2017年07月11日 (火)

鹿児島県 南九州市


minamikyushu1.JPG

深みのある緑色! この緑茶、ふくよかで甘みが強く、飲みがいのあるお茶なんですよ~。

お茶飲んでるな~!って感じるほど、こくがあるんです。

 

 minamikyushu2.JPG

今回お邪魔したのは、鹿児島県の薩摩半島に位置する、人口3万6千の南九州市。

10年前に、川辺(かわなべ)、知覧(ちらん)、頴娃(えい)の3つの町が合併してできた市です。

もともと、3町ともにお茶の栽培が盛んで、南九州市になったことで、

お茶の生産量・栽培面積が市町村単位で全国一になりました。

これからの時期は三番茶の刈り取りが始まるそうですが、

気候が暖かいので年に5回茶葉を摘むことができるんですって!

 

minamikyushu3.JPG

合併後は、3つの町の名前のお茶が混在していましたが、

今年4月に「知覧茶」の名前でブランドを統一したそうです。

薩摩富士(開聞岳)と茶葉をモチーフにしたマークもつくり、

町を挙げて知名度アップに力を入れています。

 

minamikyushu4.JPG 

今回、市の茶業課の瀬川芳幸さんに「知覧茶」についてお話を伺いましたが、

瀬川さんのスマートフォンの待ち受け画面には南九州市のキャラクターが!

このキャラクター、「お茶」と「さむらい」をひっかけたネーミングで、

「お茶むらい」って言うんですって(笑)。ちょんまげがお茶の葉っぱなんですよ~。

「茶いっぺ」は「お茶一杯どうぞ」の方言だそうで、ついついほくそ笑んでしまうほどカワイイ!

 

minamikyushu5.JPG

南九州市ではとにかく様々な品種の茶葉を栽培していて、

地元の道の駅に行くと陳列されているお茶の種類の豊富さに驚きました。

今、海外でも健康志向から日本茶が人気だそうで、

アメリカでは抹茶を使ったスムージーがよく飲まれてるんですって。

このチャンスを逃すまいと、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジアへの抹茶の出荷も始めているそうです。

南九州市の「知覧茶」に対する力の入れようはハンパないっす!

 

minamikyushu6.JPG

さ~取材の後のお昼ご飯です! 南九州市はお茶だけでなく、畜産も盛んなんです。

いただいたのは「かわなべ牛」。

全国的にはあまり知られていませんが、この「かわなべ牛」もハンパないっす! (笑)。

いや~皆さん、ここだけの話、隠れた名産ですよ。

肉のお味がしっかりしていて脂が程よくからまってくれるんです。

地元なのでお安く食べることができて、嬉しい嬉しい昼食になりました!

さて、今回鹿児島県に入る前に、九州北部が激しい豪雨に見舞われ、大変な被害をもたらしました。

ニュースを見るたび心おだやかではいられませんでしたが、

今回の出場者の皆さんの底抜けに明るい歌声を通じて、

何とか元気をお届けできていたら幸いです。

 

南九州市では本当に笑顔にしてくれる出場者の方々ばかりでした。

何と、「西郷隆盛」さんが登場したんです!(笑)。

眉毛を太~く書いて、すねが出るくらいの短めの着物を着て、

わざわざ購入したという人形のワンちゃんを連れて登場。

背丈も大きい方だったので、銅像の西郷さんがホントに動き出したようで、

しかも尾崎豊さんの「I Love You」を歌うもんだから会場は沸きに沸きました(笑)。

この方、普段は福祉施設の送迎バスの運転をされている71歳で、

近所の奥さんから「似てるんだから西郷さんで出たら」と勧められ、その気になったんですって。

西郷隆盛さんは、ご本人にとって鹿児島一の英雄だそうで、

西郷さんへの愛情を込めて「I Love You」を歌いました。

さらに今回ののど自慢、珍しい出来事が起こりました。特別賞が二組に送られたんです!

受賞したのは、67歳のおじいちゃんとそのお孫さんの女子中学生という二人組、

そして87歳と85歳の結婚64年というおしどりご夫婦です。

おじいちゃんとお孫さんが歌ったのは、大泉逸郎さんの「孫」。でも鐘は1つ!

お孫さんはしっかり歌えてるのに、おじいちゃんは力が入り過ぎて音程を外しまくり(笑)。

いつかお孫さんとのど自慢に出場したいと、何年も前から待ち望んだ念願の出場だったんです。

「おじいちゃんと出られて嬉しかった」と話すお孫さんの言葉に、

歌の通り、おじいちゃんはえびす顔でした(笑)。

結婚64年のご夫婦は、30年前に購入した大島紬を着て、

ご主人が大好きな北島三郎さんの「山」を朗々と歌いあげました。

お二人の馴れ初めを伺うと、奥様がいきなり鹿児島弁で喋り出し、全く理解できませんでした(笑)。

体が丈夫だったので見初めらたと教えていただき、

結婚生活が64年も続く理由がよくわかりましたね~(笑)。

そして、今週のチャンピオンに輝いたのは、

こちらは今年3月に結婚式を挙げたばかりの新婚さんでした。

看護助手の仕事をする25歳の彼女は、愛するご主人に向けて絢香さんの

「LA・LA・LA・LOVE  SONG 」を歌っての鐘3つでした。

今回7組の合格者が誕生し、鐘がたくさん鳴り響く、ステージも会場も大賑わいの回になりました。

鹿児島県・南九州市の皆さん、元気の源をいただきました。ありがとうございました~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:27 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー


RSS