※NHKサイトを離れます

社会(地域)

成年後見人とは…

認知症など判断能力が十分にない人のお金の管理や契約を代わって行う人を成年後見人と言います。後見人には、家庭裁判所が選任した家族や親族・弁護士・司法書士・社会福祉士などがなり成年後見人が同席していないときに契約をした場合、取り消しができる権限などを持っています。気になる報酬ですが弁護士・司法書士などの専門職には後見報酬が支払われ、その額は家庭裁判所が認知症ご本人の財産を見た上で決定します。また後見人が行った財産の管理や契約の内容については定期的に家庭裁判所に報告する義務があるのでしっかりチェックされています。成年後見制度については、家庭裁判所、市町村、地域包括支援センターへ。

認知症になっても働く

広がる地域の集い〜認知症カフェと交流会

成年後見人とは…

車の運転は出来るの?

認知症のサポーターになろう!

もし町で出会ったら?

住み慣れた場所で暮らし続ける

認知症とともに生きる社会

認知症の人の声をいかした町づくり



※NHKサイトを離れます