※NHKサイトを離れます

社会(地域)

認知症のサポーターになろう!

認知症のサポーターになろう!認知症サポーターとは、認知症について正しい理解をして地域や職場で認知症の人を支援するボランティア。各地域の自治体や地域包括支援センターで主催されている養成講座を受けると誰でもなることができます。地域住民だけではなく警察・消防・銀行・郵便局・スーパーなど様々な職域で増えており現在ではなんと約600万人も!小中学生や高校生のサポーターも増えてきています。活動内容は「認知症について正しい知識を周囲に伝える」「認知症で困っている人がいたら手伝う」ことをはじめとしています。講座を受けたい方は市町村の介護保険の窓口や地域包括支援センターなどにお問い合わせください。

認知症になっても働く

広がる地域の集い〜認知症カフェと交流会

成年後見人とは…

車の運転は出来るの?

認知症のサポーターになろう!

もし町で出会ったら?

住み慣れた場所で暮らし続ける

認知症とともに生きる社会

認知症の人の声をいかした町づくり



※NHKサイトを離れます