2014年07月30日 (水)

埼玉県 狭山市


2014072611020001.jpg狭山市といえば狭山茶!ですよね~。

全国的にも有名なお茶の産地、埼玉県狭山市が今回の会場です。

見てください、このきれいな緑色。

飲んでみると、渋味と甘味が絶妙~。

深みのある味わいで本当においしいお茶でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014072611000001.jpgおいしい狭山茶を入れてくれたのは、

取材に同行してくれた、狭山市役所の堀川さんです。

おいしいお茶の入れ方があるようで、

急須に湯飲み茶碗をわざわざ用意して、

お湯の温度を調整しながら丁寧にいれてくれました。

狭山茶への愛情が感じられましたよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014072610450000.jpg市内の茶畑に向かうと、そこは一面の緑!

狭山では、鎌倉時代から日本茶の栽培が始まり、

現在40軒を越える生産農家がいらっしゃるそうです。

狭山はお茶が栽培できる日本最北の地だそうで、

四番茶まで刈り取る他の産地と比べると、

茶葉を収穫できる回数は少なく、せいぜい二番茶まで。

でもその分、寒い時期に栄養が蓄えられて、美味しい一番茶が収穫できるそうです。

高級茶葉として名を馳せる理由がここにあるんですね~。

2014072609590000.jpg続いてご紹介するのは七夕飾り。

何でこの時期に?と思うかもしれませんが、

8月2・3日に、狭山市で「入間川七夕祭り」が開かれるんです。

江戸時代から続くお祭りで、

昔は農閑期に合わせて開かれていたんですね~。

それにしても立派な七夕飾り!

これ手作りなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

作ったのはこの方。

2014072610010000.jpg七夕飾りを作り続けて69年の、俵木安男さんです。

現在何と90歳!いや~元気ですよね~。

もともと酒屋を営んでいらっしゃったそうで、

毎年暑い最中に倉庫で黙々と作っていらっしゃいます。

 

七夕祭りが終わると、すぐに来年の飾りの構想を考え、設計図を書くところから始めて

1年がかりで仕上げるそうです。

狭山を盛り上げるべく、まさに七夕祭りと共に生きてきた男です。俵木さん格好いいっす!

お祭りでは、こうした手作りの飾りがおよそ140本飾られるそうで楽しみですね~。

2014072711280001.jpg

 

さて、狭山からののど自慢ですが、

本番直前に私がメイクをしていると、

女性の方が狭山茶を入れて楽屋に来てくれました。

ゲストにお茶の差し入れのサービスをしてくれたんです。

ついでに私もいただきました!

猛暑だったこともあって冷たいお茶は最高の味!

ありがとうございました。

狭山茶を飲んで望んだ本番では、

夢と希望に満ち溢れた熱唱が多かったですね~。

小学校の先生を目指す大学生、

声優を志して大阪から勉強しにきた女性、

出産間近の娘さんとお父さん、

地元でほうれん草作りに励む23歳。

福岡からお茶農家に婿入りした男性。

皆さん未来を思い描きながらの歌唱でした。

そしてチャンピオンに輝いたのは、

家族に反対されながらも歌手になることをひたむきに目指す18歳の女性でした。

七夕祭りを控えた狭山市ののど自慢は、そんな夢に溢れた素敵な回になりました。

皆さん、ぜひ夢を叶えてくださ~~~~い!!


 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:20 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS