ページの本文へ

にいがたWEBリポート

  1. NHK新潟
  2. にいがたWEBリポート
  3. 『上中下越に佐渡(さぁ~ど~)ぞ!』新潟 妙高市

『上中下越に佐渡(さぁ~ど~)ぞ!』新潟 妙高市

  • 2022年11月01日

妙高市

新潟県にある37の市区町村の魅力をお届けする『上中下越に佐渡(さぁ~ど~)ぞ!』。第22回は妙高市です。妙高市と言えばなんと言っても日本百名山にも選ばれている妙高山や火打山! バラエティに富んだコースを持つ数々のスキー場! そして「とん汁ラーメン」。寒さの厳しい冬でもこれを食べれば体がポカポカ。一度食べたらやみつきの味です。

妙高市には平成の名水100選に選ばれた「宇棚の清水」や日本の滝百選の一つで「地震滝」の別名で知られる「苗名滝」などもあって自然の魅力にあふれています。

妙高高原ビジターセンター

「雪のトンネル」を抜けるとそこは展示室…

放送では妙高高原ビジターセンターを紹介しました(上の動画を是非ご覧ください)。展示室には模型や標本だけでなく大画面のプロジェクションマッピングなど体感型の展示が多くて驚きました。ここで得た知識や情報を手に、自然の中に飛び出したくなりますね!

人気のラウンジ

居心地のよい空間に人が集まる

展示室から続くラウンジは広くて天井も高く、暖かな暖炉も備えられています。そして、大きな窓から見える妙高の大自然! 窓際のソファでくつろいでゆったりとした時間を過ごしたいですね。
(放送当日、私たちはそんな余裕はありませんでした。残念。)

ラウンジにはカフェも併設されています。そこでみかけた「妙高発酵ジェラート」。ちょっと変わっているのはそのフレーバーです。「かんずり」「みそ」「コーヒー」「あまざけ」の4種類。放送で頂いたのは「かんずり」。「かんずり」の風味はしっかりいきているのに甘みが強くてくせになります!

想定超える10万人!

妙高高原ビジターセンターは2022年4月にリニューアルされて以来、5か月で10万人もの人が訪れました。施設側の想定を大きく超える人数です。

館長 松井茂さん
大きな窓から妙高山の自然のすばらしさを味わいながらゆっくりできるラウンジスペースが人気です。すばらしい自然を見て楽しんだ後は、実際に体験する入り口になる施設でありたいです。

外に出ると…

ビジターセンターから外に出ると…大泊力の妙高山! 見渡す限りの大自然で心も癒されます。山の中腹からだんだんと色づき始め、紅葉が始まっていました。10月末~11月初旬にかけて見ごろを迎えるそうです。放送当日は見られませんでしたが風のない日には妙高山の姿がいもり池に映し出され、「逆さ妙高」を見られることも!

妙高の大自然 ✖ ヨガ

ここでは様々なアクティビティも体験できます。今回、ご登場いただいたのはヨガインストラクターの佐野エリさん。妙高の自然に囲まれて心も体もリラックス。時には標高1500mまでゴンドラで移動し、山頂から絶景を眺めながらヨガをする、なんてイベントもあるそうです!

佐野エリさん
ここは朝、昼、夕方で景色が変わるのも魅力です。そうした景色と自然のフィールドを楽しみながらヨガができます。

見て、そして体験して、妙高の大自然を楽しむ。
魅力いっぱいの妙高市にみなさまもぜひ、さあどーぞ!

ページトップに戻る