2017年02月23日 (木)

京都府 宇治市


uji1.JPG

このきらびやかな伝統的建造物が、 10円玉にもデザインされている、世界遺産「平等院鳳凰堂」!

平安時代の1053年、関白藤原頼通によって、浄土の宮殿をイメージして建立された建物です。

今回は平安時代の趣が色濃く残る、京都府宇治市から「たび自慢」しましょう。

 

uji2.JPG

宇治といえば、お茶ですよね~。私が取材先でいただいたのはお抹茶です。

抹茶というと結構な苦味のあるイメージだったんですが、飲んでびっくり!

あまりにもまろやかな風味で、抹茶のクリームを飲んでいるようでした。

もちろん苦味はありますが、それは深みのある旨味とともに味わえる、品のある苦味なんですよね~。

 

uji3.JPG

私が飲んだ抹茶は、この畑で栽培されたお茶でした。

室町時代に3代将軍足利義満が認めたという茶畑を「宇治七名園」というのですが、

現在唯一残っているのがこの「奥ノ山園」なんです。

私が味わった深みは、歴史の奥深さでもあったんですね~。

 

uji4.JPG

さて、風景が変わって、こちらは市内を流れる宇治川にかかる宇治橋。

「古今和歌集」や「源氏物語」にも登場し、

646年に架けられたという言い伝えもあるほど歴史ある橋なんです。

皆さん、こんな遊び歌を覚えてませんか?

「ズイズイズッコロバシゴマミソズイ 茶壺に追われてドッピンシャン 抜けたらドンドコショ」

江戸時代に、将軍が飲むお茶を運ぶための大行列を「お茶壺道中」と言い、

新茶の季節にこの行列が宇治橋を渡る際、沿道で暮らす人たちがあわてふためく様子を歌ったのが、

こうして童謡として残っているんです。

 

uji5.JPG

その宇治橋のたもとには、あの剣豪武蔵も立ち寄ったと伝わる、

創業1160年の「通圓(つうえん)」という茶屋があり、そこで一人の女子大生と出会いました。

地元の京都文教大学の2年生、永岡琴美さんです。永岡さんがボランティアで参加してるのは、

宇治の魅力を発信する大学のプロジェクト「宇治☆茶レンジャー」。

ネーミングもしゃれてますよね~(笑)。

宇治の商店街と連携しながら、スタンプラリーや聞き茶巡りを実施しているそうです。

宇治のお茶文化を通じた学生さんのこうした活動は、本当に応援したくなりますね。

永岡さん、がんばれー!

 

uji6.JPG

さらに宇治のお茶はイタリアとのコラボレーションまでしちゃいます。

宇治の商店街を歩くとなかなかおしゃれなカフェが並んでいました。

言うなれば、現代版のお茶屋さんですね。

もちろん抹茶や宇治茶を楽しめるカフェが多いんですが、最近できたこちらのお店では、

抹茶の原料となる碾茶(てんちゃ)を振りかけたクリームパスタが楽しめます。

お茶の苦味が邪魔になるのでは?と食べてみると、ま~バッチグー!

クリームに深みが出て、もっちもちの手打ちパスタと抜群の相性でした。

こちらのお店、お茶農家の方がもっと宇治茶に親しんでもらいたいと開いたカフェだそうで、

抹茶のエスプレッソや抹茶チョコを挟んだクロワッサンなど、

食べたくなるメニューがたくさんありましたね~。

平安から続く宇治の様々な文化が、

現代の人達によって守られ進化している様子をたくさん見ることができました!


それでは、宇治市からののど自慢の報告です。

今回ゲストに、秦基博さんが初出演。ドラえもんの映画の主題歌「ひまわりの約束」など、

秦さんの歌はのど自慢の予選会でも数多く歌われています。

今週のチャンピオンに輝いたのも、「ひまわりの約束」を歌った金属加工会社で働く33歳の男性でした。

3才の娘さんと一緒に歌っている歌だそうで、

客席から応援する娘さんとのやり取りがほほえましかったですね~。

もう一人のゲスト、瀬川瑛子さんの「命くれない」を、

踊りを交えて歌った元気な86才のおばあ様もいらっしゃいました。

毎年100枚もの年賀状が届くほどお友だちがたくさんいらっしゃるそうで、

大好きな瀬川さんにハグしてもらい大喜びでした。

特別賞に輝いたのは、トップバッターでSuperflyの「愛をこめて花束を」を歌った27才の女性。

結婚の約束をしている彼氏がなかなかちゃんとしたプロポーズをしてくれないと

やきもきしていたところで、今回のど自慢のステージで逆にプロポーズしたいと応募したそうです。

本番では客席の彼氏に向かって「一生守ります!」と宣言し、彼氏からOKのポーズをもらい拍手喝采!

いや~、こんなに愛されてる彼氏さんがうらやましいですね~(笑)。

さらに、村田英雄さんの「王将」を歌った大学4年生、

いきものがかりの「ラヴとピース!」を歌った16才の女子高生、

テレサ・テンさんの「時の流れに身をまかせ」でハーモニーを響かせた歌仲間4人組と、

皆さん本当に楽しそうに歌うんですよね~。

歌を歌うっていいもんだな~と、あらためて教えてくれたのど自慢になりました。

 

京都・宇治の皆さん、ありがとうございました~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:08 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS