2015年10月26日 (月)

石川県 輪島市


DSC_0102.JPG

この建物、9月までテレビでご覧になった方も多いのでは?

朝ドラ「まれ」の主人公が、一家で移住した外浦村の役場です。

今回の会場は、「まれ」の舞台となった石川県輪島市です。

DSC_0101.JPG

輪島市でまず私が訪れたのは、市街地から海岸沿いを車で西へ20分ほど走った、

「まれ」のロケ地、大沢という海辺の集落です。

ドラマのシーンでも見慣れた風景じゃないですか、この竹垣。

実はこれ「間垣」と言って、大沢地区の昔ながらの知恵なんです。

冬場の強い海風をしのぐために、地元に自生する細くて丈夫な

「苦竹(にがたけ)」で作った竹垣なんです。

湿気や海の塩気を吸収したり、夏場の日差しを遮ったりする効果もあり、

この地区では欠かせない竹垣です。

昔から年に一回差し替えながらこの景観を保ってきたそうです。

これまでは写真愛好家や釣り客が訪れるだけだった集落が、

今では「まれ」効果で一月に5000人の観光客が訪れるほど賑やかになったそうですよ。

DSC_0096.JPG

ご紹介したいものはたくさんありますよ~!

こちらが全国的に有名な「輪島朝市」です。

1000年以上もの歴史があると言われていますが、とにかく観光客の多さにビックリ!

時代は変わっても、朝市って人を寄せ付ける魅力があるんですよね~。

新鮮な魚介類、地元で採れた野菜、伝統工芸品である輪島塗の漆器類も

たくさん並んでいました。

DSC_00801.JPG

朝市で見つけた一品「のどぐろ」の開き! 

テニスプレーヤーの錦織圭選手が試合後に「のどぐろ食べたい」と発言して以来、

超有名な魚になりましたよね~。

日本海でよくとれる魚だそうで、朝市の鮮魚店では必ずと言っていいほど並んでました。

白身魚なんですが確かに喉の辺りが黒い、まさに「のどぐろ」ですね。

DSC_0073.JPG

「のどぐろ」のお刺身がこちら。

輪島塗のお椀に乗っているだけで美味しそうに見えますが、

本当に美味しいんですよ~~~!

白身魚の概念を覆す脂の乗り!トロリとした食感で驚きました。

こりゃ焼き魚にしても相当美味しいですよ。

輪島に行ったらぜひ堪能してください!

DSC_0064.JPG

最後にもう一つお見せしたいのが、輪島の代表的な名所、「千枚田」と呼ばれる棚田です。

既に稲刈りが終わった今月から、こうしたライトアップが楽しめるんです。

2万個ものLED照明が畦道に差し込まれ、田んぼの輪郭を見事に浮き上がらせています。

冬場でも「千枚田」の景観を楽しんでもらいたいと始めた企画だそうで、

来年の3月までライトアップされているそうです。

いや~、それにしても輪島は見所が多い場所でした。

北陸新幹線も開業しましたし、全国のみなさんに輪島の良さをもっともと知ってほしいですね~。

    さあ、それではのど自慢のご報告です。

今回は輪島愛に溢れた出場者の皆さんが多かったですね~。

トップバッターは保育士のお母さんと高校1年生の女の子の仲良し親子。

朝ドラ「まれ」の主題歌「希空~まれぞら~」を、肩を組ながら元気な歌声で披露し、

輪島ののど自慢にふさわしいスタートを飾ってくれました。

最初に合格の鐘を鳴らしたのが、AIさんの「story」を歌った地元の高校2年生。

彼女は、輪島市内にある全校生徒が100人ほどの高校の中で吹奏楽部の部長をしていて、

部員は本人を含めなんと3人!

眼鏡をかけた仲良し三人衆だそうで、

支えてくれる部員や友人、町の人達への感謝の気持ちを歌で表現しました。

アリスの「冬の稲妻」を、段ボールで作ったギターを肩にかけて歌ったのが、

輪島塗の蒔絵師と居酒屋の板前さんの、共に54才の二人組。

蒔絵師とは器に漆を塗って金粉を降らしながら絵柄を描く職人さんで、

輪島をもり立てられるような仕事をしたいと今の仕事を選んだそうです。

二人は高校時代の同級生で、板前さんの方は蒔絵師の方が描いた漆器を

自分の居酒屋で使っているそうで、

これからカニの季節を迎える輪島を存分にPRし、輪島への愛情たっぷりでした。

輪島の伝統芸能「御陣乗(ごじんじょ)太鼓」の素晴らしさを伝えたいと出場した、

75才の男性もいました。

木原たけしさんの「風雪  御陣乗太鼓」を歌い上げ、

上杉謙信が攻めてきたとき、鬼の面をかぶって太鼓をかき鳴らし撃退したという、

御陣乗太鼓の解説までしてくれました(笑)。

呆気に取られたのは、今井美樹さんの「PIECE  OF  MY  WISH」を歌った24才の女性です。

東京から輪島に帰省しての出場で、

年に何回か帰省する度に、海女をしているおばあちゃんの捕ったアワビを食べて

パワーをもらうんだそうです!海の幸に恵まれた輪島ならではのお話ですよね~(笑)。

輪島のことが大好きで仕方がない出場者の皆さんが、

その魅力を存分に伝えてくれたのど自慢になりました。

石川県・輪島の皆さん、故郷の大切さを教えてくれました。

ありがとうございました!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:17 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー


RSS