※NHKサイトを離れます

認知症予防運動プログラム

認知症の危険性は運動で下げることが期待できます。そのために国立長寿医療研究センターが開発したのが「認知症予防運動プログラム」です。動画を参考にぜひみなさんも試してみてください。

つま先立ち

認知症のリスクは運動で下げることができます。それが、認知症予防運動プログラムです。今回は家の中でいつでも簡単にできる「つま先立ち」運動です。

安定したものにつかまってください。足は肩幅程度に広げ、つま先立ちになります。
テンポは「1・2・3・4」でかかとを上げ、「5・6・7・8」で下ります。
これによってふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。できるだけかかとは高く上げるようにしてみてください。

そして、運動に加えて大事なのが、頭を使うこと。2つのことを同時に行ってみましょう。

例えば、「曜日引き算」です。前日の曜日を唱えます。火曜日→月曜日→日曜日→土曜日……。

頭を使うと体の動きが混乱します。この2つを同時に行うことで脳のトレーニングになります。これが、脳の委縮を防ぐと考えられています。

今度は2日前の曜日を唱えていきましょう。火曜日→日曜日→金曜日→水曜日……。間違えても運動は続けましょう。

認知症予防運動プログラム ①

認知症予防運動プログラム ②

認知症予防運動プログラム ③

認知症予防運動プログラム ④

認知症予防運動プログラム ⑤

認知症予防運動プログラム 5分まとめ版

散歩・通勤~ウォーキング

階段上がり

つま先立ち

掃除



※NHKサイトを離れます