上岡 梨紗

2020年07月22日 (水)産地の晩ごはん ~「丸えんぴつなす」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 7月22日放送)


sanchi_200722.jpg

上越地域でしか作られていない、幻の丸えんぴつなす。
アクが少ないため時間が経っても色がきれいで、水にさらさずに調理が出来るのでおすすめです。今回は、丸えんぴつなすの柔らかさと甘さを生かしたレシピをご紹介します。


◆丸えんぴつなすの蒸し焼き(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:2コ(400g) ・サラダ油:大さじ4~

【作り方】
① なすを縦半分に切る
② 油を引いて、両面に焼き色がつくまで焼く
③ 焼き色がついたら、蓋をしておよそ5分間、弱火~中火で蒸し焼きにする
④ 切り口が、透明になってきたら出来あがり!

★丸えんぴつなすは、皮も柔らかいのでそのまま蒸し焼きがオススメ!
★アクが少ないので、水にさらさず簡単に調理ができます!


◆丸えんぴつなすとツナのサラダ(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:2コ(400g) ・たまねぎ:50g ・ミニトマト:5~6コ 
・ツナ(缶詰/油づけ/小):1缶(70g) ・レモン汁:小さじ2 ・しょうゆ:小さじ2

【作り方】
① なすは皮をむき、繊維に沿って5ミリほどの厚さに縦に薄く切る
② 沸騰したお湯に30秒ほどさっと通す
③ お湯に通したなすを引き上げ、冷水に入れて冷やす
④ 手で触れる熱さになったら、手でしっかり水気を絞る
⑤ たまねぎは薄切り、ミニトマトは四つ割りにする
⑥ ボウルにツナ缶とレモン汁としょうゆを入れドレッシングを作る
⑦ ドレッシングと、なすとたまねぎ、トマトを加え混ぜ合わせて完成!

★繊維に沿って切ることで歯ごたえがよくなるのでオススメ!


◆丸えんぴつなすとひき肉のラザニア風(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:1コ(200g) ・合いびき肉:200g ・にんにく:1かけ ・たまねぎ:50g 
・トマトケチャップ:大さじ1 ・ウスターソース:大さじ2 ・ピザ用チーズ:100g 
・サラダ油:大さじ1~2
【ホワイトソース】・牛乳:300g ・薄力粉:大さじ2 ・バター:10g ・塩コショウ:少々

【作り方】
① なすを5ミリの厚さに横に薄く切る
② サラダ油を入れて温めたフライパンで、両面に焼き色がつくまで焼いて取り出す
③ 同じフライパンにサラダ油を追加し、みじん切りにしたにんにく、たまねぎを炒める
④ たまねぎが透き通ったら、ひき肉を加えて色が変わるまで炒める
⑤ ひき肉に、ケチャップとウスターソースで味付けをする
⑥ 別の鍋に、ホワイトソースを作る
⑦ 牛乳と薄力粉を入れて混ぜ、中火でとろみがつくまで加熱し、バターを加え塩コショウで味付けする
⑧ 耐熱皿に、なす、ひき肉、ホワイトソースの順に何度か重ねていく
⑨ 最後にチーズをのせて200度に予熱したオーブンで15分間焼いて、チーズがこんがり焼けたら完成!

★なすが苦手なお子さんや、どんな世代でも食べやすい絶品です!

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:16:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年04月22日 (水)産地の晩ごはん ~「サクラマス」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 4月22日放送)


sanchi_200422.jpg

幻の高級魚といわれる、サクラマス。佐渡の荒波の中で育った、サクラマスは運動量が多く身がたんぱくなのが特徴です。養殖で育ったサクラマスは、刺身やカルパッチョとしても楽しめます。今回は、サクラマスの特徴である身の柔らかさなどを活かしたレシピをご紹介します。

 

◆サクラマスのカルパッチョ(4人分)
《材料》
サクラマス:120g 塩・砂糖:大さじ3 たまねぎ:2コ
お好みでポン酢しょうゆなど

【作り方】
① 砂糖と塩を同じ量で混ぜ、切り身全体にしっかり砂糖と塩を混ぜたものを塗り込む。
② ①をボールの上などに置き、冷蔵庫で2時間置いておく。
③ ②を水で洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
④ 切り身を2-3ミリくらいに薄く切る。
⑤ お好みでポン酢しょうゆなどをかけて完成!

★砂糖と塩でしめることで、身が引き締まり弾力アップ!


◆サクラマスの塩焼き(4人分)
《材料》
サクラマス:120g 塩・こしょう:少々

【作り方】
① 塩、こしょうを少々切り身にかける。
② 魚焼きグリルに入れ、強火で6分間から9分間ほど焼く。
(フライパンの場合は、油を少々引き皮面から3分間ずつ焼く)
③ 身が少し白くなり、皮がきつね色になったら出来上がり!

★香ばしい香りを残すため、皮をつけたまま焼くのがオススメ!
★サクラマスは、冷めても身がふっくらしているのでお弁当にもぴったり!


◆サクラマスのフライ(4人分)
《材料》
サクラマス:320g 塩・こしょう:少々 生パン粉:適量 卵:1コ 小麦粉:適量
揚げ油:適量

【作り方】
① 切り身に塩・こしょうを少々振り、軽く身をたたき染み込ませる。
② 切り身に小麦粉を付け、溶き卵にくぐらせパン粉を全体にたっぷりとつける。
③ 165度から170度くらいの油で1分30秒間ほど、揚げれば完成!

★適度な脂分なので、揚げてもさっぱり食べられます!

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0)

2019年04月27日 (土)新キャスターの上岡梨紗です


みなさま、初めまして!

NHK新潟放送局新キャスターの上岡 梨紗です。

 

4月から「ひるまえ伝言板」を担当させていただいています。

 

生まれも育ちも大阪で、初めて新潟県に来ました。

大阪出身ですが、実は新潟をずっと身近に感じていました。

その理由は何かというと、、、水です!

いつもコンビニで買って、何気なく飲んでいたのが、津南の水でした。

大阪にいた時から新潟に引き寄せられていたのか、

私が新潟を引き寄せていたのか?

 

とにかく、新潟はずっと私にとって身近なものでした。

そんな新潟県で社会人生活が始められて幸せです。

 

ueoka1.jpg

 

 

同期の尾﨑さんとも力を合わせ、頑張っていきます。

みなさん!まだまだひよっこですが、よろしくお願いします!

 

ueoka2.jpg

 

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:16:37 | 固定リンク
コメント(7)

ページの一番上へ▲