2015年02月10日 (火)

栃木県 小山市


2015020710290001.jpg

このいちごの大きさを見てください!!

まるでお煎餅かじってるみたいでしょ(笑)

今回はいちごの産地としても有名な栃木県小山市が会場です。

2015020710260001.jpg

私がむしゃぶりついていたのが、小山一押しのいちご、「スカイベリー」です。

栃木県というと「とちおとめ」が有名ですが、

この「スカイベリー」は5年前に開発された新しい品種で、

贈答品として人気が高まっているんですって。

2015020710480001.jpg

11月から5月にかけて収穫されるそうで、

栽培されているハウスにもお邪魔しました。

とにかくその大きさにびっくり!

大きいものは重さが100グラムにもなり、子供の拳くらいの大きさに育ちます。

甘さは「とちおとめ」と同じで、とにかくジューシー!。

水分が多いので爽やかな甘さが味わえます。

皆さんにも、ぜひ一度味わっていただきたいですね~。

2015020709430000.jpg

そして小山を語るとき、この風景ははずせません。

こちらは、栃木、群馬、埼玉、茨城にまたがって広がる

「渡良瀬(わたらせ)遊水地」です。

何と東京ドーム22個分の広さがあり、

湿地を守るためのラムサール条約に登録されています。

つまり、貴重な動植物の宝庫でして、たくさんの方が野鳥観察にも訪れるそうです。

日本で見られる野鳥のおよそ半分、250種類もの野鳥が観察できるんですって!

2015020709450000.jpg

全体風景が眺められる堤防から遊水地に下りてみると、

背の高いかややよしが生えていました。

春にはよし焼きが風物詩となっていて、

焼き終わると様々な植物が芽吹いて、一面緑色に染まるそうです。

堤防沿いには桜も40本以上植えられていて、

春の生き生きとした風景も見てみたいですね~。

2015020711120001.jpg

最後にもう一つ、小山のソウルフードをご紹介しましょう。

それは、うどんです!

もともと小麦の産地だった小山では、

来客の際にうどんを振る舞う風習があったそうです。

こちらでは、温かい汁に冷たいうどんをつけて食べるのが

昔ながらのスタイルだそうです。

微妙に太さが均一でないのが手打ちっぽくっていいんですよね~。

結構こしがあって、食べごたえも十分。

つけ汁は具だくさん、豚肉の甘味も相まって最高に美味しかったです。
 


さ~、小山市からの「のど自慢」はというと、非常に盛り上がりました!!

高校1年生の16才から、何と95才までと、幅広い世代の方々が出場しました。

今回も高校生が大活躍。

4組の合格者のうち、2組が演歌を歌った女子高生でした。

しかもその内の「じょんから女節」を歌った高校1年生がチャンピオン。

ゲストの坂本冬美さん、竹島宏さんも、うなる歌声でした。

出場者の中には、白いマイクスタンドを持ち込んで

矢沢永吉さんになりきる男性がいたり、

結婚10周年のご夫婦は振りを考え、

仲良く手をつなぎながらウルフルズの「バンザイ」を歌ったりと、

会場は笑顔と笑いに包まれました。

特に盛り上がったのは、「お富さん」を歌った95才のおばあちゃんでした。

何とこの方のお名前がトミさん!おトミさんが「お富さん」を歌ったんです(笑)。

二人のひ孫さんといつもこの歌を口ずさんでるんですって。

洋裁の腕前も一級品。自分で作った真っ赤なベストを着て歌い、

見事特別賞に輝きました。

小山の皆さんは本当に感情表現が豊か!

楽しい楽しいのど自慢をありがとうございました!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:22:04 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS