2016年11月14日 (月)

滋賀県 彦根市


 hikone1.JPG

青空のもとに広がるのが日本一大きい湖、琵琶湖です!

きれいですね~。最高の景色ですね~。

今回は、琵琶湖の東側に面した、人口11万の彦根市がのど自慢の会場となりました。

どこからこの景色を眺めているかと言うと~・・・。

 

 hikone2.JPG

彦根城の天守からでした!来年築城410年を迎えるんだそうです。

1600年の関ヶ原の合戦で活躍した井伊直政が彦根の地で初代藩主となり、

直政の息子の代に完成したのが彦根城です。まさに城下町として彦根市は栄えてきました。

幕末時代に大老として活躍した井伊直弼は、この井伊家の出で、

来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、直政の養母になるんです。

来年は井伊家が注目されそうですね~。

 

 hikone3.JPG

天守の梁を見ると、積み重ねてきた年月の流れを感じますよね~。

全国にあったお城は明治時代の廃城令によって取り壊されますが、

明治天皇がこの地を巡幸した際にこの城を保存するように命じたために、

創建当時の姿の天守が現存しているんですって。

彦根城の天守は、国宝に指定されています!

 

 hikone4.JPG

彦根城の取材の終わりに、彦根市の大人気のキャラクター・ひこにゃんと記念撮影。

一緒に写っているのは、今回お話を伺ったボランティアガイドの大橋俊一さん、

そしてのど自慢の演出担当、何と今年入局したばかりの新人・藤森実奈ディレクターです。

本物のひこにゃんとは時間が合わず会えませんでした~(泣)。

基本的にひこにゃんとは彦根城で毎日会えるので、

彦根城のホームページで登場する時間をチェックしてくださいね。

 

 hikone5.JPG

今度は彦根市のあらたなご当地グルメをご紹介しましょう。その名も「ひこね丼」!

地元の近江米と食材をふんだんに使ったどんぶりで、

5年前に地元を盛り上げようと開発されました。

近江牛や赤こんにゃく、琵琶湖の小鮎の佃煮、ビワマス、近江しゃも、近江湯葉と、

地元ならではの様々な食材が、

「ひことろ丼」「ひこねの赤丼」「ひこね赤鬼丼」「ひこ天丼」「ひこねちらし丼」と

こちらも様々な趣向を凝らしたどんぶりとなって、市内11店舗で食べられます。

 

 hikone6.JPG

私が食べたのは「ひこね赤鬼丼」。

赤こんにゃくのカツに、近江牛のすじ肉を使った味噌だれがかかったどんぶりですが、

近江のお米「キヌヒカリ」に、地元の小松菜や青ネギを使っていて

ガッツリなようでヘルシーなんですよ。

どんぶりを通じて、彦根を味わっていただきたいですね~!

 

さて、今回ののど自慢では珍しい方がゲストとして登場しました。

お笑いコンビのオリエンタルラジオ(中田敦彦さん・藤森信吾さん)を中心に作られた

ダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH(レディオ・フィッシュ)」の皆さんがのど自慢初登場。

生放送では今年のヒット曲「PERFECT HUMAN」を歌っていただき、

会場は大盛り上がりでした。

今回特別賞を受賞したのが、果敢にも「PERFECT HUMAN」に挑戦した5人組でした。

この曲はとにかくテンポが激しくて、

ダンスありラップありと真似するには相当練習が必要だと思うんですが、

数時間の練習でのど自慢に挑戦したという恐いもの知らずの5人組でした(笑)。

普段はお年寄りの施設で一緒に介護の仕事をしているそうで、

プロデューサー役の同僚から誘われ巻き込まれてしまったというのがそもそものきっかけ。

本選に出ることになるとは夢にも思わなかったそうで、

たしかにゆる~~いダンスに、あまり滑舌の良くないラップと、

素人感丸出しのパフォーマンスでした(笑)。

でもね、戸惑いながらもなんとか形にしようとする彼らの歌や踊りがグッとくるんですよね~。

テレビで見ている利用者さんのために頑張った彼らは、文句なく特別賞でした!

そしてチャンピオンに輝いたのは、

なんと細川たかしさんの「望郷じょんから」を歌った29才の男性でした。

この曲でチャンピオンになるには相当な歌唱力が必要ですが、その歌声で会場をうならせました。

普段はきゅうりやかぼちゃといった野菜の品種改良の研究をされているそうで、

その優しそうなお顔立ちからは想像も付かない声量でチャンピオンを勝ち取りました。

さらに、68才の男性は、彦根城を重ねて三橋美智也さんの「古城」を歌い、

普段庭の剪定の仕事をする79才のおばあちゃんは大好きな滋賀県の代表的な民謡「淡海節」を披露。

瀬川瑛子さんの「命くれない」を歌った76才のおばあちゃんは、

滋賀県で一番高い伊吹山で50年山小屋を営んでいて、

頂上から眺める琵琶湖の絶景の素晴らしさを教えてくれました。

 

近江情緒にあふれる賑やかなのど自慢になりました。

滋賀・彦根の皆さん、ありがとうございました~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:11:52 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS