2017年05月16日 (火)

新潟県 柏崎市


 kashiwazaki1.JPG

見てください! 筋骨隆々のたくましい体!

こんな顔ハメ看板があるんですよ~(笑)。

はめ込んだ顔の主は、今回の演出担当、新潟放送局の安ディレクターで~す。

写真に合わせて計算された目線・・・、さすがディレクター!

実はこの「水球」が盛んなのが、「たび自慢」でご紹介する新潟県柏崎市なんです。

 

 kashiwazaki2.JPG

柏崎市は日本海に面した人口8万6000の町です。

江戸時代には北前船の寄港地として栄えた場所で、写真の柏崎港では今も旬の魚が水揚げされています。

 

 kashiwazaki3.JPG

さて、「水球」に話を戻しますが、皆さん「水球」知ってますよね~。

地元の方は「ハンドボール」の水中版と説明してくれました。

簡単すぎる説明で申し訳ないのですが(笑)、

プールで泳ぎながらボールをパスでつないでゴールするスポーツです!

去年のリオオリンピックでは、柏崎市から何と4人の水球選手が出場し大盛り上がりだったそうですよ~。

国体をきっかけに水球が盛んになり、今では小学生から社会人まで各年代でチームが結成されている、

まさに「水球」の町なんですよ。

 

 kashiwazaki4.JPG

プールサイドで初めて間近で見学しましたが、このスポーツ半端ないっす!

ず~と立ち泳ぎしてるんですよ。

しっかり長時間浮いていられるかが大事なんだそうで、あのシンクロナイズドスイミングと同じように、

水中で足を常に動かしながら体を浮かしているんです。

 

 kashiwazaki5.JPG

さらに驚いたのが「つぶし合い」です。

マッチアップする時は、相手を水中に押しつぶすように沈めちゃうんです。

こうしてパスを受けたり奪ったりしながら競い合うスポーツなんですって。

まさに水中の格闘技! そりゃ顔ハメ看板のような肉体になりますよね~(笑)。

東京オリンピックではぜひ活躍してほしいです。柏崎の水球選手の皆さん、応援していま~す!

 

 kashiwazaki6.JPG

続いては柏崎の地元グルメをご紹介。

どんぶりいっぱいに乗せられているのは、「真鯛」です!

下の方に「真鯛の切り身」、上の方に「真鯛のなめろう」、真ん中に「真鯛の香味揚げ」。

のりや三つ葉にイクラで色づけされて、ま~おいしそうだこと。

 

 kashiwazaki7.JPG

実はこれ、だし汁をかけて食べるお茶漬けなんです。名付けて「柏崎鯛茶漬け」。 

柏崎市は、10年前に新潟県中越沖地震で大きな被害を受けました。

地震から何とか町を盛り返そうと、地元特産の「鯛」を使って考えた名物グルメがこのお茶漬けなんです。

現在、市内30店舗で食べられます。

柏崎は鯛の水揚げが県内有数で、4~5月がちょうど旬なんだそうです。

こんなにも口いっぱいに旬の鯛をほおばったのは初めてでした(笑)。

食べるだけでおめでたい気分になりますよ~。


さ~それでは柏崎ののど自慢をご報告しましょう。

放送の5月14日はちょうど「母の日」だったので、お母さんへの愛情たっぷりな歌声が多かったですね~。

介護の仕事をする28歳の男性は、「母の日」に歌のプレゼントをしたくて出場しました。

歌ったのは、何と水木一郎さんが歌う「マジンガーZ」の主題歌(笑)。

お母さんが大好きなアニメなんですって!

お母さんの影響で本人も大ファンになり、水木さんを神様のように崇めていました(笑)。

パンチ力のある歌声は、きっとお母さん大喜びだったのでは?

32歳の看護師さんも、故郷山形のお母さんに向けて、Kiroroの「未来へ」を歌いました。

彼女は看護師となった1年目に中越沖地震に逢いました。

病院ではなく体育館で怪我人の看護にあたり、

なりたての看護師さんとしては過酷だった当時の様子を話してくれました。

あれから10年、今では二人の子供を授かり、お母さんへの感謝の気持ちがより一層深くなったそうです。

欧陽菲菲さんの「ラヴ・イズ・オーヴァー」を歌った高校2年生の女の子は、

5歳の頃に亡くしたお母さんを思いながら歌いました。

この曲はお母さんが大好きだった歌だそうで、お母さんが好んで聴いていた歌を聴くと、

優しかったお母さんを感じるんだそうです。

幼いころに「のど自慢に出場する」と約束したそうで、お母さんとの約束を果たしましたね~。

将来は保育士さんになりたいと笑顔で語ってくれた彼女は、しっかりと未来を見据えていました。

今回は故郷を離れて暮らす出場者が多かったのも特徴的でした。

春から柏崎を離れて東京の大学へ通う18歳の女子大生、

妊娠中の奥さんを残して東京に単身赴任するサラリーマン、

福島県が故郷で柏崎に暮らして11年目のご夫婦、

新潟の雪が大好きになり東京から新潟に移住した31歳の女性もいました。

故郷へ、家族へ、母へと、

大切な人に向けて歌う出場者の皆さんの歌声が響き渡るのど自慢になりました。

 

新潟県・柏崎市の皆さん、ありがとうございました~。

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:27 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS