※NHKサイトを離れます

認知症のイロハ

思い出を今にいかす「回想法」

昔使った道具などで記憶をよみがえらせ、脳を活性化する「回想法」。ポイントは、見る・聞く・触るといった五感を刺激することです。昔を思い出すことで自信を取り戻し、前向きになるといいます。

認知症の専門家も「回想法」の効果に注目しています。
回想法は毎週1回程度、継続することが大事です。3カ月程度継続すると、認知機能の改善が図られます。仲のよい人の30分会話をしながら行う回想法が、認知症予防の一つの手段として可能性があると言えます。

回想法は映像を使っても行えます。
NHK回想法ホームページ
http://www.nhk.or.jp/archives/kaisou/

250 を越える番組が年代や種類ごとにまとめられています。道具や映像を使った回想法、皆さんも一度試してみてください。

認知症とは

認知症かな?と思ったら

認知症かどうか調べたいとき

認知症になった本人が思っていること

思い出を今にいかす「回想法」



※NHKサイトを離れます