2016年04月25日 (月)

北海道 稚内市


wakkanai1.JPG

「うぉーーーーーー!」と実際に叫ぶほどの風の強さと寒さでした。

今回は北海道の北、稚内市で旅自慢しちゃいます!

私がまず訪れたのは、北海道の突端「宗谷岬」です。

4月下旬にさしかかったって言うのに、この時期の日中の平均気温は5度前後で、

吹き付ける海からの風でダウンを来てても長く外に立っていられませんでした~。

札幌からは、日本最北端の駅「稚内駅」まで特急で5時間半。

札幌からやってきたスタッフも寒いと驚いていたほどでしたが、

この寒さで逆に稚内にやってきたんだな~と実感できました。

wakkanai2.JPG

町にはマトリョーシカ人形を描いた観光用のこんな看板もありました。

・・・なんだかこのブログの定番写真になっちゃいましたね~(笑)。

そうなんですよ、サハリンとは海を挟んで43キロしか離れてないんですね~。

以前はサハリンとフェリー航路で結ばれていたこともあり、

町を歩くとロシア語の案内表示がたくさんありました。

wakkanai3.jpg

稚内は日本海とオホーツク海、両方の海に面していて、

もちろん豊富な海の幸に恵まれています。

代表的なのが、日本一の水揚げ量を誇るミズダコです。

4月から漁が解禁され、この時期のミズダコは体長30センチくらいだそうです。

これでもまだ小さいんですって(笑)。

最盛期の10~11月には、体重30キロにも育つんです!

このミズダコをおいしく食べる地元の料理が・・・

wakkanai4.JPG

こちらです。

ミズダコを冷凍して薄くスライスしたものが、きれいに盛りつけされていますよね~。

wakkanai5.JPG

そうです、「たこしゃぶ」です!

それにしてもこのタコの足の大きさ見てください!

実はタコの足を縦にスライスしてるんですよね~。

しかも実際のタコの足って、このしゃぶしゃぶ用の身の倍の幅があるんですよ。

でかすぎでしょ!

しゃぶしゃぶ用のタコは、最盛期に獲れる大きく育ったミズダコを使用しています。

そして凍らすことで薄くスライスしやすくなるので、

しゃぶしゃぶにぴったりの切り身になるんですね~。

wakkanai6.JPG

しゃぶしゃぶしたタコをレタスなどのお野菜と一緒に、

つけだれにつけて食べます。

タコが大きいもんだから、ま~食べ応え十分!

お値段もリーズナブルですし、お店によってつけだれの味が違うので、

「たこしゃぶ」のはしごができそうですね~(笑)。

wakkanai7.jpg

地元に愛されているタコ漁を続ける漁師さんをご紹介しましょう。

津山利美さん(左)、慎一さん(右)親子です。

春先の漁は「磯回り(いそまわり)」というやり方でタコをとるんだそうです。

浅瀬の海を腰まで浸かりながら歩き回り、

岩場に隠れたミズダコを槍のようなもので引っかけてとるんですって。

津山さん親子は1日に1トンものタコを捕まえるほどの腕前なんですよ。

すごいですよね~!

4月とは言え、稚内の海は相当冷たいでしょうし、

津山さん親子のような漁師さんのお陰で、おいしい「たこしゃぶ」が食べられるんですね~。

さ~稚内市からののど自慢ですが、今回は合格者が9組も登場し、

北海道らしさに満ちあふれた回になりました。

トップバッターは地元の中学3年生の女の子2人組。

老若男女幅広く盛り上がれるようにと、ピンクレディーの「ペッパー警部」を選曲して出場しました。

躍動感溢れる振り付けと元気に満ちあふれた歌声で、

会場は一気にボルテージが上がりました。

漁業の町稚内で食べるお魚が美味しいと、

それぞれ好きな魚介類を教えてくれましたが、「ツブ貝」と「ホッケ」という答えには、

稚内の中学生は違うな~とつい笑ってしまいました(笑)。

稚内にあるバス会社のバスガイドさん2人組も登場しました。

歌ったのは都はるみさんの「天塩川(てしおがわ)」。

道北を流れる道内2番目に長い川だそうで、

バスガイドの先輩からご当地ソングとして歌い継がれているんですって。

観光バスでその川を渡る度に、川のガイドをしながらこの歌を歌うことがあるそうで、

道北ならではの風景をまさにガイドしていただきました。

稚内港からフェリーで1時間40分程の利尻島から出場した方もいました。

利尻島の高校で理科の先生している48歳の男性で、

歌ったのはなんと「ガッチャマンの歌」!

スーツ姿で大きな体を揺らしながら歌うのその姿は迫力があり、

利尻のパワーを見せつけたいと大熱唱でした。

今回チャンピオンに輝いたのは、アン・ルイスさんの「あゝ無情」を歌った美容師さん。

大正4年に開業した美容室が、今年6月に101年目を迎えるそうで、

今もご両親と妹さんと一緒にお店を営んでいるそうです。

美容師らしく、自分でパーマをかけて、頭に細かいラメを振りかけて

きらびやかに歌う姿は格好良かったですよ~。

今回特別賞を受賞したのは、稚内の高校の看護科に通う3年生でした。

歌ったのは今回ゲストだったT.M.Revolution西川貴教さんの「WHITE BREATH」。

実習用の白衣を着た彼女は一見おしとやかな雰囲気なんですが、

歌い出すと男勝りの力のある歌声を披露し会場を驚かせました。

とにかく西川さんのことが大好きだという彼女は、

西川さんがそばに来ると照れながらも顔を真っ赤にして大喜びで、

ほとんど言葉になってませんでしたね~(笑)。

でも、喜んでる姿が本当に微笑ましくて、

特別賞のご褒美に会場からは温かい拍手がおくられていました。

北の大地・北海道の稚内から響き渡った歌声は、

パワーと温もりを感じさせるものばかりでした。

皆さん、ありがとうございました~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:04 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS