2015年04月28日 (火)

東京都 瑞穂町


2015042509270000.jpg

鼻が高~~くて、彫りが深~~い「東京だるま」。

今回の会場は、この顔立ちが特徴の「東京だるま」で有名な東京都瑞穂町で~~す。

2015042509380000.jpg

こちらがだるまの木型です。

だるま職人さんのご自宅にお邪魔すると、いろんな大きさ、形の木型がありました。

それぞれの職人さんごとに、だるまの形が違うんだそうです。

定番の形にこだわらないのも、瑞穂町のだるまの特徴なんですね。

2015042509320000.jpg

木型に厚手の紙を何枚も張り重ねて作っていきます。

全て手作業なんですね~。

こちらの職人さんのお宅では、三代続けてだるま作りをされているそうで、

かつては農家の皆さんが、農閑期を利用して、

こうしただるまを作っていたそうです。

2015042509460001.jpg

出来上がっただるまはとにかくカラフル!

基本は赤ですが、黒やピンク、金色のだるまもあります。

立派な眉毛や髭をたくわえただるまもあって、

眺めてるだけで楽しくなりますね~。

2015042509570001.jpg

だるま製作現場の取材をさせていただいた、根岸さんご一家です。

左は今回ののど自慢の演出担当、高橋ディレクター。

みんなで記念撮影です!

image_2.jpeg

もうひとつ、瑞穂町の自慢をご紹介しましょう。

こちらの写真は、カタクリの花です。

実は瑞穂町には、東京でも珍しいカタクリの群生地があるんです。

しかも20万株ものカタクリが、4月初旬に一面咲き誇るそうです。

カタクリというと紫色を思い浮かべますが、写真のカタクリは白!

群生地で、ほんの数株だけ白い花をつけるんですって。

来年の春に、この白いカタクリを拝みたいですね~!

この写真は、今回の取材で同行していただいた、

瑞穂町の広報課・岩田卓也さんから送っていただきました。

岩田さん、ありがとうございました。

 

さ~、今回ののど自慢では、中学2年生のチャンピオンが誕生しました。

島津亜矢さんの「海鳴りの詩」を、大声量で唸りながら歌う姿は圧巻でした。

おばあちゃんの影響で演歌が大好きになり、

将来は島津亜矢さんのような歌手になりたいそうです。

そして今回は、中学1年生になったばかりの男の子も出場。

学生服のサイズがかなり大きめで、いかにも新入生という感じでした(笑)。

まだ声変わりしてないその歌声は可愛らしく、会場からは大歓声。

SEKI NO OWRIの「yume」を歌って、

ミュージシャンになりたいという夢をインタビューで語ってくれました。

そして、今回は高校生も大活躍!高校3年生の女の子は、シャ乱Qの「ズルい女」を、

モー娘。ばりにダンスをしながら歌い合格。

もう一人高校3年生の男の子は、17才とは思えない落ち着きようで、

山川豊さんの「アメリカ橋」を情緒豊かに歌い、こちらも合格。

若い世代がリードするかのように、瑞穂町ののど自慢を盛り上げました。

皆さんどんな大人に成長していくんでしょうか。本当に楽しみです。

希望に溢れたのど自慢になりました。

瑞穂町の皆さん、お疲れ様でした!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:17:04 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS