小田切アナの~のど自慢でたび自慢~

2018年06月20日 (水)兵庫県 篠山市


 

shino1.jpg

「ヨ~イヨ~イ デッカンショ」と、

観光案内所で篠山市を説明してくれた酒井さんが

いきなり踊りを交えて教えてくれました(笑)。

今回は有名な民謡「デカンショ節」が

古くから親しまれている

兵庫県の東部にある篠山市(ささやまし)から

「たび自慢」しましょう!

 

 

shino2.jpg

篠山市にある「丹波篠山デカンショ館」に行けば

デカンショ節についていろいろ知ることができますよ。

もともと篠山地方で唄われていた

「みつ節」が起源と言われていて

明治時代に篠山出身の学生たちが

千葉県の旅館で声を張り上げて唄ったのが自然に広まり

全国的に知られるようになったとか。

今では今年66回目を迎える「デカンショ祭り」が

毎年8月に地元で行われ二日間で7万人が集まって

デカンショ節で盆踊りを楽しむんですって!

すごいですね~!

 

 

shino3.jpg

そんな篠山市は現在人口が4万2000。

もともと江戸時代に築城された篠山城の

城下町として発展しました。

伝統的建造物が多く残っていて

昔の商家の町並みを楽しむことができます。

写真は酒蔵だった建物ですが

今では篠山の特産物の卸売店として店を構えています。

何やら軒先に吊されているものがありますが~・・・

 

 

shino4.jpg

その特産品というのが

「丹波黒」と呼ばれる大豆の黒豆です。

お正月の縁起物として甘く煮て食べる

あの黒豆なんですよ~。

篠山市は兵庫県の内陸の山に囲まれた盆地に位置し

その特有の気候を利用して

通常のおよそ2倍もの大きさの黒豆が育つんです。

 

 

shino5.jpg

風情のある町を歩けば

いたるところで黒豆にまつわるお土産に出会えますよ~。

香り豊かな黒豆茶!

 

 

shino6.jpg

黒豆をこれでもかとふんだんに使った黒豆パン!

 

 

shino7.jpg

 レストランに行けば

黒豆アイスに甘く煮た黒豆が乗っかった黒豆パフェ!

演出担当の伊藤ディレクターが目をひんむいて

紹介してくれました(笑)。

 

 

shino8.jpg

ということで

黒豆が栽培されている畑に直行!

6月はちょうど種植えの時期なんですって。

 

 

shino9.jpg

黒豆の苗を植える、筒状の専用の器械がこちら。

筒を土の中に刺して、黒豆の苗を筒の中に入れると

土に植えられる仕組みになっています。

冒頭で紹介した煮豆用の黒豆は

実がなってからさらに枯らして

12月頃に収穫したものなんです。

 

 

shino10.jpg

枯らさずに10月頃に収穫したものは枝豆になるんですよ。

この枝豆が美味しいんだと

取材先の農家さんが

朝からわざわざ茹でで食べさせてくださいました。

大粒の枝豆は食べ応えがありコクのあるお味で

パクパクパクパク止まりません!

ビールのつまみに最高~~~~!

 

 

shino11.jpg

大切に黒豆を育てる農家の皆さんです!

左から林利夫さん、小林郁代さん、坂下紗麻さん、岸本久芳さん。

そして取材に同行してくれた市の観光商工課の麻田英央さん。

皆さんが手塩にかけて育てた黒豆、また食べたいな~。

ぜひ全国の皆さんに味わってほしいですね~!

 

そんな黒豆自慢の篠山市からののど自慢は

本当にいろんなキャラクターの方々が集まった楽しい回になりました。

まず篠山の会場をトップバッターで盛り上げたのは

今回最年少の12歳の女の子でした。

常に笑顔を振りまく元気のいい彼女は

朝ドラ「わろてんか」の主題歌「明日はどこから」を歌いました。

「ありがとうと言えない あなたのために・・・」

という歌詞を伝えたかったのは、

普段はケンカが絶えないという妹さんでした。

客席にいた妹さんはちょっと照れているようでしたけど

微笑ましい姉妹の様子に会場は温かい雰囲気に包まれ

今回の特別賞に輝きました!

 

続いて登場して会場を沸かせたのが、

今回最年長、なんと御年102歳!

いや~、もうその存在自体に拝みたくなるおじいさまが登場し

全国に篠山城を知ってほしいんだと

成世昌平さんのご当地ソング「噫呼篠山城」を歌いました。

背筋をピンと伸ばしてしっかり音程を取りながら歌う姿には感動!

そして見事、合格の鐘が鳴りました。

これには会場も大歓声に包まれました。

若かりし頃にデカンショ節で踊った時の

浴衣を着てらっしゃいましたが

季節外れのニット帽をかぶっているので理由を聞くと、

「頭が涼しくてね~」と

会場をしっかり笑いに誘うおじいさまでした。

102歳の合格するシーンは

そうそうお目にかかれないかもしれませんよね~!?

 

そしてさらに会場を巻きみ合格の鐘を鳴らしたのが

地元の民謡「デカンショ節」を歌った23歳の女性でした。

彼女は市の商工観光課で働いていて、

8月の「デカンショ祭り」では

櫓の上でデカンショ節を歌う保存会のメンバーでもありました。

彼女が歌うと会場のお客さんも一緒に手拍子を打ち

「ヨ~イヨ~イ デッカンショ」と大合唱になりました。

地元の小学校の運動会でも歌われるそうで

さすが地元の皆さん慣れ親しんでいるだけありますね~。

彼女は8歳から民謡を習ってきたそう。

また保存会では最年少のメンバーであることから

もっと若い歌い手が育ってほしいと話していました。

そんな彼女が今週のチャンピオンに選ばれました。

 

また今回は異例中の異例、なんと特別賞が二組誕生したんです。

トップバッターで歌った中学生ともう一人

吉幾三さんの「俺ら東京さ行ぐだ」を

歌った自営業を営む55歳の男性です。

生まれも育ちも篠山市で

去年友人を頼って人生で初めて東京に行ったそうで、

その気持ちを込めて選曲したそうです。

ただ、覚え立ての歌でラップ調にまくし立てるこの歌の歌詞を

なかなか口から発することができず、

唸ったり「ダーッ!」と

奇声(!?)を発したりとほとんど歌唱としては成立せず(笑)…

鐘は1個!

なんとか歌いきろうとするその姿に

お客さんは大爆笑なんですが

ひたむきな歌いっぷりには感動も呼びました。

「まわりは山!山!山! でも東京に出てみてやっぱり篠山がいい!」

と篠山市への愛情たっぷりのコメントにはお客さんから大きな拍手。

2年半前にお見合いで結婚したそうで

ちゃんと篠山で幸せをつかんでいらっしゃいました。

どうぞお幸せに!

 

さらに、

篠山市でスナックを開いて30年のフィリピン出身の女性や

篠山市で黒豆を作り続ける85歳のおばあちゃま

50年地元篠山で大工を続ける男性

篠山市のお寺の住職に就任したばかりの49歳の男性と

地元を愛する出場者の歌声に満たされたのど自慢となりました。

兵庫県・篠山市の皆さん、ありがとうございました~~~~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:14 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年06月13日 (水)北海道 根室市


 

N1.jpg

茹でると真っ赤に花が咲いたような

「花咲ガニ(はなさきがに)」が特産、

北海道根室市から「たび自慢」で~~す!

 

 

N2.jpg

根室市は北海道の東部、北に根室海峡、

南に太平洋を望む根室半島に位置する、

人口2万6000人の町です。

今回の取材は、

根室半島の一番東にある納沙布岬へ、

と車を走らせました。

するといたるところでコンブの絨毯が!

NHK釧路放送局の廣野ディレクターが、

身をもってその驚きの長さを

表現してくれました(笑)。

廣野さんの体と比較すると長~~~~~い!!!

コンブの長さはなんと10メートル!

 

 

N3.jpg

干されたコンブは、

写真の道具できっちり105センチの長さに

切り分けていくんです。

出荷前のコンブがこちら!

 

 

N4.jpg

保管されている倉庫に入るとコンブの香りいっぱい!

ちょうどコンブ漁が始まったところで、

この時期のコンブは柔らかく、

昆布巻きなどの煮物用に

収穫されたものなんだそうですよ。

 

 

N5.jpg

さ~っ、

納沙布岬を目指してさらに東へ! ・・・と思ったら、

途中真新しい郵便局で一旦停車。

 

 

N6.jpg

廣野ディレクターが笑顔で教えてくれたのは、

「日本最東端」と売りにしている郵便局なんです。

珸瑶瑁(ごようまい)郵便局って、

いや~これは読めなかったですね~(笑)。

廣野ディレクターが指をさしているのが、

珸瑶瑁郵便局の郵便スタンプ。

昆布に納沙布岬と朝日が、

デザインされているんですよ~。

台風の影響で損壊し一時閉鎖していた珸瑶瑁郵便局、

スタンプには新局舎が完成した

平成27年3月30日の日付が記されています。

 

 

N7.jpg

郵便スタンプにも描かれていた納沙布岬の灯台です!

根室の市街地から車で30ほどで到着しました。

こちらも本土最東端の灯台だそうで、

明治5年に北海道で

最初に設置された灯台なんですって。

このあたりはどこへ行っても

最東端になりますね~(笑)。

 

 

N8.jpg

納沙布岬に来た証拠に、

廣野ディレクターと肩組んでパチリ!

「朝日に一番近い町」が

根室市のキャッチコピーにもなっていますが、

この時期は午前3時に朝日が拝めるんですって。

この日は、6月だというのに日中でも気温が10度を下回り、

風も強くて寒い寒い! 根室の海を体感した取材でした~。

 

 

N9.jpg

取材の後は、海の幸いっぱいのお昼ご飯!

お刺身はもちろん、ホタテのバター焼き、

タコの酢の物、

花咲ガニの鉄砲汁と盛りだくさんでしょう~!

そしてメインは焼き魚のサケの「トキシラズ」。

本来サケは秋に日本に遡上しますが、

「トキシラズ」はロシアに遡上する前に、

この時期北海道沖に回遊しているサケで、

産卵する前なので非常に脂ののりがいいいんです。

食べてみて驚愕!

身が非常に柔らかく脂がのりまくっていて、

サケの概念が変わりましたね~。

根室最高~~~~!

 

 

さ~根室市からののど自慢、

やはり漁業にまつわる出場者が多く、

活きのいい歌声が響き渡りました。

 

漁業歴50年という恰幅のいい80歳のおじいさまは、

北島三郎さんの「大漁船」を力一杯歌いました。

サケ・マス漁の船団長として

ロシアの海原で活躍されていたそうで、

「漁師は度胸が勝負なんだ」と、

歌に重ねた思いも語ってくれました。

 

根室市の漁協で46年勤めてきた65歳の男性は、

三山ひろしさんの「お岩木山」を

ハスキーボイスで威勢良く歌いました。

彼は地元の歯舞漁協で働いていて、

豊富な海の幸それぞれを

ブランド化する推進協議会で尽力してきたそうす。

今年を最後に定年退職するということで、

記念の出場となりました。

 

今回特別賞を受賞したのは、

地元の高校1年生二人組でした。

彼女たちのお父さんはタコやコンブ漁をする漁師さん。

漁師の娘としてLittle Glee Monsterの「好きだ。」を

歌って根室を盛り上げました。

はつらつと笑顔で楽しそうに歌う姿に、

お客さんも一緒に乗せられてましたね~。

花咲ガニが大好きなんですって(笑)。

 

生命保険会社の5人組は、

根室市の大漁を願って

天童よしみさんのご当地ソング「北海めおと節」を、

 

根室の高校の先生は全国で活躍する卒業生に向けて

千昌夫さんの「北国の春」を歌い、

 

地元で酪農を営む57歳の男性は、

乳搾りをしながら牛舎で口ずさむスターダスト・レビューの

「夢伝説」で合格の鐘を鳴らしました。

 

根室市の24歳の保育士さんは、

最近寂しさにこらえながら一人暮らしを始めたそうで、

Kiroroの「未来へ」を歌って涙の涙の合格となり、

今週のチャンピオンに輝きました。

今回は、根室の元気の良さがはじけたのど自慢になりましたね~。

 

北海道・根室市のみなさん、ありがとうございました~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:37 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年06月06日 (水)福岡県 那珂川町


 

nakagawa1.jpg

700系の新幹線がずら~~~~~~~っ!

なかなかお目にかかれない風景ですよね~。

 

今回の「たび自慢」は、

西日本最大の新幹線車両基地がある福岡県那珂川町です!

那珂川町は福岡市の南に隣接する人口およそ5万の町。

昭和50年に山陽新幹線の岡山―博多間が開通しましたが、

それに伴い昭和49年に那珂川町に造られたのがこの車両基地なんです。

 

 

nakagawa2.jpg

こちらは以前使われていた連動表示板といって、

どの線に新幹線が待機しているかが、

分かるようになっているんですね~。

表示板を見ると30もの線路が横並びに設置されているんです。

なんと70もの新幹線、合わせておよそ1000両の、

修理点検が行われているんですって。

さすが西日本最大!

 

 

nakagawa3.jpg

車両を洗う機械もダイナミック!

車の洗車機とは比べものにならない大きさと水の量!

 

 

nakagawa4.jpg

実はこの新幹線車両基地には、

「博多南駅」が併設されています。

修理点検を済ませた新幹線は、

この車両基地を出発して、

山陽新幹線の始発駅である「博多駅」まで移動するわけですが、

どうせだったら近隣住民を乗せてほしいと町からの要望を受け、

平成2年に新設された駅なんです。

 

 

nakagawa5.jpg

土曜日の朝9時だというのにお客さんが多かったですね~。

1日の乗降客数は1万5000人を越えるんだそうです。

というのも、

運賃が200円に特急料金が100円でトータル300円!

しかも8分で隣の「博多駅」に到着するとあって通勤通学客には超便利!

この駅が完成してから人口も増え続け5万人を越えたことから、

那珂川町は今年10月に市に移行することが決まりました。

那珂川町の皆さん、

おめでとうございま~~~す!

 

 

nakagawa6.jpg

うって変わって水遊びをする楽しそうなカップル・・・、

いやいや、私が強引に頼んで戯れてもらいました(笑)。

今回演出担当の福岡放送局の大村ディレクターと、

応援に来た長崎局の釜井ディレクターです。

同期入局なので仲良しだね~!

この清らかな水辺も那珂川町の自慢なんですよ。

 

 

nakagawa7.jpg

町の名前にもなっている那珂川です。

川沿いに造られた中之島公園では、

安心して川遊びができるように整備されています。

子供たちのはしゃぐ声であふれていました。

今の時期はたくさんの蛍も飛び交うそうで、

観光スポットとして人気なんです。

 

 

nakagawa8.jpg

こちらは那珂川から水を引いた水路です。

実はこの水路、日本書紀にも記されている、

日本最古と言われる農業用水路なんです。

その名も「裂田の溝(さくたのうなで)」。

 

5.5キロに渡って造られていて、

地元の皆さんが古くから大切に守ってきました。

水路沿いには民家があり、

庭先から水路につながる洗い場が設けられていて、

今もお野菜を洗ったり、

普段の生活に利用されているんです。

nakagawa9.jpg

「裂田の溝」は水路をせき止めて、

田んぼに水を流し込めるように造られていて、

いよいよこれから田植えが始まります。

那珂川の恵みは、豊かな作物と那珂川町ならではの、

美しい風景をつくりだしていました。

nakagawa10.jpg

民家の洗い場から、

ま~かわいらしい男の子が顔をのぞかせてくれました。

小学校4年生の泰雅(たいが)くんと、

2年生の隆雅(りゅうが)くんの兄弟。

二人とも野球を頑張っているのかな~。

那珂川に育まれた素敵な笑顔の少年たちに出会えました。

nakagawa11.jpg

 那珂川沿いでは地下水を利用して作るうどん屋さんもありました。

うどん屋さんの大将は、那珂川のおいしい水に惚れて、

わざわざ移住してうどんを作っているんだそう。

エッジの効いたしっかりとしたコシのあるうどんで、

品のあるお味に感動!

水によってこんなにも味わいが変わるのかと驚きました!。

那珂川が生み出す豊かな営みに、

なんだか嫉妬しちゃいました(笑)。

さて、そんな那珂川町からののど自慢ですが、

町を愛する出場者の歌声で盛り上がりました。

 

トップバッターは地元の高校1年生の女の子。

AIさんの「みんながみんな英雄」を大好きな友達に向けて歌いました。

小学校5年生の時に那珂川町に引っ越したことで、

仲のいい友達がたくさんできたんですって!

 

那珂川町が市になることをお祝いしたくて、

出場した2歳の娘さんのお母さんもいました。

長山洋子さんの「博多山笠女節」を勢いよく歌い、

待ちに待った10月の市制施行を喜んでいました。

 

那珂川町で友情を育んだ中学時代の同級生二人組は、

学ラン姿でET-KINGの「ギフト」を歌い、

「きっと きっと こいつは宝物」と、

お互い指を指し合いながら歌う様子は固い友情の賜。

那珂川町の学び舎が、

友情というまさに「ギフト」をプレゼントしてくれたんですね~。

 

那珂川沿いの農家にお嫁に来て10年という30歳の主婦は、

3人の娘さんたちに向けて絢香さんの「にじいろ」を歌いました。

那珂川の水の恵みを受けて、福岡県のブランド米「ゆめつくし」を、

作っているそうです。農業とは全く縁がなかったそうですが、

農業を営む旦那さんに一目惚れして結婚したんですって!

子育てに農作業に、これからも頑張ってくださいね~!

故郷愛にあふれるのど自慢でひときわ会場をわかせたのは、

ジュディ・オングさんの「魅せられて」を歌った53歳の女性でした。

両手を広げると翼のように衣装が広がるあのドレスを完璧に再現し、

会場は拍手喝采。「魅せられて」が大ヒットした当時から、

いつかあの衣装を着て人前で歌いたいと夢見るようになったそうです。

もともとベリーダンスを習っていた彼女は、真っ白なドレスに、

ベリーダンスで使用する“イシスウィング”を組み合わせるアイデアを思いつき、

念願叶っての晴れ舞台。見事特別賞に輝きました。

 

そして合格者は中学1年生が二組に、高校1年生、さらに23歳と24歳の5組と、

若い力が躍動しました。

 

その中からチャンピオンに輝いたのが、

生放送当日が結婚記念日というご両親に、

歌をプレゼントした高校1年生の女の子。

お母さんが大好きだというクリス・ハートさんの「I LOVE YOU」を、

しっかりとした音程と丁寧に言葉を紡ぐ歌声で、

チャンピオントロフィーを獲得しました。

今回も笑顔いっぱいに花が咲いたののど自慢になりました。

 

福岡県・那珂川町の皆さん、ありがとうございました~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:55 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年05月21日 (月)奈良県 上牧町


 

nara1.jpg

 

今回は素敵な女性たちの笑顔からご紹介しましょう!

高木さん、足立さん、村尾さん、土屋さんの4人に囲まれているのが、

今にも花開きそうな薄いピンク色の「ササユリ」です。

 今週ののど自慢の会場は、

奈良県の西部にある上牧町(かんまきちょう)です。

 

 

Nara2.jpg

 

このササユリ、主に西日本で見られるユリ科の花。

葉の形が笹の葉に似ていることから、その名がついたそうです。

もともと上牧町にもたくさん自生していましたが、

宅地開発が進んで激減してしまったそうです。

町の花として指定されているササユリをなんとか蘇らそうと、

地元の皆さんがボランティアで公共施設の花壇などに植えて、

少しずつ数を増やしていったそうです。

この時期、花が開き始めて、見頃は6月だそうですよ。

開花した様子が見たかったな~・・・と思ったら!!!

 

 

Nara3.jpg

 

のど自慢の会場のロビーにボランティアの皆さんが、

開花したササユリのプランターを飾ってくれていたんです。

種を植えてから5年経たないと花を咲かせないササユリ!

人の手で育てようと思うと、

花壇の土や日光の当たり具合の加減が難しく、

なかなか成長しないんだそう。

 

 

nara4.jpg

 

皆さんが手塩に掛けて育てたササユリの花は、

本当に可憐で清楚。

甘~い香りの強さにはびっくりしました!

いつの日か、

たくさんのササユリが咲き誇る様子を見てみたいですね~。

高木さん、足立さん、村尾さん、土屋さん、

素敵な花を教えて頂きありがとうございました。

 

 

Nara5.jpg

 

今回もう一つ取材に訪れた場所があります。

案内してくれた男性が、

何やら丘の上を目指してズンズン歩いて行きます。

草木が生い茂るこの丘に、いったい何があるのか・・・?

 

 

Nara6.jpg

 

何にもありませんでした(笑)。

でも眺めがいいっすよね~!

上牧町の様子がよく分かります。

眺望を見せたかったのかな?

 

 

Nara7.jpg

 

案内をしてくれた青木勘時さん。

実は地元の教育委員会で、

文化財専門員をされている方でした。

この場所、「上牧久渡3号墳」という、

15メートル四方の古墳なんですって!

青木さんが何やら指を指しています。

「ここで見つかったんですよ~」と青木さん。

何が見つかったのかというと。。。

 

 

Nara8.jpg

 

これなんです!

7年前に発見されて、

町が大騒ぎになりニュースでも話題になった、

「画文帯環状乳神獣鏡」

(がもんたいかんじょうにゅうしんじゅうきょう)です。

写真はレプリカですが、

2~3世紀頃に中国で製造された銅製の鏡なんです。

直径が14センチほど、重さは500グラムちょっと。

青木さんによると、

奈良県内では過去に2例しか発見されておらず、

この発見により、

上牧町は大阪と奈良を結ぶ交易の拠点だった

可能性が高まったそうです。

 

 

nara9.jpg

 

上牧町は面積が6キロ平方メートルほどの広さしかなく、

人口2万3000と県内で二番目に人口密度が高い町です。

古墳から撮った写真を見ても分かるように、

大阪まで車で30分ほどの近さという利便性もあって、

今も宅地開発が進んでいます。

この住宅街に、

弥生時代に造られたとされる古墳が、

調査が行われていないものも含めると25基もあるんですって!

はるか昔の人たちと同じように、

この場所で営みが続いているなんて・・・!

ロマンがありますよね!

 

それでは、そんな上牧町ののど自慢をご紹介しましょう。

今回は13歳の中学2年生から92歳のお爺ちゃままで、

様々な世代の歌声で盛り上がりました、

そんな中で3組の合格者からチャンピオンに選ばれたのが、

ミュージカルソング「パート・オブ・ユア・ワールド」を歌った、

19歳の女子大生でした。

彼女は大学の工学部で土木関係の勉強をする理系女(リケジョ)! 

大学ではアカペラサークルに所属している歌が大好きな女性で、

丁寧に言葉を紡ぎながら歌うその歌声に、

ゲストの坂本冬美さんは「完璧!」と絶賛されていました。

 

そして特別賞に輝いたのは、

坂本冬美さんと五木ひろしさんの

デュエットソング「ラストダンス」を歌った、

51歳のお父さんと26歳の娘さんの仲良し親子。

娘さんは来年四月に結婚して上京するそうで、

お父さんと思い出作りをしたくて応募したそうです。

鳶職として30年働いてきたお父さん、

まだ相手のご両親に会ってないそうで、

カメラに向かって、

「お父さんお母さん、こんな僕ですが、娘をよろしくお願いします!」

と、茶目っ気たっぷりな挨拶に会場は大爆笑でした。

どこにだしても恥ずかしくないという自慢の娘さんだそうで、

幸せになってほしいですね~。

 

今回はデュエットで歌う出場者が多かったのど自慢でしたね~。

大分県出身の30代の姉妹は、

亡き母がよく口ずさんでいた「恋のフーガ」を、

力のあるハーモニーで歌い、

故郷の親戚、そして横浜のお父さんや弟さんに向けて歌いました。

 

アニメ映画「アナと雪の女王」の

「とびら開けて」に挑戦したのが、結婚32年のご夫婦です。

6歳下のご主人は、

結婚してから奥さんの実家の神社を継ぐために宮司になったそう。

絆の深さをデュエットで表現しました。

 

そして「二輪草」を歌ったのは、

60年以上もの間夫婦の絆を紡いできた89歳のご夫婦。

二人揃って今年卒寿を迎える記念に出場しました。

ご主人は今も鍼灸院を営んでいて、

ず~っと夫婦二人でお仕事もされてきたそうです。

手をつないで歌う姿は本当に微笑ましかったです!

奥さんは鮮やかな黄緑色のワンピースに、

ピンクのストールを首に巻いて、

銀色に光るヒールを履いていました。

ご主人のコメントは。。。

「なかなかいいんじゃないでしょうか!」\(^o^)/

全てを受け入れるご主人の言葉に、

夫婦円満の秘訣を垣間見たような気がします。

上牧町からののど自慢は、

幸せそうなほんわかした温かい雰囲気に包まれたステージになりましたね~。

奈良県・上牧町の皆さん、ありがとうございました~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:27 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年05月16日 (水)栃木県 矢板市


yaita1.jpg

 男二人でソフトクリーム・・・、気持ち悪いでしょ。

でもね、この日はま~いい陽気で冷たいものを舐めずにはいられなかったんです。

 

yaita2.jpg 

今回の「たび自慢」は栃木県矢板市です。

地元のシンボルは1700メートルを超える高原山。

裾野には八方ヶ原(はっぽうがはら)という高原地帯が広がり、

その麓に矢板市の市街地があります。

避暑地として有名な那須塩原市と観光地の日光市に挟まれたエリアにある

人口3万3000の矢板市。

地元の方は「観光客が通り過ぎちゃうんですよね~」と嘆いていましたが、

皆さん、矢板市最高っす! 写真とともに紹介していきますね。

 

 yaita3.jpg

実は矢板市はリンゴの産地。

もちろんまだ収穫期ではないのでリンゴは実っていませんが、

「道の駅やいた」にはリンゴジュースがずらり!

地元の農家さんが協同で作る「完熟林檎ジュース」です。

実は冒頭でご紹介したソフトクリームはリンゴ味で、

強い日差しの中でさわやかなフレーバーに満たされた恍惚の表情でした(笑)。

 

yaita4.jpg 

よく見ると、瓶によってジュースの色がちょっとずつ違うんですよ。

ラベルの一番下には作った農家さんの名前が記されていて、

それぞれの農家さんによって味が違うんですって。

飲み比べて好みのジュースが見つけられますよ~!

 

yaita5.jpg 

さっきからひたりきった表情を見せているのは、

今回の演出担当、地元NHK宇都宮放送局の曽我崇史ディレクター。

この時期咲き誇る花と言えば、ツツジですよね~。

 

 yaita6.jpg

中心市街地のJR矢板駅から5分も歩けば、

およそ20種類、5000株のツツジが見られる「長峰公園」にたどり着きます。

見頃は過ぎてしまいましたが、私たちが訪れたときは「オオムラサキツツジ」や

「シロリュウキュウツツジ」が花を咲かせていました。

一面芝生の広場や展望台もあり、春には満開の桜も楽しめて

地元の皆さんの憩いの場になっています。

本当に気持ちのいい公園でした!

 

 yaita7.jpg

こちらはオレンジ色の「レンゲツツジ」。

これから6月下旬には、

八方ヶ原の高原地帯で自生する「レンゲツツジ」が見頃を迎えるんですって。

このツツジには毒が含まれていて、

高原地帯にある牧場の馬たちが食べずにこのツツジだけが残ったそうです。

今回取材には行けませんでしたが、八方ヶ原はこれからがおすすめですよ~!

 

 yaita8.jpg

いたるところでツツジが咲き誇る矢板市のもう一つの顔が、自転車の町です。

市内のコンビニや飲食店など32カ所にこうした「じてんしゃの駅」を設置して、

簡単な修理や休憩ができる自転車愛好家の交流の場を提供しています。

栃木県内では自転車のプロチームが10年前に発足し、

もともと宇都宮市に競輪場もあったことから、

矢板市は山岳コースを利用した練習場として人気だったんです。

今ではプロツアーの大会や市民参加のレースも開催されていて、

自転車を生かしたまち作りに力を入れているんですよ。

 

 yaita9.jpg

忘れちゃ行けないのがこの石碑です。

のど自慢の予選会では必ずと言っていいほど歌われる「あゝ上野駅」を作曲されたのが、

矢板市出身の荒井英一さんなんです。

昭和39年に大ヒットしたこの曲は、

集団就職で上京した経験のある方にとっては心の歌として、

今も歌い継がれてる名曲です。

今回の予選会でももちろん歌われましたよ。

 

それでは、荒井英一さんの故郷・矢板市からののど自慢をご紹介しましょう。

さ~今回のトップバッターは、なんと御年94歳のおばあちゃまでした!

若い頃は土木現場で働いてきたという働き者のおばあちゃま。

朝は4時に起きてテレビで時代劇を見てから草むしりをするのが日課なんですって(笑)。

コマのようにめまぐるしかった人生を、島津亜矢さんの「独楽」に重ねて歌いました。

鮮やかなブルーのブラウスに、ご近所さんが刺繍したコマの柄のロングスカートを着て、

大正12年生まれの年輪を重ねた力強い歌声を披露し拍手喝采でした。

おばあちゃまに続いて、

和服姿の190センチ近い身長のアメリカ人男性が登場し会場が沸きました。

歌ったのは美空ひばりさんの「愛燦燦」。

なんと生放送の翌々日に日本の女性と結婚するんです。

その日は5月15日。

栃木県はいちごの産地ということで、

婚姻届を出す日を15(いち・ご)日にきめたんですって。

それぐらい栃木に馴染んだ彼は、

矢板市の小学校で英語を3年間教えてきた英語の講師なんです。

今回の特別賞に輝いた彼には、ぜひ日本で素敵な家庭を築いてほしいですね~。

放送日の13日は「母の日」ということもあり、

「母としての思い」「母への思い」を歌った歌が多いのど自慢でした。

2歳の男の子と10か月になる女の子の29歳のお母さんは、

これからの人生を前向きに歩んでいってほしいと、

お子さんに向けて絢香さんの「にじいろ」を歌い合格の鐘を鳴らしました。

彼女は両親のような仲のいい夫婦がお手本だと話していて、

実は続いて登場したのが彼女のお母さん!

なんと親子別々に出場を果たしたんです。

娘さんの合格に手を握り合って喜んでいたお母さんは、今年で結婚30周年。

坂本冬美さんの「また君に恋してる」を客席にいるご主人に届ける熱々ぶりでした。

二人の子供の母から、またその母へと歌のバトンがつながれ、

「母の日」にぴったりのシーンでした。

そして今回のチャンピオンに輝いたのは、

島津亜矢さんの「感謝状~母へのメッセージ~」を歌った44歳の女性でした。

23歳から13歳までの4人の子供を育ててきたそうで、

ご自身のお母さんの手助けがなければ

とても4人を育てられなかったとおっしゃっていました。

普段はついつい言い合いをしてしまい、

恥ずかしくてなかなか感謝の気持ちを言えてなかったそうで、

今回ばかりはチャンピオントロフィーを掲げながら「お母さん大好きだよ~~~!」と、

本当に伝えたかった言葉を客席のお母様に届けました。

今回は、父と娘、母と娘の親子のコンビが二組出場。

亡き妻へ、闘病中の父へ、新婚の妻へ、日本舞踊を教えてくれる祖母へ、

「母の日」ではありましたが、様々な家族への愛にあふれたのど自慢になりました。

栃木県・矢板市の皆さん、ありがとうございました~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:11:05 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年05月08日 (火)愛知県 稲沢市


 

1-ina.jpg

わんちゃん、寝っ転がって何をおねだりしてるんでしょうか?(笑)

かわいらしい動きに、ついシャッターを押してしまいました。

 

2-ina.jpg

わんちゃんが遊んでいたのは、ゆったりと流れる木曽川沿いの公園です。

今回は愛知県の北西部にある人口14万の稲沢市(いなざわし)から「たび自慢」です。

木曽川の向こうに山が二つあり、さらに奥には琵琶湖があるんだそうです。

稲沢市は、この山間から「伊吹おろし」とよばれる強い風が吹き下ろす場所として、

有名なんだそうです。

 

3-ina.jpg

取材した日は5月5日の大型連休中。

この日は最高のお天気で、市外から訪れた方が木曽川で楽しむカヌーを

組み立てているところでした。

完成すると、わんちゃんも一緒に乗り込んで出発するんですって。

気持ちよさそうだな~!

 

4-ina.jpg

私が訪れたのは、木曽川沿いに東京ドーム12個分もの敷地を有する

「サリオパーク祖父江(そぶえ)」という広大な公園です。

先ほどのカヌーやウィンドサーフィンなど水上レジャーも盛ん。

写真は「サップ」と呼ばれるサーフボードで、

この上に立って乗って、オールを漕いで楽しむんですって。

このサップに乗って楽しむ水上ヨガも最近ブームだそうですよ。

 

5-ina.jpg

公園の駐車場を見るとものすごい車の数!

大型連休中はこの日までに3万人の人出で賑わったそうです。

お目当ては水のレジャーだけではございません。

 

6-ina.jpg

芝生の上でのバーベキュー!

駐車場の料金は無料だし、

敷地も広大なのでゆったりと楽しめるのがいいですよね~。

まさに地元の憩いの場になっていました。

 

7-ina.jpg

公園内には、川沿いでは珍しい砂丘があるんです! 

バスケットボールのクラブチームの中学生たちが、

砂丘を走って足腰を鍛えていました。

「連休中に大変ですね~」とコーチに声を掛けたら、

「試合前に気合いを入れよう!」と言って連れてきたんですって(笑)。

でも実は試合があるというのは嘘で、

走り込みが終わるとバーベキューを楽しむんだそう。

チームの家族が集まって内緒でバーベキューの準備が進められいるんですって(笑)。

なんて素敵なサプライズでしょう!

 

8-ina.jpg

広大な公園を自転車で走りながら案内をしてくれたのが、

管理をされている伊藤忠さんです。

先ほどご紹介した「伊吹おろし」によって河原の砂が吹き上げられ、

砂丘ができたことを説明してくれました。

10月にはこの砂を利用した砂像のアートを楽しむイベントもあるそうですよ。

真っ黒に日焼けした伊藤さん、

熱中症に気をつけてお仕事頑張ってください!

 

9-ina.jpg

「伊吹おろし」は稲沢市にある特産品を生み出しました。

それが「植木」です! 稲沢市は全国有数の植木の生産地なんです。

強い風から家を守るために、住宅の周りにはたくさんの防風林が植えられていて、

植木の生産は鎌倉時代からの歴史があるそうです。

木曽川が生み出した肥沃な大地は2000種類以上もの植木を育て、

全国各地から「いなざわの植木」を求めてやって来るんですって。

 

10-ina.jpg

取材させて頂いた植木屋さんに、自慢の「赤松」を見せてもらいました。

植木屋さんは全国の山々をめぐりながらいい木を探しては、

稲沢に持ち込んで育てていくんだそう。

この赤松も静岡県焼津の山で見つけたそうです。

この赤松、お値段なんと2500万円!

どんなお庭に植えられるんでしょうね~・・・。

それにしても、地元の自然環境を生かして、

レジャーや特産品を生み出す、

稲沢の知恵に感心した取材になりました。

 

11-ina.jpg

最後に地元に伝わる郷土料理をご紹介しましょう。

「かきませごはん」て言うんですよ。

稲沢市だけでなく愛知県で愛されるお料理だそうで、

ご飯と具をかき回して作ることからこの名前で呼ばれているそうです。

定番の具は鶏肉とゴボウ。

定食屋さんでラーメンと五目飯の「小」を頼んだら、

この「かきませごはん」が出てきました。

「小」どころか、私にとっては「中」でした(笑)。

具だくさんで味もしっかりしていてお腹いっぱい!

 

それでは、稲沢市からののど自慢をご紹介いたします。

今回のトップバッターはこの春中学生になったばかりの12歳の男の子。

小学校の卒業式で歌ったというKiroroの「未来へ」を歌い、いきなり合格!

透き通るようなまっすぐな歌声に会場から拍手喝采。

ゲストの三山ひろしさんと丘みどりさんもその堂々とした歌声に驚いていました。

ゲーム機のカラオケで歌うことに目覚めたんですって(笑)。

ことごとく常識を覆してくれる12歳でした。

 

さらに驚かされたのが、美空ひばりさんの「人生一路」を歌って、

特別賞を受賞した男子高校生。

現在合唱部に所属しているそうで、

「一度決めたら 二度とは変えぬ・・・」と、

力強い詞に合わせて体を揺らしながら歌うその姿に、

「人生一路」という歌への愛情すら感じました。

もともと小学校の隠し芸大会で演歌を披露したのが始まりで、

高校受験の時は「人生一路」を聞きながら勉強し合格を勝ち取ったそうです。

高校に入学してクラスでの自己紹介の時もこの歌を披露したんですって(笑)!

これからもこの歌と一緒に歩んでいってほしいですね~。

 

今回はお祝いに歌をプレゼントする出場者も多かったですね~。

 

今年3月に結婚30周年を迎えた58歳の男性は、

奥さんに向けて小金沢昇司さんの「ありがとう・・・感謝」を、

 

今年卒寿を迎えるおじいちゃんとおばあちゃんに向けて、

浴衣姿のお孫さん4人は絢香さんの「にじいろ」を、

 

そして明日が結婚記念日という48歳の女性は朝4時からヘアーメイクを整え、

ワインカラーのドレスを着て、13年前の結婚式で披露した天童よしみさんの

「珍島物語」を歌いました。

 

そんな中今回チャンピオンに輝いたのは、

音楽大学で声楽を学ぶ大学1年生の女性でした。

歌ったのはNHKのドラマ「坂の上の雲」の主題歌「Stand Alone」。

もっと上手くなりたいと声楽を頑張る原点となった歌だそうで、

「凜として旅立つ 一朶(いちだ)の雲を目指し・・・」という歌詞が、

そのまま彼女の歌う姿と重なりました。

 

人生を重ねていくそばにはやっぱり歌があるんだな~と気付かせてくれる、

そんなのど自慢になりましたね~。

 

愛知県・稲沢市の皆さん、ありがとうございました~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:13 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年05月01日 (火)沖縄県 名護市


 nago1.jpg

耳を澄ますと、おだやか~なさざ波の音が・・・。

いや~信じられないほど透き通った海!

このまま波に体をあずけたくなります。濡れちゃうけどね(笑)。

 

nago2.jpg 

取材に訪れた4月28日に海開きしたばかり!

今回は沖縄本島の北部にある名護市から「たび自慢」。

4月の沖縄って本当にいい季節なんですね~。

寒くもなく暑くもなく、本当に過ごしやすかったです。

 

 nago3.jpg

人口6万2千の名護市。

5年前にも訪れているんですが、移住される方が多く人口が増えているんだそうです。

沖縄空港から車で北へ1時間半くらい。海と山が近く自然と調和した町なんです。

 

 nago4.jpg

名護市のシンボルが、国の天然記念物に指定されているこのガジュマルの木です。

ガジュマルの木を避けるように道路が舗装されていて、

その存在感にあらがえない感じでしたね~。樹齢はなんと300年!

 

 nago5.jpg

枝からさらに気根と呼ばれる根が地面へと伸びていて、ものすごい生命力を感じます。

町の中心市街地に堂々と生えていて、なんだか名護市の守り神のような大きな木でした。

 

 nago6.jpg

こちらは地元の農産物や鮮魚がそろう市営の市場です。

沖縄を実感しに突入!

 

nago7.jpg 

真っ黒な瓶詰めに遭遇しました。中に入っているのはニンニク。

地元の方は黒糖と泡盛にニンニクを漬けて食べるんですって。

風邪の予防にいいそうで、おじぃやおばぁが作ってくれるそうですよ。

 

 nago8.jpg

沖縄特有の「島バナナ」。

長さは10センチほどと小振りで、お菓子感覚でぱくっと食べられちゃいます。

東京で食べてるバナナよりも味は濃厚でクリーミー!

 

 nago9.jpg

そして沖縄に欠かせない豚肉!三枚肉の山積みに驚愕です(笑)。

皮と赤身と脂が揃っているので三枚肉という言い方をするそうで、

煮物汁物炒め物、なんでもごされだそうです。

 

 nago10.jpg

そして沖縄そばのメニューに必ず登場するのが、 豚の骨付き肉「ソーキ」です。

 

 nago11.jpg

甘辛く煮た「ソーキ」を沖縄そばに乗せた「ソーキそば」は名護市が発祥なんだそうです。

「ソーキ」のお肉はホロホロっとすぐにほぐれて食べやすく、

鰹の出汁もきいていておいしっす!

 

それでは名護市からの沖縄の雰囲気たっぷりののど自慢をご紹介しましょう。

今回チャンピオンに輝いたのは、7年前に茨城県から移り住んだ12歳の女の子。

この春中学生になったばかりです。歌ったのは「涙そうそう」。

合格の鐘が鳴ると大粒の涙を流しながら喜んでいました。

海が見える中学校で勉強していて沖縄を楽しんでるそうですよ。

今回の合格者は4組。その中からチャンピオンに選ばれるとさらに大粒の涙。

移り住んだ沖縄で素敵な思い出になってくれたら嬉しいですね~。

今回は本当にキャラクターの濃い出場者が多かった~(笑)。

はち切れんばかりの元気をみせてくれたのが、

ももいろクローバーZの「行くぜっ!怪盗少女」を歌った名護市内の農林高校に通う女子高生3人組。

ももクロばりに飛び跳ねて大騒ぎの歌唱となり、結果・・・鐘は1つ。

地元の農業を担っていくんだと、力強い言葉に名護愛を感じましたね~。

今回はこの元気いっぱいの3人組に特別賞が贈られました。

アフリカ・ウガンダからの留学生も登場。

彼は発生生物学という治療薬に通じる研究をするために沖縄にやってきた大学院生です。

歌ったのは、さだまさしさんの「案山子」。

故郷のお母さんが、「寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る・・・」と

歌詞と同じような言葉をかけてくれるそうです。

ソーキそばが大好きだそうで、沖縄の生活を楽しんでいるようでした。

北島三郎さんの「まつり」を歌った中学2年生の男の子は、

力強い「ソイヤー!」のかけ声とともに会場を盛り上げました。

物心ついた頃から「まつり」を歌ってきて、殿様キングスの「なみだの操」も大好きだそうで、

ギャップのある受け答えに会場は大爆笑でした。

そして会場を幸せの空気に包んだのが、結婚して53年のご夫婦でした。

当時21歳と23歳だったお二人が結婚式で歌った大津美子さんの「ここに幸あり」を披露。

恋愛結婚だったそうで、旦那さんは「惚れられた」といい、

奥さんは「主人の一目惚れです」といい、ずっと手を握りしめて歌ったご夫婦の姿からも、

熱烈な恋愛で結ばれたお二人であることが伝わってきました。

6歳の頃から琉球舞踊に打ち込む29歳の介護福祉士さんは

沖縄出身のミュージシャン、パーシャクラブの「海の彼方」を、

転勤で沖縄に来て10年が経ちその間に3人の娘さんが生まれた42歳の男性は

三線を弾きながらBIGINの「かりゆしの夜」を、

アパレルの仕事をする19歳の女性は名護市に暮らしていた亡きひいおばあちゃんを思いながら

ji ma maの「でいご」を歌い、沖縄のメロディーに満たされたのど自慢になりました。

沖縄県・名護市の皆さん、ありがとうございました~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:19 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年04月25日 (水)愛媛県 愛南町


ainan1.jpg

目を丸くしてむしゃぶりついてます!

のど自慢演出担当・松山放送局の有年(うね)ディレクターの表情が、

そのおいしさを物語ってますね~。

 

ainan2.jpg 

かぶりついたのは、河内晩柑(かわちばんかん)というこの時期最盛期を迎えている柑橘です。

今回は柑橘王国愛媛県の最南端にある、人口2万の愛南町からたび自慢です。

この河内晩柑はとにかくジューシー!皮をむくと本当に果汁がしたたり落ちるんですよ~。

 

ainan3.jpg 

たわわに実った河内晩柑がい~~~っぱい!

地元愛南町では「愛南ゴールド」の名称でブランド化し出荷しているんです。

そもそもは熊本で文旦の突然変異で生まれたこの柑橘は、

40数年前に愛南町に持ち込まれ、愛南の土地にぴったり合い

特産品として育ってきたんですって。

酸味と甘みのバランスが良く、和製グレープフルーツと言われていて、

地元の皆さんは搾ってジュースにするそうですよ。

 

 ainan4.jpg

この愛南町で柑橘を作り続けている原田達也さんです。

6月から7月にかけて、糖度も水分もさらに増してくるそうで、

原田さんのお顔ももっと日焼けしそうですね~。

原田さん、がんばってくださ~~~い!

 

 ainan5.jpg

続いて愛南町全体を眺めることができる展望台に向かいました。・・・・

ただ、なにやら鉄塔が建っているんですがどう展望するのかな?

 

 ainan6.jpg

実は展望室がゆっくり回転しながら昇降するエレベーターだったんです。

海抜260メートルにある「宇和海展望タワー」と言って、タワーの高さは107メートル。

ですから東京タワーよりも高いところから眺めることができるんです。

 

 ainan7.jpg

その絶景がこちら!

全国各地を旅しておりますが、地方でこの高さから景色を眺められる場所はそうありません。

360度見渡すことができるので最高!愛南町の海沿いはリアス式海岸になっていて、

たくさんの内海があり穏やかな海が自慢なんです。

シュノーケリングやシーカヤック、スキューバダイビング、海中散歩が手軽に楽しめる

シーウォーカーなど、ありとあらゆるマリンレジャーが楽しめるんですよ。

 

 ainan8.jpg

その内海を利用して養殖業もとにかく盛ん。真珠、カキ、ヒオウギ貝などの貝類だけでなく、

タイやブリ、さらには写真の丸い生け簀ではマグロの養殖も行われているんですって。

最近は養殖の技術があがり、天然物よりもおいしいという観光客もいらっしゃるんだとか。

 

 ainan9.jpg

てなわけで養殖魚を食べないわけにいかないっすよね~(笑)。

このお刺身は地元で養殖されている「スマ」と呼ばれるカツオの一種だそうです。

背中に縞模様があるカツオで、身は普通のカツオよりもきれいなピンク色ですよね~。

食べてみるとびっくり、とにかくトロットロで、

カツオと言うよりマグロ?と勘違いしてしまうお味でした。

 

 ainan10.jpg

そしてこちらがカツオの丼。ただのカツオじゃございません。

釣った船の上で活け締めし、特殊な氷で冷凍され、なおかつその日のうちに水揚げされた

日帰りガツオなんです! 愛南町は四国でも有数のカツオの水揚げを誇っていて、

カツオの漁場が近いことから鮮度抜群のカツオが食べられる場所なんです。

愛南町の豊かさに驚くばかりでした!

 

さ~そんな海の幸が豊富な愛南町ののど自慢は、

海と関わる出場者が本当に多かったですね~。

まず番組に勢いをつくってくれたのは、

TOKIOの「宙船(そらふね)」を伸びのある歌声で歌った、

商船高等専門学校で船の操縦をする航海士を志す18歳の青年でした。

商船高専は全国に5つあるそうで、その一つが愛媛県にあるんですって。

秋には帆船日本丸に乗ってハワイまで5ヶ月間の航海に出るそうで、

彼の夢と「宙船」の歌詞がばっちり重なっていました。

さらには、愛南町の海の幸を軽トラに乗って行商する68歳の女性は、

大きな大漁旗を振って山口ひろみさんの「知床番屋」を歌いました。

地元久良漁協でブリの養殖に携わる56歳の男性は、

福田こうへいさんの「母ちゃんの浜唄」で合格の鐘を鳴らします。

まさに愛南町の海で漁師をする72歳の男性も登場。

「酒は熱かん 佐田岬~ 肴はきんめの 一夜干し~ あとは何にも 要らんぞな~~・・・」と、

漁師さんならではの味のある歌声で鳥羽一郎さんの「海峡の春」を歌いました。

今の時期はキビナゴやウルメイワシなどを捕っているそうで、

ぜひ愛南町の魚を自慢してもらおうと思ったのですが、

本番のインタビューではスーパーで買った京都産の子持ちイワシのおいしさを自慢しだし、

フライパンで味塩を振って焼いて食べると抜群と、ず~っと京都産イワシの話ばっかり(笑)。

あとで聞いたら、愛南町の魚は食べ尽くして、最近スーパーで買った京都産のイワシが

本当においしくて語らずにはいられなかったんですって(笑)。

漁師さんの自由奔放さに戸惑いましたが、憎めないその人柄に会場全体が沸きましたね~。

さらに会場を沸かせたのは、地元愛南町役場に勤める30歳の男性でした。

歌ったのは三山ひろしさんの「四万十川」。

大変失礼ながら歌声はちょっと横に置いておいて(笑)、なんと言ってもそのお顔立ちが

本当に三山さんそっくりだったんです。紺の着流しに帯にはけん玉も携えていて、

ステージではゲストの天童よしみさんと竹島宏と並んで座っていたので、

今週はゲストが3人?!と見間違うほど似ていました。

三山ひろしさんが紅白歌合戦に出場するようになって、

同僚から「テレビに出てたね~」とはやし立てられ、

最近三山さんの歌を練習するようになったんですって(笑)。

普段は企画財政課でふるさと納税の仕事をしているそうで、

今の時期は旬の「愛南ゴールド」が返礼品として送られることをPRし、

役場職員としての仕事もしっかり忘れていませんでしたよ。

それにしても、本当にキャラクターの濃い方が多かったですね~(笑)。

海の幸と同様、本当に活きのいいというか活気にあふれた出場者ばかりで、

笑いが絶えないのど自慢になりました。

愛媛県・愛南町のみなさん、ありがとうございました~~~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:10:56 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年04月18日 (水)千葉県 勝浦市


 katsuura1.jpg

醤油ベースのスープの表面が真っ赤なラー油で覆い尽くすされた、

これが「勝浦タンタンメン」だ~!

ここ10年くらいで知名度が高くなりましたが、

元々は漁師さんの冷えた体を温めるために作られ始めたラーメンで、

挽肉とざく切りのタマネギがふんだんに入った汗が噴き出るラーメンです。

今回は9つもの漁港がある全国有数の港町、

人口1万8000の千葉県勝浦市から「たび自慢」しましょう!

 

katsuura2.jpg 

訪れた勝浦漁港には全国から漁船がやってきます。

この日も寄港していた高知の船が太平洋に向けてしゅっぱ~つ!

勝浦にやってくる漁船が今追い求めているのは・・・

 

katsuura3.jpg 

プリップリの初ガツオ!

勝浦は初ガツオの水揚げが全国一とも言われるほどの水揚げを誇り、

2月~6月はカツオづくしです。

 

 katsuura4.jpg

カツオを求めて商店街を「勝ブラ(勝浦でブラブラの略ですよ)」してきました~。

勝浦に来たらまずは朝市に行くべし!

朝6時から開かれている朝市は400年の歴史があると言われていて、

軒を連ねる70店舗もの露店には地元の海産物や農産物がい~っぱい。

取材した日は土曜日とあって地元の皆さんや観光客で大賑わいでした。

 

katsuura5.jpg 

もちろんカツオの刺身は食べられますが、

勝浦には様々なカツオの食文化が根付いています。

いろんな薄さに削られたカツオ節は、出汁を取るには最高ですよね~。

 

katsuura6.jpg 

家庭の味として定番なのが「カツオの角煮」。

甘辛く味付けされた角煮はご飯のお供に。

 

katsuura7.jpg 

最近売り出し中なのが「カツオのフライ」。

肉厚で食べ応えがありますがさっぱりとしたお味でパクパク食べられちゃいます。

年中カツオを楽しめるようにと、冷凍したカツオをフライにして

地元のお祭りやイベントで販売しているそうです。まさにカツオの七変化ですね!

 

katsuura8.jpg 

全国からやってくるカツオ漁師の女神をご紹介しましょう。

商店街の一角で喫茶店を営む池田素子さんです。

以前「お~い日本」という中継番組で房総半島の海の幸をご紹介したことがあり、

その時ご出演頂いた池田さんと10年ぶりの再会!

 

 katsuura9.jpg

女神たるゆえんは、お店の中にあるこの神棚です。

ふらっと訪れた漁師さんがこの神棚に大漁を願ってお参りしたら大当たり!

それが口コミで広がり、多くの漁師さんが訪れるようになったんです。

 

katsuura10.jpg

大漁を報告に来た全国の漁師さんたちが書いたペナントです。

和歌山、高知、三重、宮崎、静岡・・・、いや~すごいですよね~。

何よりも池田さんの明るいお人柄が、

漁師さんたちに幸運をもたらしている気がします。

港町の活気って、漁師の皆さんを送り出す女性の元気の良さがあってこそ。

池田さん、いつまでもお元気で~~~!

 

そんな勝浦市からののど自慢は、まさに活気あふれる歌声が響き渡りました。

トップバッターは「宇宙戦艦ヤマト」で勇ましい歌声を披露した製鉄所で働く19歳の男性。

最近あまり見かけなくなりましたが、見事なリーゼントヘアーで登場。

昔は菅原文太さんに憧れて角刈りにしていたそうですが、

社会人になったらパーマをかけてリーゼントにしようと決めていたそうです。

歌い終えて緊張がほぐれると、歌声を聞いてほしかった亡きおばあちゃんへの

愛情あふれる優しい笑顔に戻り、勝浦の男の優しさを垣間見せてくれました。

勝浦の海でアワビやサザエを捕る海人(あま)の仕事をする21歳の男性は、

清水翔太さんのバラード「花束のかわりにメロディーを」を歌いました。

歌い終えて海の幸の自慢をしてもらおうと思ったら、

貝類はあんまり食べないんですって(笑)。

大好きなのは「勝浦タンタンメン」という意外な言葉が返ってきて会場は大爆笑。

素直さも勝浦の男性の魅力ですね。

勝浦のお年寄りのことを考えて、聞きなじみのある沢田研二さんの

「勝手にしやがれ」を選曲し歌った中学3年生もいました。

勝浦市に1つだけある中学校に通っていて、

全校生徒は297人にまで減ってしまったそうです。

吹奏楽部でパーカッションを担当していて、地元で開く演奏会で

昭和の歌謡曲を演奏し地元のお年寄りを楽しませているという心優しき14歳でした。

今回は中学生が3人、高校生が2人と若い力もしっかり勝浦ののど自慢を盛り上げてくれました。

チャンピオンに輝いたのは、秦基博さんの「ひまわりの約束」を歌った学ラン姿の高校3年生。

彼の夢は小学生の頃から親しんできたミュージカルの俳優です。

合格の鐘が鳴ると目に涙をいっぱい溜めて大喜び。

一方で特別賞に輝いたのは、三船和子さんの「人生渡し船」を情感たっぷりに

歌った90歳のお婆ちゃまでした。大好きな食べ物は肉とニンニク!

でも、三度の飯より好きなのが歌うことなんですって。

ついこのあいだまで小学生だった12歳から90歳までと、

様々な世代の出場者の歌声が響き渡る楽しい楽しいのど自慢になりました。

千葉県・勝浦市の皆さん、ありがとうございました~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:11:59 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年04月11日 (水)山形県 鶴岡市


 

1turu.jpg

 

今回は素敵な素敵な「庄内弁当」をまずはご紹介しましょう。

山形県の日本海に面した米所の庄内地方は、

「食の都」と呼ばれるほど食材の宝庫。

庄内地方から放流され育った鮭「めじか」で巻いた巻き寿司が

品のいいお味でおいしかった~~!

山形産の「つや姫」を酢飯にし

庄内地方の南部にある鶴岡市特産の

「だだちゃ豆」が混ぜてあり、食べ応え十分。

今回このお弁当を持ってめぐったのは

東北地方一の面積を誇る人口13万の鶴岡市です!

 

 

2turu.jpg

 

取材中の車の中はまるでピクニックに行く気分で、鶴岡の話に花が咲きました。

同行してくれたのは、なんと外国の方だったんですよ~。

鶴岡市は「だだちゃ豆」や「孟宗筍(もうそうだけ)」「温海(あつみ)カブ」など

在来の作物が50~60種類もあり独自の食文化が根ざしていて

日本で唯一「ユネスコ食文化創造都市」に認定されているんです。

その食文化を推進・PRする仕事を担っているのが

ハンガリー出身で鶴岡市職員のジャネット・ラースローさん(左)。

そして鶴岡の食文化に魅せられて国際交流員として

フランスからやってきたのが、ミヨ・サラさん(後部座席の左)。

二人とも日本語が上手でびっくり!

後部座席でミヨさんの隣に座っているのが、

地元山形放送局に赴任して丸1年経った、広島県出身の中原真吾アナウンサー。

一人前のアナウンサーになるために、日々頑張ってる若手の有望株です!

 

 

3turu.jpg

 

まず取材で向かったのは、

昭和5年から88年の歴史を刻む「加茂水族館」です。

この水族館は世界でも有数のクラゲの水族館で、

世界から集められた50種類ものクラゲを見ることができるんです。

圧巻だったのは高さ5メートルの巨大水槽に漂う3000匹のミズクラゲ!

じっ~と眺めてると、なんだか自分が浮いているような気分になります(笑)

 

 

4turu.jpg

 

この水族館が有名になったきっかけとなったのが

このクラゲ!

2008年にノーベル賞を受賞した下村脩さんが

その後の医学研究につながる

緑色発光タンパク質を発見したのが

この「オワンクラゲ」なんです。

このクラゲのおかげで

経営危機にあえいでいた水族館は息を吹き返し

今では超人気のクラゲ水族館となったんですよ~。

 

 

5turu.jpg

 

この日は

世界的にも有名な自然科学雑誌のカメラマン・デイビットさんが

貴重なクラゲの写真を撮りに来ていました。

その様子を興味深そうに見るジャネットさんとミヨさん・・・。

ここって鶴岡市?って思うほどインタ~ナ~ショナル!

 

 

6turu.jpg

 

加茂水族館はクラゲだけではありませんよ~。

かわいらしいアシカやアザラシともふれ合うことができるんです。

中原アナ、いい表情だね~。

・・・やっぱりここは日本だね~(笑)

 

 

7turu.jpg

 

続いて向かったのは~・・・

大きな鳥居が見えてまいりました。

この鳥居の先は神聖な場所。

鶴岡市と言えば

修験道の霊場として知られる「出羽三山」が有名ですよね。

月山、羽黒山、湯殿山の三つの山が

「出羽三山」として1400年にわたって信仰され

今も山伏の修行が行われています。

私たちが向かったのは羽黒山の麓にある「出羽三山神社」です。

 

 

8turu.jpg

神社にたどり着くといきなり山伏の登場!

実はこの方、山伏であり権禰宜の中野さん。

今回境内を案内していただきました。

登場するなりホラ貝を吹いてやってきてんですよ!

山伏はこうしたホラ貝を首から提げ

何かあったときはホラ貝を吹いて

連絡を取り合っていたんですって。

9turu.jpg

こちらが国宝に指定されている五重塔。

塔のまわりには樹齢が1000年もある木もあり

木々に囲まれた中にそびえる塔を見上げると

自分のちっぽけさを痛感させられます。

この五重塔にたどり着くまでは雪道で

20分ほど足場の悪い中を歩いてきました。修行だ~~~!

この先には

荘厳な茅葺きの建物

「三神合祭殿(さんじんごうさいでん)」があり

たどり着くまで2400段以上もの階段を

上らないといけないんですって!・・・修行だ~~~~!

取材時間がないので行けませんでした。

言い訳じゃないっすよ(笑)。

10turu.jpg

最後はみんなで記念撮影。

左からご紹介しましょう。

フランス出身のミヨさん、

広島県出身の中原アナ

ハンガリー出身のジャネットさん

愛媛県出身の今回演出担当・長野ディレクター

そして北海道出身の権禰宜・中野さん。

いや~、それぞれ鶴岡に引き寄せられてこうして出会えたことは奇跡!

出羽三山に感謝です!

それでは、鶴岡市でののど自慢をご紹介しましょう。

今回は6組の合格者が誕生し

久しぶりにたくさんの鐘が鳴り響く華々しい回になりました。

しかも、鶴岡愛にあふれた出場者が本当に多かったですね~。

鶴岡市には、田麦俣(たむぎまた)という茅葺きの家屋が残る有名な村があり

そこで見習い中の茅葺き職人さんが二人出場しました。

実はこの二人、27歳のお兄さんと26歳の妹さんの兄妹で

お兄さんは「島人ぬ宝」、妹さんは「TOMORROW」をそれぞれ歌いました。

二人の実家がまさに茅葺きの家で

今では茅葺き職人と言えるのは

お父さんただ一人になってしまったそうです。

その父の姿を見て育った二人は

茅葺きのある故郷の風景を守りたいと職人の道を選んだそうです。

しかも妹さんは、熊や猿からの獣害から村を守るためにマタギの資格まで

取ったんだそうです。

妹さんは海外旅行で日焼けして茶髪のロン毛姿の今時系なので

マタギって言われてびっくりでした(笑)。

立派な茅葺き職人となって、鶴岡の風景を守ってほしいですね~。

地元のJR鶴岡駅前で毎週路上ライブをしているという新聞社に勤める

26歳の男性もいました。

ライブで歌うと必ず盛り上がるという星野源さんの「SUN」を歌い見事合格。

彼は歌が鶴岡を元気にするんだという信念の元

雨の日も雪の日も路上ライブを8年も続けているんだそうです。

毎年8月には音楽仲間を集めて駅前で音楽イベントを開くそうで

夏はさらに鶴岡愛が爆発しそうですね!

福岡県出身ながら、鶴岡の食文化に魅せられ移住した52歳の女性もいました。

松田聖子さんの「瑠璃色の地球」をしっとりと歌ったこの女性は

調理師であり食育インストラクターでもあるんですが

鶴岡市のフードガイドという資格も取って食文化の大切さを伝えている方でした。

冒頭で鶴岡在来の作物が数多くあることを書きましたが

その理由を彼女が番組の中で教えてくれました。

その昔、全国から出羽三山に修行にやってくる人たちが鶴岡に泊まる際

それぞれの故郷の作物の種をお礼に渡していたそうです。

その種が鶴岡で蒔かれ

厳しい冬を越し雪の中から芽を出すことができた種だけが受け継がれ

鶴岡ならではの作物として育まれてきたそうです。

まさに素敵な日本むかし話でした。

今回ののど自慢は、

鶴岡の魅力を伝える歌声がたくさん響き渡りましたね~。

 

山形県・鶴岡市の皆さん、ありがとうございました~~~~!

 

 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:43 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS