2018年06月13日 (水)

北海道 根室市


 

N1.jpg

茹でると真っ赤に花が咲いたような

「花咲ガニ(はなさきがに)」が特産、

北海道根室市から「たび自慢」で~~す!

 

 

N2.jpg

根室市は北海道の東部、北に根室海峡、

南に太平洋を望む根室半島に位置する、

人口2万6000人の町です。

今回の取材は、

根室半島の一番東にある納沙布岬へ、

と車を走らせました。

するといたるところでコンブの絨毯が!

NHK釧路放送局の廣野ディレクターが、

身をもってその驚きの長さを

表現してくれました(笑)。

廣野さんの体と比較すると長~~~~~い!!!

コンブの長さはなんと10メートル!

 

 

N3.jpg

干されたコンブは、

写真の道具できっちり105センチの長さに

切り分けていくんです。

出荷前のコンブがこちら!

 

 

N4.jpg

保管されている倉庫に入るとコンブの香りいっぱい!

ちょうどコンブ漁が始まったところで、

この時期のコンブは柔らかく、

昆布巻きなどの煮物用に

収穫されたものなんだそうですよ。

 

 

N5.jpg

さ~っ、

納沙布岬を目指してさらに東へ! ・・・と思ったら、

途中真新しい郵便局で一旦停車。

 

 

N6.jpg

廣野ディレクターが笑顔で教えてくれたのは、

「日本最東端」と売りにしている郵便局なんです。

珸瑶瑁(ごようまい)郵便局って、

いや~これは読めなかったですね~(笑)。

廣野ディレクターが指をさしているのが、

珸瑶瑁郵便局の郵便スタンプ。

昆布に納沙布岬と朝日が、

デザインされているんですよ~。

台風の影響で損壊し一時閉鎖していた珸瑶瑁郵便局、

スタンプには新局舎が完成した

平成27年3月30日の日付が記されています。

 

 

N7.jpg

郵便スタンプにも描かれていた納沙布岬の灯台です!

根室の市街地から車で30ほどで到着しました。

こちらも本土最東端の灯台だそうで、

明治5年に北海道で

最初に設置された灯台なんですって。

このあたりはどこへ行っても

最東端になりますね~(笑)。

 

 

N8.jpg

納沙布岬に来た証拠に、

廣野ディレクターと肩組んでパチリ!

「朝日に一番近い町」が

根室市のキャッチコピーにもなっていますが、

この時期は午前3時に朝日が拝めるんですって。

この日は、6月だというのに日中でも気温が10度を下回り、

風も強くて寒い寒い! 根室の海を体感した取材でした~。

 

 

N9.jpg

取材の後は、海の幸いっぱいのお昼ご飯!

お刺身はもちろん、ホタテのバター焼き、

タコの酢の物、

花咲ガニの鉄砲汁と盛りだくさんでしょう~!

そしてメインは焼き魚のサケの「トキシラズ」。

本来サケは秋に日本に遡上しますが、

「トキシラズ」はロシアに遡上する前に、

この時期北海道沖に回遊しているサケで、

産卵する前なので非常に脂ののりがいいいんです。

食べてみて驚愕!

身が非常に柔らかく脂がのりまくっていて、

サケの概念が変わりましたね~。

根室最高~~~~!

 

 

さ~根室市からののど自慢、

やはり漁業にまつわる出場者が多く、

活きのいい歌声が響き渡りました。

 

漁業歴50年という恰幅のいい80歳のおじいさまは、

北島三郎さんの「大漁船」を力一杯歌いました。

サケ・マス漁の船団長として

ロシアの海原で活躍されていたそうで、

「漁師は度胸が勝負なんだ」と、

歌に重ねた思いも語ってくれました。

 

根室市の漁協で46年勤めてきた65歳の男性は、

三山ひろしさんの「お岩木山」を

ハスキーボイスで威勢良く歌いました。

彼は地元の歯舞漁協で働いていて、

豊富な海の幸それぞれを

ブランド化する推進協議会で尽力してきたそうす。

今年を最後に定年退職するということで、

記念の出場となりました。

 

今回特別賞を受賞したのは、

地元の高校1年生二人組でした。

彼女たちのお父さんはタコやコンブ漁をする漁師さん。

漁師の娘としてLittle Glee Monsterの「好きだ。」を

歌って根室を盛り上げました。

はつらつと笑顔で楽しそうに歌う姿に、

お客さんも一緒に乗せられてましたね~。

花咲ガニが大好きなんですって(笑)。

 

生命保険会社の5人組は、

根室市の大漁を願って

天童よしみさんのご当地ソング「北海めおと節」を、

 

根室の高校の先生は全国で活躍する卒業生に向けて

千昌夫さんの「北国の春」を歌い、

 

地元で酪農を営む57歳の男性は、

乳搾りをしながら牛舎で口ずさむスターダスト・レビューの

「夢伝説」で合格の鐘を鳴らしました。

 

根室市の24歳の保育士さんは、

最近寂しさにこらえながら一人暮らしを始めたそうで、

Kiroroの「未来へ」を歌って涙の涙の合格となり、

今週のチャンピオンに輝きました。

今回は、根室の元気の良さがはじけたのど自慢になりましたね~。

 

北海道・根室市のみなさん、ありがとうございました~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:37 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS