2017年07月25日 (火)

神奈川県 南足柄市


minamiashigara1.jpg

重さ12トンもの大きな岩!

無謀にもこの岩を動かそうとしている若者は、演出担当の長井翔太郎ディレクター。

そりゃ無理ですよ。何せあの金太郎が動物と力比べをしたと伝わる岩なんですから(笑)。

この岩、「金太郎の遊び石」って呼ばれてるんですよ。

 

minamiashigara2.jpg 

今回は、昔話でおなじみの金太郎が誕生した地として伝わる、神奈川県南足柄市にお邪魔しました。

南足柄市は小田原からローカル線で北へ20分ほどの所。

4万3000人が暮らす、箱根の山々に囲まれた緑豊かな場所で、

ローカル線の終着駅「大雄山駅」ではクマに乗った金太郎が私たちを迎えてくれます。

 

 minamiashigara3.jpg

金太郎伝説は町のいたるところに残っています。

落差が23メートルあり、毎年1月中旬には滝口に夕日が沈むという「夕日の滝」。

この滝、金太郎の産湯として使われたという言い伝えがあるんです。

さほど水量も多くなく、夏場に滝つぼで遊ぶにはいいですよね~。

地元の子供たちだけでなく、隣町や市外から訪れた家族づれで賑わっていました。

その他に金太郎の生家の跡があったり、8月6日には「足柄金太郎まつり」が開かれたりと、

南足柄市は金太郎が大好きな町なんです。

 

 minamiashigara4.jpg

続いて訪れたのは、曹洞宗のお寺「大雄山最乗寺(だいゆうざんさいじょうじ)」。

1394年に開山されたお寺で、曹洞宗のお寺の中でも三番目に広い敷地を持っています。

存分に森林浴ができるほど大きな杉の木が多く、

さらに御真殿に続く階段の見事なこと!・・・さてさて、上りますか!

この笑顔がいつまで続くやら(笑)。

 

 minamiashigara5.jpg

階段を上りきると、御真殿のそばには大きな高下駄が。

さらに周りにはたくさんの下駄も供えてありました。

下駄は左右一対で役割を果たすので、夫婦円満を願って下駄を奉納するんですって。

下駄が夫婦円満の象徴だなんて面白いですね~。

でも、なぜ下駄なんでしょうか?

 

 minamiashigara6.jpg

その秘密は、さらにこの階段の上に! ・・・

取材なんでね~、そりゃ上るんですけどね~、ちょっと階段多いっす!(笑)。

 

 minamiashigara7.jpg

汗だくになりながら、やっとお目にかかりました!こちらが高下駄の主、天狗様~~~!

実はこのお寺には、天狗伝説が残っているんです。

このお寺を開山した了庵慧明禅師(りょうあんえみょうぜんじ)の弟子である

道了(どうりょう)という人が、天狗の姿になって近江から飛んできてお寺の建設を手伝い、

師匠が亡くなると天狗に成り変わってお寺を守ってきたという言い伝えがあるんです。

とてつもなく強そうな姿に圧倒されてしまいます。

金太郎伝説に天狗伝説と、南足柄市は言い伝えを守り抜く愛情深い町なんですね~。

 

 minamiashigara8.jpg

・・・もうここまでくるとお手上げ。あっけにとられて寄り目です(笑)。

さらに「奥の院」がこの階段の上にあるんですが、

「奥の院」にたどり着くまでには、全部で354段の階段を上ることになるんだそうです。

取材時間にも制限があるので、今日はこのあたりで終わらしときますか!

皆さんは、ぜひ挑戦してくださいね(笑)。

 

それでは、南足柄市ののど自慢をご紹介しましょう。

今回は、私たちの人生にはやっぱり歌が必要なんだな~と感じさせてくれる回になりました。

トップバッターでいきなり合格の鐘を鳴らしたのは、

中森明菜さんの「DESIRE-情熱」を歌った26歳の歯科助手さん。

彼女は2年前に交通事故に会い右半身不随になってしまいますが、

今では軽快にステップを踏みながら歌えるほどに事故の後遺症を克服しました。

その支えとなったのが中森明菜さんの歌で、

「DESIRE-情熱」を聞くともうひと踏ん張りと力が湧いて、

辛いリハビリを乗り越えられたんですって。

彼女はお裁縫が得意で、自作の衣装でステージに立ち、見事鐘を3つ鳴らしました!

美空ひばりさんの「川の流れのように」を歌った52歳の盲目の女性も、歌に励まされた一人です。

17年前に目の重い病気にかかり光を失うことになります。

手術をするため入院しますが、4人部屋の病室では、患者さんたちと一緒に

「川の流れのように」を聞いたりみんなで歌ったりしながら励ましあったそうです。

前を見据えながら歌うその姿は堂々としていて、聞いているこちらに力を与えてくれるような歌声でした。

今ではご主人と趣味で社交ダンスを楽しんでるんですって。

南足柄市の観光ボランティアガイドをする84歳の男性は、

ゲストの八代亜紀さんの「なみだ恋」を歌いました。

この曲がヒットしていた当時、新宿で営業本部長の役職に就いていて、

接待の時には欠かせない曲だったそうです。

サラリーマン時代に何度この曲に助けられたことかと、

当時を思い出しながら八代亜紀さんに感謝しきりでした。

また、歌を通じて大切な人へ思いを注ぐ出場者もたくさんいらっしゃいました。

結婚30年のご夫婦は、東京で一人暮らしをしながら勉強にいそしむ大学生の娘さんに、

ゲストの橋幸夫さんの「いつでも夢を」を歌い、曲名の通りの思いを届けました。

中学3年生の14歳の女の子は、お母さんがいつも口ずさんでいる

小柳ルミ子さんの「お久しぶりね」を自然に覚えてしまったそうで、

普段ケンカしがちなお母さんに向けて、この歌を歌って感謝の気持ちを伝えました。

そして飲食店で働く24歳の男性は、結婚2年目の奥さんと1歳の娘さんに、

つるの剛士さんがカバーする「愛し君へ」を歌いました。

ゆくゆく成長していく娘さんにとっては、この歌がお父さんの歌として心に刻まれていくんでしょうね~。

彼の家族への思いを込めた歌声は合格の鐘を鳴らし、さらにはチャンピオンに輝くことになります。

まさに「歌で思いを届ける」熱唱の連続で、歌の力を感じさせてくれるのど自慢となりました。

神奈川県・南足柄市の皆さん、思いに溢れた歌声の数々をありがとうございました~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:50 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS