※NHKサイトを離れます
トップに戻る

自分のこととして、考える!

日本ではいま、高齢化が進むにつれ認知症の人が増えており、2025年には(65歳以上の高齢者の5人に1人にあたる)700万人に達するという推計が出ています。

NHKでは「認知症キャンペーン」を展開し、認知症の人自身や介護する人たちの助けとなり、認知症に対する正しい理解を促す情報を、番組やホームページなどで発信していきます。

テーマは、「認知症は、ひと事ではない。自分のこととして考えよう」。

認知症を予防するには、日ごろ何を心がければよいのか。
認知症と診断された後も、自分らしく充実した生活を送るためにはどうしたらよいのか。
家族や友人が認知症になった時に、どのように接し、どんな介護をすればよいのか。
そして社会全体で、認知症について考え、取り組むためには、何ができるのか。
一人一人のちょっとした意識が、高齢化の進むこれからの日本を豊かなものにする最大の力になるのです。



※NHKサイトを離れます