2014年07月15日 (火)

愛媛県 今治市


2014071209130000.jpgこちらは「しまなみ海道」の来島海峡大橋です。

「しまなみ街道」は愛媛県と広島県との間の島々を

10本の橋でつないでいます。

このしまなみ海道のお膝元、愛媛県今治市にやって来ました~!

 

2014071209220000.jpgしまなみ海道で、今、人気のスポーツがサイクリングです。

年間17万人の自転車愛好家がやってくるそうです。

取材の日も、朝から大勢のサイクリストが集まっていました。

しまなみ海道を通ると、広島県まで70キロ!

自転車で走ると5~6時間かかるそうです。

もちろん、レンタサイクルも充実しています。瀬戸内海の絶景を眺めながらのサイクリングは最高だとか。

それでは、私たちもシュパーーツ!!

2014071209350000.jpg

 

 

車で・・・(苦笑)

何せ時間のない中での取材のなもんで…。(汗) 許してください。

 

2014071209460000.jpg今治市側から一つ目の橋、最初にご紹介した来島海峡大橋を渡って、

大島にやってきました~。

皆さんは、ぜひサイクリングでしまなみ街道を

堪能してくださいね。

 

2014071210380000.jpgさて、お楽しみのお昼ご飯の時間です。

今回いただいたのは、40年前から地元で食べられている

「焼豚玉子飯(やきぶたたまごめし)」です。

熱々のごはんの上に、肉厚の焼豚、

さらにその上に目玉焼きが乗っかっています。

そこに甘辛いタレをかけた、このどんぶり飯、

元々は中国料理店の賄いだったそうです。

それが、ガッツリ素早く食べられることから

造船所で働く労働者や学生たちの間で評判となり、

次第に今治のソウルフードになったそうです。
 

 

 

 

 

 

2014071210540000.jpg

もちろん食べ方は自由ですが、

地元の皆さんは、目玉焼きの黄身を割って、

ご飯と焼豚とあえながら食べます。

甘辛のタレのおかげで食がすすみますよ~。

 

さー、今回ののど自慢でとにかく印象的だったのが、92歳のおばあちゃまです。

演歌歌手・清水まり子さんの「父娘坂」という歌を歌われましたが、

この曲、出だしから声の伸びを使って歌う難しい歌なんです。

それを生演奏に合わせて、ま~聞かせる聞かせる。歌唱中に拍手が起きるほどで、見事に歌いきり、合格!

鐘が鳴った瞬間の喜びようが忘れられません。

ずっと農業を続けてこられたそうで、今も現役で野菜や果物を作り、

しかも車を自ら運転して道の駅に出荷しているそうです。

最近買った新車はマニュアル車だそうで、お話を聞けば聞くほど驚く事ばかり。

今回の今治での予選会は80歳代のみならず、90歳を越える方々の参加が多くてびっくりしました。

出場者の皆さん、瀬戸内海の魚が美味しいと自慢されていましたが、

しまなみ海道からの瀬戸内の絶景と豊かな海の幸は、きっと今治の皆さんの元気の源なんでしょうね~。

いや~あやかりたい!今治のみなさん、ありがとうございました~!

 

 

 


 

 

 



 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:39 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS