2015年02月02日 (月)

大阪府 大東市


2015013109260001.jpg

「野崎参りは~ 屋形船でまいろ~・・・」という出だしの歌と言えば~、

東海林太郎さんが歌った「野崎小唄」ですよね。

こちらはその舞台となった、野崎観音がある慈眼寺(じげんじ)です。

今回は、野崎観音で有名な大阪府大東市にやって参りました!

2015013109480001.jpg

まずはお参り。

このお寺は1300年の歴史を誇ります。

安産祈願のお寺としても人気で、特に女性の参拝客がおおいんだそうです。

野崎小唄だけでなく、人形浄瑠璃や落語の舞台にもなり、

地元の皆さんにはずっと愛され続けています。

2015013109400001.jpg

安産祈願をすると、子宝に恵まれるようにと可愛らしい犬の人形をいただけるんですって。

無事出産したあとは、犬に備えられたお札に子供の名前と誕生日を書いて、

お寺に納めて吊るしてもらうだそうです。

何だか心ほっこりしますよね~。

2015013109400000.jpg

皆さんがお参りする観音様がこちら。

簾がかかってはっきりしませんが、5月には8日間の御開張があり、

「野崎参り」というお祭りとして毎年20万人の参拝客で賑わうそうですよ。

2015013110160000.jpg

続いて取材に向かったのは、「御領(ごりょう)水路」です。

江戸時代には、地元で収穫された農産物をこの水路を使って

大阪城方面へ運んだそうです。

当時はこうした水路がはりめぐらされていたそうですが、

今では500メートルほど残るだけとなりました。

昭和30年頃まで使われていたそうです。

・・・いや~この日はとにかく朝から冷え込みまして、

縮こまってのピースサインをお許しください(汗)。

2015013110270000.jpg

この水路を守っていこうと、

保存会の皆さんが地元の小学生の体験学習を通じて、

水路の歴史を伝えてるんです。

風情のあるこの水路、ぜひ守っていただきたいですね~。

4月からは半年間、観光としても船に乗れます。

桜の時期はきれいだそうですよ~。

是非この雰囲気を味わって下さい。

この日は取材ということで、保存会の方が特別に船を出して下さいました。

寒い中、本当にありがとうございました。

 

さて、のど自慢の本番はというと、涙あり笑いありの、

大阪らしい人情味溢れた回になりました。

スキーが全くできないのに、

冬の定番曲、広瀬香美さんの「ロマンスの神様」を歌いたくて

スキーウェアーを借りて出場された方がいましたし、

何と美川憲一さんの「納沙布みれん」を歌いながら

社交ダンスを踊る方まで現れ、笑いを誘いました。

去年亡くなったお婆ちゃんに向けて歌った大学4年生、

卒業前にお母さんに感謝の思いを伝えたかった高校3年生は

見事合格の鐘を鳴らして涙涙でした。

圧巻の歌声は、長渕剛さんの「STAY DREAM」を歌い、

チャンピオンに輝いた男性です。

まだ8ヶ月の娘さんが病気の治療で手術をし、

父親の子を思う気持ちを歌声に乗せてエールを送りました。

手術は成功したそうです。

胸に沁みてくるような感動の熱唱でしたよ。

様々な思いを乗せて歌声を披露してくれた出場者の皆さん、

本当にお疲れ様でした!




 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:36 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS