産地の晩ごはん

2020年10月14日 (水)産地の晩ごはん ~「やわ肌ねぎ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 10月14日放送)


sanchi_201014.jpgなめらかできめ細かい白さが特徴のやわ肌ねぎ。県内では下越の砂丘地を中心に生産されていますが、今、新しい産地として名乗りを上げているのが十日町です。寒暖差の大きい十日町で、栄養分を蓄えやすい土で育てられたやわ肌ねぎは、とにかく甘いのが特徴なんだとか!
今回は、そんなやわ肌ねぎを使った、手軽に作れる簡単レシピをご紹介します!

 

◆ねぎと鶏肉の塩いため(4人分)
《材料》
・やわ肌ねぎ 2~3本(200g) ・しょうが 1かけ ・お好みのきのこ 50g
・鶏むね肉 300g ・塩 小さじ1 ・サラダ油 大さじ1
・酒 大さじ2 ・塩こしょう 少々

【作り方】
① ねぎは斜め2㎝幅に切る。きのこは石づきや根元を除き、食べやすい大きさに。
しょうがは皮をむいて細く切っておく。
② 鶏むね肉を一口大に切って塩で軽くもみ、10分置く。
③ 下味をつけた鶏むね肉を中火で炒め、両面に焼き目がついたら酒を回し入れ、ねぎ・しょうが・きのこを加えて炒め合わせる。
④ 塩こしょうで味を調えたら、出来上がり!

★炒めるのでねぎの緑色の葉の部分も使えます。
★ねぎは加熱しすぎると歯ごたえがなくなってしまうので、短時間で炒め合わせましょう!


◆ねぎみそ(4人分)
《材料》
・やわ肌ねぎ 2~3本(200g) ・削り節 5g ・サラダ油 大さじ1
(A)〔・みそ 150g ・みりん 大さじ3 ・酒 大さじ3 ・砂糖 大さじ2 
・しょうゆ 小さじ2 ・水 100ml〕

【作り方】
① ねぎは4つ割りにして、繊維を断つように粗くみじん切りに。
② ねぎを中火で炒め、量が1/3ほどになったら、混ぜておいた(A)を加えて煮詰める。
③ 水分が飛んでポタっとしたら、削り節を加えれば、完成!

★ねぎの繊維を断つように薄く切ると、加熱後すぐにやわらかくなり、みそともなじみやすくなりますよ!
★空気が入らないように密封して冷蔵庫に入れておけば、1か月ほど保存できます。

(食べ方)
◆ねぎみそ焼きおにぎり
軽く握ったおにぎりにまんべんなくねぎみそを塗り、こんがりと焼き目がつくまでグリルで焼けば完成!

◆ねぎみそのおみそ汁
お好みできざんだねぎを入れて、ねぎみそ大さじ1に200ml程度のお湯を注げば、あっという間に出来上がり!

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年09月16日 (水)産地の晩ごはん ~「かぼちゃ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 9月16日放送)


sanchi_200916.jpg

1株に1つだけという、特別な栽培方法で作る厳選された「かぼちゃ」。
でんぷん量が多いため実が柔らかく、さらにおよそ1か月かけて追熟をするため、糖度が高いのが特徴です。
今回は、その「かぼちゃ」の甘さと柔らかさを生かしたレシピをご紹介します。

 

◆かぼちゃと梅のドレッシングサラダ(4人分)
《材料》
かぼちゃ 1/4コ  水菜 1/2ワ  梅干し(大) 3コ  ごま油 大さじ4
ポン酢しょうゆ 大さじ2  いりごま(白) 適量

【作り方】
① かぼちゃは厚さ8ミリに切って、5センチ幅に切る。
水菜は、3センチ幅に切っておく。
② かぼちゃを耐熱皿に入れ、水を回しかけ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)に2分ほどかける。(加熱が足りなければ、様子を見ながら30秒ずつ加熱)
③ たたいてペースト状にしておいた梅干しに、ごま油、ポン酢しょうゆ、いりごま(白)を入れてよく混ぜドレッシングを作る。
④ 器に、かぼちゃと水菜をさっとあえてドレッシングをかければ、出来上がり!

★電子レンジを使う時は、水を入れると乾燥しにくくなります!
★かぼちゃは、下の方から切ると力をかけずに切りやすいですよ!


◆かぼちゃとらっきょうの豚バラ炒め(4人分)
《材料》
かぼちゃ 1/2コ  豚バラ肉(薄切り) 200g  らっきょう 100g
サラダ油 大さじ2  酒 大さじ2  塩こしょう 少々

【作り方】
① かぼちゃは厚さ8ミリに切って、5センチ幅に切る。
豚バラ肉は長さ3センチに、らっきょうは縦に3ミリに切っておく。
② フライパンにサラダ油を入れて熱し、かぼちゃを重ならないように並べて入れ蓋をして2分蒸し焼きにし、裏返してさらに2分蒸します。
③ 先ほどのフライパンに豚肉を入れ、ほぐしながら炒め豚肉の色が変わったら、酒を入れる。
④ 肉の赤みが無くなったら、らっきょうを入れて炒め、塩こしょうで味を調えれば完成!

★豚バラのうまみをかぼちゃが吸ってくれます!
★具材の大きさを合わせることで、一体感が出ます!


◆かぼちゃとさけのクリーム煮(4人分)
《材料》
かぼちゃ 1/4コ  生ざけ(切り身) 4切れ(400g)  ねぎ(太め) 1本
グリンピース 適量  サラダ油 小さじ4  酒 大さじ1  水 120ml  牛乳 120ml
顆粒(かりゅう)コンソメのもと 大さじ1  生クリーム 120ml  塩こしょう 少々

【作り方】
① かぼちゃは厚さ8ミリに切り、5センチ幅に切ります。さけは、3等分のそぎ切りにし酒をふり、両面中火で2分焼いておく。
② 鍋にサラダ油を熱し、かぼちゃと長さ2センチに切った、ねぎを加えてサラダ油が回ったら水、牛乳、顆粒(かりゅう)コンソメのもとを加えて中火で沸騰直前まで煮る。
③ 沸騰したら弱火にし、蓋をして7分煮る。
④ さけと生クリームを加えて、さらに5分蓋をして煮たら、塩こしょうで味を調え、彩りにグリンピースを添えましょう!

★乳製品で煮ることで、かぼちゃの口当たりがよりなめらかになります!

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年08月24日 (月)産地の晩ごはん ~「きくらげ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 8月19日放送)


sanchi_200819.jpg

豊富な水を使って育てられた長岡産のきくらげは、肉厚でぷりぷりの食感が特徴です。国産のきくらげは非常に少なく、国内自給率は6.6%ほど。さらに長岡では、今年から珍しい白いきくらげの生産も始まりました。
低カロリーで食物繊維やビタミンDなどの栄養素が豊富なきくらげ。今回は、そんなきくらげを使った夏にピッタリなレシピをご紹介します!


◆きくらげの夏野菜のおひたし(4人分)
《材料》
・生きくらげ200g ・オクラ 10本 ・モロヘイヤ 100g
〔・昆布(10cm)1枚 ・削り節 適量 ・塩 小さじ1 ・しょうゆ 大さじ2 ・みりん 大さじ2〕
※和風だしの材料 

【作り方】
① きくらげとオクラは、サッと洗って食べやすい大きさに切る。
② オクラ・モロヘイヤ・きくらげを、沸騰したお湯でそれぞれ1分半ほどゆでる。
③ 鍋に昆布と水を入れて火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出したら、削り節を入れてだしをとる。塩としょうゆで少し濃いめに味付けする。
④ だしが冷めたら具材と混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やせば出来上がり! 

★きくらげはぷりぷりした食感を残すため、短時間でゆでましょう!
★冷やして食べるので、味付けは濃いめがおすすめ。

◆白いきくらげのサラダ(4人分)
《材料》
・白い生きくらげ 200g ・春雨(乾) 50g ・きゅうり 2本 ・かにかまぼこ 12コ
〔・穀物酢 大さじ5 ・すりごま(白) 大さじ3・マヨネーズ 大さじ3
・オリーブ油 大さじ2 ・オリゴ糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1 ・ごま油 大さじ1 ・にんにく 1片・塩こしょう 適量〕
※ドレッシングの材料 

【作り方】
① 白いきくらげは細く切って1分半ほどゆでる。
② きゅうり・かにかまぼこも、すべて細切りにする。
③ 春雨は表示時間の通りゆで、流水で冷ましザルにあげておく。
④ ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、
下ごしらえした具材とドレッシングをザックリと和えれば、出来上がり! 

★白いきくらげも食感を生かすため短時間でゆでます。
★きくらげと春雨でヘルシーに仕上がります! 

◆きくらげとえびの炒め物(4人分)
《材料》
・生きくらげ 200g ・レタス 100g ・えび 10尾
・塩 2 つまみ ・酒 大さじ2 ・しょうが(千切り) 大さじ1 ・サラダ油 大さじ1
・中国風調味料 適量 ・ごま油 小さじ1 ・水溶きかたくり粉 小さじ1 ・水 大さじ1

【作り方】
① きくらげは食べやすい大きさに切っておく。
② 熱したフライパンで、みじん切りにしたしょうがを炒める。
香りが立ったら、塩と酒で下ごしらえしたえびを炒めていく。
③ えびの色が変わったらきくらげを入れ、中~強火で1分ほど炒める。
④ 調味料を入れて味を調えたらレタスを加え、水溶きかたくり粉を入れてとろみをつける。
⑤ 最後にごま油を回し入れれば、完成! 

★きくらげは炒めるときも短時間で調理しましょう! 

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:13:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年07月22日 (水)産地の晩ごはん ~「丸えんぴつなす」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 7月22日放送)


sanchi_200722.jpg

上越地域でしか作られていない、幻の丸えんぴつなす。
アクが少ないため時間が経っても色がきれいで、水にさらさずに調理が出来るのでおすすめです。今回は、丸えんぴつなすの柔らかさと甘さを生かしたレシピをご紹介します。


◆丸えんぴつなすの蒸し焼き(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:2コ(400g) ・サラダ油:大さじ4~

【作り方】
① なすを縦半分に切る
② 油を引いて、両面に焼き色がつくまで焼く
③ 焼き色がついたら、蓋をしておよそ5分間、弱火~中火で蒸し焼きにする
④ 切り口が、透明になってきたら出来あがり!

★丸えんぴつなすは、皮も柔らかいのでそのまま蒸し焼きがオススメ!
★アクが少ないので、水にさらさず簡単に調理ができます!


◆丸えんぴつなすとツナのサラダ(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:2コ(400g) ・たまねぎ:50g ・ミニトマト:5~6コ 
・ツナ(缶詰/油づけ/小):1缶(70g) ・レモン汁:小さじ2 ・しょうゆ:小さじ2

【作り方】
① なすは皮をむき、繊維に沿って5ミリほどの厚さに縦に薄く切る
② 沸騰したお湯に30秒ほどさっと通す
③ お湯に通したなすを引き上げ、冷水に入れて冷やす
④ 手で触れる熱さになったら、手でしっかり水気を絞る
⑤ たまねぎは薄切り、ミニトマトは四つ割りにする
⑥ ボウルにツナ缶とレモン汁としょうゆを入れドレッシングを作る
⑦ ドレッシングと、なすとたまねぎ、トマトを加え混ぜ合わせて完成!

★繊維に沿って切ることで歯ごたえがよくなるのでオススメ!


◆丸えんぴつなすとひき肉のラザニア風(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:1コ(200g) ・合いびき肉:200g ・にんにく:1かけ ・たまねぎ:50g 
・トマトケチャップ:大さじ1 ・ウスターソース:大さじ2 ・ピザ用チーズ:100g 
・サラダ油:大さじ1~2
【ホワイトソース】・牛乳:300g ・薄力粉:大さじ2 ・バター:10g ・塩コショウ:少々

【作り方】
① なすを5ミリの厚さに横に薄く切る
② サラダ油を入れて温めたフライパンで、両面に焼き色がつくまで焼いて取り出す
③ 同じフライパンにサラダ油を追加し、みじん切りにしたにんにく、たまねぎを炒める
④ たまねぎが透き通ったら、ひき肉を加えて色が変わるまで炒める
⑤ ひき肉に、ケチャップとウスターソースで味付けをする
⑥ 別の鍋に、ホワイトソースを作る
⑦ 牛乳と薄力粉を入れて混ぜ、中火でとろみがつくまで加熱し、バターを加え塩コショウで味付けする
⑧ 耐熱皿に、なす、ひき肉、ホワイトソースの順に何度か重ねていく
⑨ 最後にチーズをのせて200度に予熱したオーブンで15分間焼いて、チーズがこんがり焼けたら完成!

★なすが苦手なお子さんや、どんな世代でも食べやすい絶品です!

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:16:00 | 固定リンク
コメント(1)

2020年06月24日 (水)産地の晩ごはん ~「放し飼い鶏の卵」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 6月24日放送)


sanchi_200624.jpg

村上市山北地区の豊かな自然の中でのびのび育った健康的な鶏の卵は、濃厚な味で臭みがないことが特徴です。そんな鶏が卵を産み始めて3週間ほどの卵は『初卵(はつたまご)』と呼ばれ、縁起物とされています。今回は、放し飼い鶏の卵の特徴である濃厚な味を存分に楽しめるレシピをご紹介します!


◆冷たいカルボナーラ(4人分)
《材料》
・卵(温泉卵用) 4コ ・スパゲッティ(1.4mm) 280g ・ベーコン(塊) 160g 
・黒こしょう(粗びき)適量 ・塩 適量 ・オリーブ油 大さじ2
ソース
〔・卵(卵黄) 8コ ・生クリーム 120ml ・粉チーズ 60g〕

 

【作り方】
① ベーコンを5mm角に切り、オリーブ油で炒める。
② 卵黄と卵白を分けて、ボウルに卵黄、生クリーム、粉チーズを入れて混ぜ合わせ、
   粗熱をとったベーコンを加える。ソースは冷蔵庫で冷やしておく。
③ スパゲッティを表示時間より1分長めにゆで、しっかりと水気をとってソースと混ぜ合わせる。
④ 温泉卵をつくる。
   沸騰したお湯に少し水を入れて温度を下げ、生卵を入れて12分置いておく。
⑤ スパゲッティの上に温泉卵を盛りつけて、粉チーズ、黒こしょうをふりかけたら…
   出来上がり!

★スパゲッティをゆでるときの塩の量は、水の1.5%の割合。(通常は1%くらい)
   味付けがシンプルな分、少し塩を多めに入れる!

★味が薄まらないようにパスタの水気はしっかりとる。


◆夏野菜のオープンオムレツ(4人分)
《材料》
・卵 3コ ・じゃがいも 1コ ・たまねぎ 1/2コ ・ミニトマト 6コ
・ピーマン 1コ ・ズッキーニ 1/2コ ・青じそ 4枚 ・みょうが 2コ
・塩 ひとつまみ ・こしょう 適量 ・オリーブ油 大さじ2
ソース
〔・ヨーグルト 大さじ2 ・マヨネーズ 大さじ2〕

【作り方】
① 野菜を5mm幅に薄く切り、火の通りにくいじゃがいも、たまねぎを炒めていく。
② そこに、塩を加えて溶いた卵を加えて火を通す。
③ 残りの野菜(ミニトマト、ピーマン、ズッキーニ)をのせたらフタをする。
④ 火が通ったら青じそとみょうがをちらし、ヨーグルトとマヨネーズを混ぜ合わせたソースを
   かけたら出来上がり!

★卵を入れるときは、フライパンをゆすって入れるとふっくら仕上がる!

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:16:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年04月22日 (水)産地の晩ごはん ~「サクラマス」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 4月22日放送)


sanchi_200422.jpg

幻の高級魚といわれる、サクラマス。佐渡の荒波の中で育った、サクラマスは運動量が多く身がたんぱくなのが特徴です。養殖で育ったサクラマスは、刺身やカルパッチョとしても楽しめます。今回は、サクラマスの特徴である身の柔らかさなどを活かしたレシピをご紹介します。

 

◆サクラマスのカルパッチョ(4人分)
《材料》
サクラマス:120g 塩・砂糖:大さじ3 たまねぎ:2コ
お好みでポン酢しょうゆなど

【作り方】
① 砂糖と塩を同じ量で混ぜ、切り身全体にしっかり砂糖と塩を混ぜたものを塗り込む。
② ①をボールの上などに置き、冷蔵庫で2時間置いておく。
③ ②を水で洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
④ 切り身を2-3ミリくらいに薄く切る。
⑤ お好みでポン酢しょうゆなどをかけて完成!

★砂糖と塩でしめることで、身が引き締まり弾力アップ!


◆サクラマスの塩焼き(4人分)
《材料》
サクラマス:120g 塩・こしょう:少々

【作り方】
① 塩、こしょうを少々切り身にかける。
② 魚焼きグリルに入れ、強火で6分間から9分間ほど焼く。
(フライパンの場合は、油を少々引き皮面から3分間ずつ焼く)
③ 身が少し白くなり、皮がきつね色になったら出来上がり!

★香ばしい香りを残すため、皮をつけたまま焼くのがオススメ!
★サクラマスは、冷めても身がふっくらしているのでお弁当にもぴったり!


◆サクラマスのフライ(4人分)
《材料》
サクラマス:320g 塩・こしょう:少々 生パン粉:適量 卵:1コ 小麦粉:適量
揚げ油:適量

【作り方】
① 切り身に塩・こしょうを少々振り、軽く身をたたき染み込ませる。
② 切り身に小麦粉を付け、溶き卵にくぐらせパン粉を全体にたっぷりとつける。
③ 165度から170度くらいの油で1分30秒間ほど、揚げれば完成!

★適度な脂分なので、揚げてもさっぱり食べられます!

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年03月18日 (水)産地の晩ごはん ~「越後姫」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 3月18日放送)


sanchi_200318.jpg

つやつやと輝く新潟のいちご、越後姫。皮が柔らかく輸送が難しいため、あまり県外に出ないいちごなんです。いちごと言えば、そのまま生で食べるか、デザートにするのが主な食べ方ですよね。でも今回は、おつまみやサラダ、主菜と、晩ごはんになるメニューをご紹介していきます。越後姫の香りの高さを生かしたレシピ、どうぞチャレンジしてみてください!

 

◆越後姫とチーズの生ハム巻き(4人分)
《材料》
越後姫:4個(大きめのもの) クリームチーズ:30g パセリのみじん切り:大さじ1 生ハム:4枚 粗びき黒こしょう:適量

【作り方】
① 常温に戻したクリームチーズ、パセリのみじん切りを混ぜる
② 越後姫の半面に①を塗り、生ハムを巻く
③ 食べやすいようにピックを刺し、粗びき黒こしょうをふる

★生ハムの塩気が越後姫の甘さを引き立てます。パーティーにもオススメ!


◆魚介と越後姫のサラダ(4人分)
《材料》
越後姫:10~12個 ベビーほたて(お好みの魚介類):100g ベビーリーフ:25g レモン:1/3個
新玉ねぎ:1/6個
ドレッシング(リンゴ酢:大さじ2 オリーブ油:大さじ1 ゆずこしょう:小さじ1 しょうゆ:小さじ1)

【作り方】
① 越後姫はヘタをとって縦に四つ割りにする
② ドレッシングの材料をすべてボウルに入れてよく混ぜ合わせ、そこにみじん切りにした新玉ねぎを加える
③ ゆでたベビーほたてと越後姫を②に加えて絡める
④ ベビーリーフを加え、ざっくりと和える
⑤ 皿に盛り付け、レモンの皮をすりおろしながらかける

★リンゴ酢がなければ、お酢でもOK!


◆豚肉のソテー 越後姫ソースがけ(4人分)
《材料》
豚肩ロース肉:4枚
ソース(越後姫:6~7個 バルサミコ酢:大さじ2 はちみつ:大さじ1と1/2 しょうゆ:大さじ1)
塩・こしょう:適量  オリーブ油:適量 パセリのみじん切り:適量

【作り方】
① 豚肉に塩こしょうをふる
② オリーブ油で豚肉を焼き、一度皿にとる
③ 油を捨てずに、そのまま②のフライパンに、ソースの材料をすべて加え、とろみが出るまで煮詰める
④ 肉の上に③のソースをかけ、パセリを散らす

★越後姫の香りが豚肉に合う!簡単ですが深みのある味になります

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年02月19日 (水)産地の晩ごはん ~「やひこ太郎」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 2月19日放送)


sanchi_200219.jpg

陸(おか)あわびとも呼ばれる、肉厚でプリッとした食感のしいたけ、やひこ太郎。クヌギやナラなどの木を使った原木栽培で時間をかけて栽培しているため、香り豊かに育ちます。大きさが7cm以上のものをやひこ太郎、未満をやひこ小太郎として出荷しています。今回はシンプルな調理でぜいたくに頂ける産地のレシピをご紹介します。

 

◆やひこ太郎丼(4人分)
《材料》
米:540ml(3合) しいたけ(やひこ太郎):5枚 温泉卵:4コ 長ねぎ:1/2本 しょうゆ:適量

【作り方】
① しいたけの軸をとり、ひだが上になるように並べて炭火で焼く(ご家庭ではオーブンやトースターで)
② 焼きあがったらしょうゆをかける
③ どんぶりに盛ったごはんに、白髪ねぎ、しいたけをのせる
④ しいたけの上に温泉卵を落として完成

★ひだの間からプツプツと水分が出てくるのが焼き上がりのサイン!
★ジューシーな歯ごたえを感じながら、かきこんでほしい丼ぶり。ラー油やコチュジャンを入れてもGOOD!


◆やひこ小太郎の肉詰め(4人分)
《材料》
しいたけ(やひこ小太郎):8枚 合いびき肉:100g 卵:1コ 塩・こしょう:少々 
かたくり粉:適量 サラダ油:適量 みりん:大さじ1 ケチャップ:適量

【作り方】
① しいたけは軸をとって、かさに十字に切り込みを入れ、軸はみじん切りにする
② ボウルに合いびき肉、卵、塩・こしょうを入れてよくこね、刻んだしいたけの軸を入れてタネを作る
③ しいたけのかさの内側にかたくり粉をまぶしてからタネを詰め、さらに全体にかたくり粉をまぶす
④ フライパンにサラダ油をひき、肉を下にして中火で2分焼く。表面に焼き色がついたら裏返して弱火にする
⑤ みりんを入れて蓋をし、4分ほど蒸し焼きにする
⑥ ケチャップをつけて食べる

★かさに切り込みをいれると安定して焼きやすいです
★小ぶりの小太郎はお弁当にもぴったり!


◆やひこ太郎のしゃぶしゃぶ(4人分)
《材料》
しいたけ(やひこ太郎):5枚 水菜:1株  塩:少々 昆布:10g 水:1000cc ポン酢しょうゆ:適量

【作り方】
① 鍋に水と昆布を入れ30分ほどつけておく
② ①を火にかけ、沸騰する直前で昆布を取り出し、塩を入れる
③ しいたけは軸を取り、薄くスライスする
④ ②に③を入れ、中火で2分程度ゆでる(だしは捨てない)
⑤ ゆで上がったら皿に上げ、だしにさっとくぐらせた水菜と一緒に盛り付ける
⑥ ポン酢しょうゆにつけて食べる

★しいたけの風味と食感を存分に楽しめる一品
★ポン酢しょうゆにつけてさっぱりとどうぞ。もみじおろしもオススメです!


◆やひこ太郎のお吸い物(4人分)
《材料》
しいたけ(やひこ小太郎):2枚 しゃぶしゃぶで使った昆布のだし汁:4カップ
しょうゆ:大さじ1 かりゅうだしの素:小さじ1 みつば:12本

【作り方】
① しいたけは薄くスライス、みつばは食べやすい大きさに切る
② だし汁にしいたけを入れ煮立て、しょうゆとかりゅうだしの素を入れて味を整える
③ 火を止めてみつばを加え、ひと混ぜしたら完成

★昆布としいたけのうま味を上品に味わえる一品です

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0)

2019年12月04日 (水)産地の晩ごはん ~「食用菊・りゅうのひげ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 12月4日放送)


sanchi_191204.jpg

新潟市西蒲区で栽培されている食用菊、りゅうのひげ。かつてこの場所には三根山藩という藩があり、そのお殿様が好んで食べていたといわれています。上品な香りと、繊細な味が特徴のりゅうのひげ。また、ほかの食用菊と比べて花びらが長細いので、シャキシャキとした食感が楽しめます。今回はそんなりゅうのひげを使ったレシピをご紹介します。

 

◆りゅうのひげのお浸し(4人分)
《材料》
りゅうのひげ:120グラム めんつゆ:大さじ3 水:140cc 酢:少々

【作り方】
① 沸騰したお湯に酢をいれ、りゅうのひげの花びらをさっとゆでる。
② ゆであがったりゅうのひげを少し冷ます。
③ ボールにめんつゆと水を合わせ、水気を切ったりゅうのひげを入れる。
④ 味をなじませたら、あっという間に完成!

★シャキシャキ感を残すため、ゆで時間はほんのわずか!
★お好みで、最後にごまをかけてもGOOD!


◆りゅうのひげの押しずし(4人分)
《材料》
りゅうのひげ:80グラム 米:2合 酢:大さじ3 塩:少々

【作り方】
① 米に酢を混ぜ入れ、酢飯にする。
② りゅうのひげはゆでて、塩を少々をかける。
③ 米、りゅうのひげ、米の順に型に入れ、上から軽く押す。
④ 形が付いたら型から外し、仕上げに一番上にりゅうのひげを盛りつけたら完成!

★見た目がとても華やかな一品。晴れの日にもピッタリ!


◆りゅうのひげのみそ汁(4人分)
《材料》
りゅうのひげ:12グラム 里芋:170グラム ずいき(乾):10グラム 
煮干し:2グラム みそ:50グラム 水:600cc

【作り方】
① 水に煮干しと一口大に切った里芋を入れ、10分ほど煮る。
② そこへ水で戻したずいきを加え、みそを溶かし入れる。
③ 完成したみそ汁を器に注ぎ、上からりゅうのひげを散らして出来上がり!

★りゅうのひげを散らしたあと数十秒間ふたをすると、湯気でほんのり蒸されて食感GOOD!


◆さけのりゅうのひげあんかけ
《材料》
塩ざけ(切り身):4つ 米粉:適量 油:少々 
(あんかけ)
りゅうのひげ:10グラム めんつゆ:大さじ1 片栗粉:大さじ1 水:150cc

【作り方】
① 塩ざけの水気をとり、米粉をまぶす。
② 油をひいたフライパンで、さけを焼く。
③ 続いてあんかけ作り。小鍋にめんつゆ、水を入れ煮立てる。
④ ひと煮立ちしたら、りゅうのひげを加える。
⑤ 水で溶いた片栗粉を入れ、とろみをつける。
⑥ 完成したあんかけを、さけにかけたら出来上がり!

★とろみつけの片栗粉は、水大さじ1程度で割りましょう。
★あんかけは他の食材にかけてもおいしく、応用しやすいです。

投稿者:坂元 楓 | 投稿時間:16:00 | 固定リンク
コメント(0)

2019年11月06日 (水)産地の晩ごはん ~「赤かぶ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 11月6日放送)


sanchi_191106.jpg

山の斜面からひょっこりと顔をのぞかせる、村上市山北地区の赤かぶ!杉を伐採した山を焼き畑にして育てています。杉を焼いて出た灰を肥料にして育ち、色鮮やかでしっかりとした歯ごたえが特徴です。漬物にすると、大根のようなカリッとした食感と、ピリリとした辛さが際立ちます。今回は定番の漬物と、その他にも産地のレシピをご紹介していきます。

 

◆赤かぶ漬け
《材料》
赤かぶ:500g 塩:大さじ1.5 酢:90cc 砂糖:50g 焼酎:少々

【作り方】
① 赤かぶは根と葉があったところを落としてから、くし形に切る
② 赤かぶに塩をまぶし、重石をして1日ほど塩漬けにする
③ 塩漬けにした赤かぶをさっと洗い、ざるにあげて水を切る
④ 酢・砂糖・焼酎よく混ぜ合わせて赤かぶを漬け、重石をする
⑤ 1~2日後に、赤い色が全体になじむようにかき混ぜる
⑥ およそ1週間で食べごろ

★焼酎を入れることで、よりカリッとした食感になります
★食べるのが早いと辛みが強く、だんだんとまろやかになっていきます


◆赤かぶのカナッペ(4人分)
《材料》
赤かぶ:300g 生ハム:4枚 クリームチーズ:20g
ヒラメ(刺身):8切れ  ゴーダチーズ:20g  藻塩:少々
きゅうり:1/2本

【作り方】
① 赤かぶを厚さ1.5ミリにスライスする(16枚)
② ボウルに酢水を作り(水500ccに対し酢50~100cc 酢は分量外)スライスしたかぶを2~3分さらす
③ かぶをボウルから上げ、水をキッチンペーパーでふき取って皿に並べる
④ 並べたかぶの半分(8枚分)に、生ハムとクリームチーズをのせる
⑤ 残った8枚に藻塩をふり、ヒラメの刺身とゴーダチーズをのせる
⑥ ④と⑤それぞれにきゅうりをかざる

★パーティーにもぴったりな、おしゃれな赤かぶ料理!
★酢水にさらすことで、辛みを抑え、色を鮮やかにします


◆赤かぶのバターいため(4人分)
《材料》
赤かぶ:300g バター:15g 塩・こしょう:少々 しょうゆ:少々

【作り方】
① 赤かぶは1.5cmほどのサイコロ状に切る
② ボウルに酢水を作り(水500ccに対し酢50~100cc 酢は分量外)、切った赤かぶを入れる
③ 赤かぶの皮の色が鮮やかになったら取り出して軽く水洗いし、ざるに取る
④ フライパンでバターを溶かし、赤かぶを炒める
⑤ かぶに火が入って透き通ってきたら、塩・こしょうで味を調え、しょうゆを加える

★こげそうになったら水を少し入れて、水分がなくなるまで炒める
★皿にレタスを敷いて盛り付けると、彩りがよくなります

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲