2014年11月25日 (火)

千葉県 東金市


2014112211000000.jpg

ちょっとつまんで味わってみると・・・塩辛さの中に甘味があってこれはいける!

のちほど、そのお料理は紹介するとして、

今回は千葉県の北東部にある東金市にやってきました~。

2014112210390001.jpg

東金市内を車で走ると、道沿いに形が整えられた木がたくさん植えられているんです。

松や槇、柑橘類などの木が多かったですね~。

実は、東金市は全国でも有数の植木の産地なんです。

もともと、槇の木が自生していたこともあって、植木作りが盛んになったとか。

2014112210380001.jpg

ご覧ください、立派な松の木。

竹の棒やゴムひもを使って、枝の形を整えています。

その昔、東金市には徳川家康が鷹狩りをしによく訪れていたそうで、

家康の庭園もあり、植木職人の技も磨かれていったそうです。

その技は受け継がれ、今も市内に100軒ほどの植木農家がいらっしゃいます。

最近は海外への輸出も増えていて、日本の植木に注目が集まってるそうですよ~。

2014112210570000.jpg

さて、私が最初にお箸でつまんでいたのがこちら、お味噌です。

ただしこのお味噌、東金市特産の黒豆のお味噌なんです。

お味噌の中に、黒豆の皮らしきものが混じってますよね~。

この黒豆味噌を使って開発された、東金市のご当地グルメが~~~

2014112210560000.jpg

ジャジャーン!!「東金黒豆みそ鍋」です。

こちらのお店では、豚肉に鶏肉、つみれも入って野菜もたくさん。

お味噌の味はさほど濃くなく、でも黒豆の甘味が残っていて美味しかったです。

ご当地グルメとして人気が出るといいですね~。


その東金市からののど自慢、今回は8組の出場者が合格者しました。

高校生が4組出場し、そのうち2組が合格。

そしてチャンピオンに輝いたのは、演歌が大好きな高校3年生でした。

何とコロッケさんの物まねを見て演歌に興味を持ち、

森進一さんの中古レコードを買って歌声を研いたそうです。

その歌声には会場から大きな拍手がおくられました。

また、印象的だったのは、特別賞に輝いた二人のお孫さんを持つ70歳代の男性です。

孫への思いを、大泉逸郎さんの「孫」を歌いながら、表情豊かに表現されていました。

最近は部活動などで忙しく、

一緒に過ごす時間も少なくなったお孫さんが会場に駆けつけ、大喜び。

感動と笑顔に満ちたのど自慢になりました。

東金市の皆さん、本当にお疲れ様でした~!
 




 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:20:54 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS