

1キロ2000円の値をつけるというこのブドウは

種がなくて皮ごと食べられて、糖度は20度で甘いんです!

様々なブドウの品種の中でも最近特に人気が高いのだそう。

盆地特有の寒暖差に恵まれ、水はけのいい甲州市の土地柄が

大粒のブドウを育てるんですね~。

 

5koshu.jpg

うって変わって立ち飲みバー?と思われるような雰囲気です。

樽を囲んで賑わっていますね~!。

こちらは市が運営する「勝沼ぶどうの丘」。

 

6koshu.jpg

ご覧ください、樽の上にはたくさんのワイン!

甲州市は国内屈指のワインの町。

市内にあるワイナリーの数は40近くもあり、

なんと180種類もの地元産ワインが

試飲できる素敵な場所なんです(笑)。

地元のワイナリーで醸造された

赤や白、ロゼ、発泡系とありとあらゆるワインが

飲めるとあって大人気の施設なんですよ~。

そもそも甲州市でのワイン醸造は

明治時代、二人の青年がフランスの醸造技術を

持ち帰ったのが始まりだそうです。

日本固有のブドウ「甲州種」で作る甲州ワインは

日本料理に合ったワインとして

今や世界的にも認められています。

 

7koshu.jpg

「勝沼ぶどうの丘」では、

1100円を払えば試飲用の銀の器で自由に試飲できるので

甲州ワインをぜひ味わってください!

 

 8koshu.jpg

山梨県と言えば、甲斐の国を治めていた戦国武将の武田信玄!

こちらの像は、信玄が生前自分に似せて作らせたという「不動明王像」です。

甲州市には、信玄が眠る菩提寺の恵林寺(えりんじ)があり

この「不動明王像」を拝むことができます。

圧倒されるような勇ましい表情を見に

多くの観光客が訪れるそうですよ。

ぶどうにワインに武田信玄と

甲州市は見どころがたくさん!

 

 9koshu.jpg

もう一つご紹介したいのが、山梨県の郷土料理「ほうとう」です。

「ほうとう」は、小麦粉で練った太い麺と

カボチャなどの野菜がふんだんに入った、味噌で煮込んだ鍋料理。

実は冷たいバージョンがあることを初めて知りました。

いわゆる「冷やしほうとう」なるものがあるんです。

その名も「おざら」。

小麦粉の麺は冷たく、具材豊富な漬け汁は熱々の醤油ベースで

食べ応え十分!

きっと、甲州ワインにも合いますよ~!

 

それでは、甲州市からののど自慢をご紹介しましょう。

今週は、甲州市を自慢する地元大好き人間が集まった回になりましたね~。

 

加山雄三とザ・ヤンチャーズの「座・ロンリーハーツ親父バンド」を

歌った43歳の男性は、去年千葉県から移住したばかり。

自然に囲まれたのどかな暮らしに憧れ

夫婦で甲州市にやってきたそうです。

近所の農家さんと親しくなるにつれて果樹栽培に興味を持ち

今では夫婦で農業大学校に通っているんですって。

果物農家を目指して勉強中の彼は

モモを右手に持ちながら本当に幸せそうに歌っていました。

 

東京から甲州市に移住して20年という70歳の主婦もいました。

頭に武田信玄の家紋「武田菱」の鉢巻きをしながら

米倉ますみさんの「女城主笹百合の花」を勇壮に歌いました。

甲州市は「水よし、空気よし、果物よし、近所よし」と

彼女にとってはいいことづくしで

趣味の山登りもできるとあって「こんなに暮らしやすいところはない!」と

甲州市を自慢しまくりでした(笑)。

 

ベトナムから甲州市にやってきた25歳の女性も出場したんですよ~。

大学時代に日本を大好きになって2年前に来日し

現在甲州市で介護の仕事をしています。

真っ白なベトナムの民族衣装「アオザイ」を着て

手嶌葵さんの「さよならの夏~コクリコ坂から~」を歌いました。

彼女の甲州自慢は「夜景」なんです!

高台から眺める、盆地特有の甲州市の夜景が素敵なんですって!

 

それにしても出場者から甲州市の自慢がザックザクでてくるのには驚きました。

生まれも育ちも甲州市の76歳の男性は、小松英典さんの「花のまち」を歌い

春先に一面咲き誇る桃の花の素晴らしい景色を教えてくれました。

自分の暮らす町を自慢できるなんて、こんなに素敵なことはないですよね~。

今回4組の合格者が誕生しましたが

20番目に絢香さんの「みんな空の下」を歌った17歳の女子高生が

チャンピオンに輝きました。

まさに、甲州市の空の下で

出場者とお客さんの笑顔が輝き続けたのど自慢になりました。

山梨県・甲州市の皆さん

ありがとうございました~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:12:26 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS