2016年09月13日 (火)

鳥取県 三朝町


misasa1.JPG

「鳥取県三朝(みささ)温泉に、ようこそいらしゃいました~!」

と言わんばかりの表情をつくってみたんですが、いまいち表情がフィットしませんでしたね~(苦笑)。

今回の「たび自慢」は、平安時代から続く三朝温泉がある、人口7000の鳥取県三朝町で~す。

一緒に看板に写ってくれたのは、今回ののど自慢の演出を担当したNHK鳥取局の山本ディレクターです。

いつも地元の若手ディレクターにむちゃぶりしちゃうんですよね~(笑)。

 

misasa2.JPG
年間38万人の観光客が訪れる三朝町は、昔から温泉地として栄え湯治客で賑わってきた町です。

地元を流れる三徳川の河原には無料で入れる露天風呂があり、

地元の皆さんが川の流れる音を聞きながらくつろいでいました。

町には25軒の温泉宿があり、地元の皆さんで管理する公衆浴場もたくさんあるんだそうです。

日々の暮らしの中に温泉があるなんて、うらやましいですよね~。

 

misasa3.JPG
温泉街にある足湯に浸かりながら、温泉を飲むこともできますよ~。

三朝温泉は世界屈指のラドン温泉と言われています。

ラドンとは、ラジウムが分解されてできる弱い放射線のことで、

このラドンが体を刺激して新陳代謝を活発にしてくれんだそうです。

私、こわごわと飲んでいますが(笑)、無味無臭です。

三徳川に沿って昔ながらの温泉宿が建ち並んでいて、ノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。

 

misasa4.JPG
三徳川の上流に行くと、三朝町で大変有名な名所があります。

こちらは三佛寺(さんぶつじ)の本堂です。

山岳信仰のお寺で、信仰されているのはこのお寺が建っている三徳山(みとくさん)なんです。

 

misasa5.JPG
三徳山に登るルートの看板です。アップでご覧になりたい方はこの写真をクリックしてみてください。

三徳山は神と仏が宿る山と言われていて、この山自体が修行の場となっています。

三佛寺の本堂から先には様々なお堂が建てられていて、

ガイドがいないと登れないほどかなり険しい山道なんだそうです。

 

misasa6.JPG
最終到達地点にあるのが、国宝に指定されている「投入堂(なげいれどう)」です。

看板に描かれているように断崖絶壁に建てられていて、

どうやってこのような場所に建てられたのかはいまだに謎!

日本一危険な国宝と呼ばれているんですって。

片道40~50分の山道を登り切り、この「投入堂」を目の当たりにすると皆さん感動されるそうで、

年に4万5千人の方がこのお堂を求めてやってくるそうですよ。

今回は時間がなくて登れませんでした。残念(泣)。

 

misasa7.JPG
でも~、せっかくですから名物はちゃんと食べないとね~。

こちらは、三徳山のふもとの食堂で食べられる精進料理の「三徳豆腐」です。

山菜の天ぷらや煮物と一緒にでてきますが、ま~しっかりとした木綿豆腐でした。

甘みのあるお豆腐に、わさびの粕漬けを乗せて食べるんですよ。

わさびの辛みとお豆腐が相性抜群でした!


それではのど自慢の報告です。

今回は三朝町の特色が随所にあらわれた回になりました。

実は三朝町には、隕石の研究をする岡山大学の惑星物質研究所があり、

世界各国から留学生がやってくるんだそうです。

今回、宇宙の起源を勉強するために留学してきた、25才のインド人女性が出場しました。

彼女が歌ったのは、日本のアニメ映画「ゲド戦記」で歌われた手嶌葵さんの「テルーの歌」でした。

もともと日本のアニメや文化が好きだったそうで、

宇宙の研究をする場所としてわざわざ日本を選んだそうです。

しっとりとした歌声とは裏腹に、日本のカツカレーが大好物なんですって。

しかもインドのカレーより美味しいというコメントには会場も驚いていましたよ(笑)。

ブログでもご紹介した三徳山にあるお寺の副住職も登場しました。

三徳山のふもとには、この山を守るお寺が4つあり、

彼はその一つの正善院(しょうぜんいん)というお寺の副住職なんだそうです。

実は5年前にお寺の本堂が火事に見舞われ、

焼けてしまった本堂を何とか復興させようと今まで尽力されたそうです。

3年後には新しい本堂が完成する予定とのことで、本堂再建の様々な支援に対する感謝の思いを、

秦基博さんの「ひまわりの約束」に込めて歌いました。

まだ25才という若さですが、お寺と三徳山を守っていこういう熱意に、

会場から温かい拍手が送られていました。

7年前に神戸から三朝町に移住したご夫婦も登場し、ご主人が「ルイジアナ・ママ」を歌い、

その歌声に合わせて奥さんが軽快なカントリーダンスを踊って会場を沸かせました。

もともと神戸で居酒屋を営んでいたそうですが、

今では毎朝温泉に浸かって夫婦2人でグランドゴルフを楽しんでらっしゃるんですって。

仲むつまじいご夫婦には特別賞が贈られました。

そしてチャンピオンに輝いたのは、高校3年生の女の子。

幼い頃から、2年前に亡くなったお婆ちゃんから踊りや歌を習ってきたそうです。

その歌声と歌いっぷりは本当に見事で、

お婆ちゃんによく歌ってあげていたという島津亜矢さんの「縁(えにし)」を歌い、

涙涙のチャンピオンとなりました。

 

温泉地三朝町からののど自慢は、三朝の魅力たっぷりののど自慢となりました。

みなさん、ありがとうございました~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:28 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

バックナンバー


RSS