2016年03月22日 (火)

広島県 三次市


mitugi1.JPG

お刺身!って、どこにでもあるじゃんと思われるかも知れませんが、

普段いただいているお魚とはちょっと違うんです。

地元の方々は「ワニ」と呼んでいます。

今回は、このお刺身を江戸時代の昔から親しんでいる、

広島県三次(みよし)市に行って参りました。

三次市は人口が5万5000の町で、中国山地のふもとの盆地にある町です。

朝と夜の寒暖の差が大きく、冬の朝に現れる雲海の景色でも有名な場所なんですよ。

mitugi2.JPG

こちらが「ワニ」の身の塊です。

実は「ワニ」とは、こちらでサメのことをさすんです!

サメって他の魚よりも日持ちがするんですって。

かつて冷蔵技術が発達していなかった当時、内陸で山に囲まれた三次市のあたりでは、

ほとんど生魚を食べられなかった訳で、

日持ちのするサメが刺身で食べられる魚として珍重されたそうです。

mitugi3.JPG

で、食べてみました。

この表情を言葉にすると、「なんだ、おいしいじゃん!」です。

失礼な話ですが(苦笑)、勝手に「臭みがあるのかな~」と思い込んでいました。

でも、非常に淡白で食べやすいんですよ!

地元の方はマグロよりおいしいと言う方もいらっしゃるそうですが、

確かに食感と風味が似てるんですよね~。

しょうが醤油につけておいしくいただきました~!

mitugi4.JPG

最近は「わにバーガー」なるものも登場しているんです。

「わに」をフライにして、照り焼きのような味付けにしてあって、

めちゃくちゃおいしいんです。

若者に大変人気があるそうですよ。

三次の皆さんは「ワニ」をこよなく愛してるんですね~。

mitugi5.JPG

続いて取材に訪れたのは、「広島三次ワイナリー」です。

三次市は寒暖の差がある気候であることはお伝えしましたが、

実は、その気候がぶどうの栽培に適しているんです。

昭和30年代頃からぶどう作りが盛んになり、

20年ほど前からは町をあげてワイン作りにも取り組むようになったんです。

mitugi6.JPG

ご覧ください、豊富なワインの種類!

ぶどうはもちろん三次産のものを使っていて、

シャルドネ、デラウェア、ピオーネ、シラーと、

実にさまざまな品種のぶどうでワインを醸造しているんです。

最近は国内外のコンテストで受賞するほど、

評判のワインが作られるようになったそうですよ。

mitugi7.JPG

何種類か試飲させていただいたんですが、

抜群な醇な香りと繊細な味に驚きました

三次がこんなにも素晴らしいワインの産地だとは露知らず、

こりゃまた失礼いたしました(苦笑)。

これからも国産ワインの知名度を、ぜひ高めてほしいですね~。

さ~今回ののど自慢も盛り上がりましたよ~。

トップバッターは何と2匹?のおサルさんが登場!

もちろんコスプレなんですが、市販の茶色のパーカーとスエットに耳やシッポを着けて、

さらにお腹やお尻に見立てたピンクの生地を縫い付けた手作りなんです。

さらにピンクの頬紅、おでこに黒い3本の波線、

長めのつけまつげを着けて可愛らしいおサルさんを表現した女性二人が、

ピンクレディーの「ウォンテッド」を歌って盛り上げてくれました。

お二人は地元の道の駅のイベントを盛り上げるために、

干支のキャラクターやピエロなど、毎回手作りの衣装を作って

司会をされてきたそうです。

鐘は1個でしたが、衣装もさることながら、サルの真似をしながら踊るその姿は

愛嬌たっぷりで、会場は大いに沸きました。

また、今回は3月中旬の開催とあって、4月に新たなスタートを迎える

出場者が多かったですね~。

大学の軽音楽部でユニットを組んできた先輩後輩の二人組は、

スピッツの「空も飛べるはず」を歌いました。

先輩は既に卒業し就職も決まっていて、

二人で歌う最後のステージがのど自慢になり、見事合格の鐘を鳴らしました。

既に人生の新たなスタートラインにたっている方もいらっしゃいました。

結婚してまだ2年目の去年7月に夫を亡くし、もうすぐ2歳になる男の子と

三次で生活を始めた女性は、朝ドラ「あさが来た」の主題歌

「365日の紙飛行機」を歌いました。

以前は、大阪で暮らしていらっしゃいましたが、

夫が育った故郷の三次で、子育てをしたかったと引っ越してきたそうです。

子供と明るく元気に生きていきたいという思いから笑顔いっぱいに歌いきり、

特別賞を受賞して感動を呼びました。

4月から幼稚園の先生になる20歳の女性や、

この春小学生になる息子にエール送った34歳のお父さんも、それぞれ合格。

そして4月から小学校の先生になる22歳の男性がチャンピオンに輝きました。

さまざまな希望を胸に歌う出場者の歌声はどれも爽やかで、

この季節にぴったりののど自慢になりました。

広島・三次の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:12:49 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS