2019年10月09日 (水)産地の晩ごはん ~「マコモダケ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 10月9日放送)


sanchi_191009.jpg

胎内市鼓岡地区で栽培されている、マコモダケ。シャキシャキとした食感と、ほのかな甘みが特徴です。鼓岡地区では6年前から、使わなくなった田んぼでマコモダケ栽培を行っています。櫛形山脈から流れるきれいな水で美味しく育った、旬のマコモダケのレシピをご紹介します。 

 

◆天ぷら(4人分)
《材料》
マコモダケ(中):3コ(300グラム) 天ぷら粉:220グラム 水:360cc 油:適量

【作り方】
① マコモダケは外側の皮を取り除き、残った緑色の部分をピーラーでむく。
② マコモダケを厚さ7mmの斜め切りにする。
③ 天ぷら粉を水で溶いて衣を作り、マコモダケに絡める。
④ 中火で色がつく程度に揚げて、完成!

★マコモダケは油との相性抜群!天ぷらにするとより甘みが感じられますよ。


◆つくだ煮(4人分)
《材料》
マコモダケ(小):10コ(500グラム) しょうゆ:75cc みりん:50cc 酢:50cc 
黒砂糖:100グラム 白ごま:25グラム 削り節:50グラム

【作り方】
① マコモダケの薄皮はむかず、1cmほどの丸切りにする。
② しょうゆ、みりん、酢、黒砂糖を煮立てて、マコモダケを加える。
③ ある程度水気がなくなったら白ごま、削り節を加えてさっと火を通したら出来上がり!

★薄皮を残し厚みのある丸切りにすることで、マコモダケのシャキシャキとした食感がより楽しめます。


◆炊きこみごはん(4人分)
《材料》
マコモダケ(中):2コ(200グラム) 米:2合 もち米:1/2合 にんじん:1本 油揚げ:2枚 
こんぶだし:100cc みりん:大さじ1 酒:大さじ1 水:400cc程度

【作り方】
① マコモダケは緑色の薄皮をむき、いちょう切りにする。
② 切ったマコモダケにこんぶだし大さじ1を加え、30分ほどおく。
③ 米ともち米を混ぜ、マコモダケとそのほかの食材、調味料、水を加えて炊けば、完成!

★マコモダケはいちょう切りで秋らしさを演出!


◆マコモ茶
《材料》
マコモダケの葉:1束
水:適量

【作り方】
① マコモダケの葉を陰干し、十分に乾燥させる。
② 葉を2cm幅に切り、フライパンできつね色になるまで煎る。
③ 焙煎した葉を急須に入れてお湯を注ぎ、20分ほど煮だして出来上がり!

★葉20グラムに対して水1.5リットルくらいで煮だすとちょうどよいです。
★香ばしさの後にふわっと甘みが感じられる、優しい味わいです。

投稿者:坂元楓 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2019年09月25日 (水)産地の晩ごはん ~「モクズガニ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 9月25日放送)


sanchi_190925.jpg

村上市を流れる三面川に住む、モクズガニ!全国各地に生息していますが、三面川のきれいな水で育ったモクズガニはどろ抜きがほとんど必要なく、臭みのない上品な味わいが特徴です。さばくのはやや大変ですが、濃厚で上品なうま味のカニみそ、調理で出てくるダシは絶品!今回はそんなモクズガニを堪能できるレシピをご紹介します。 

 

◆ゆでガニ(4人分)
《材料》
モクズガニ:4~5杯 水:3000cc 食塩:90g(水の3%)
長ねぎの青い部分:1本分 しょうが:1かけ 

【作り方】
① 鍋に水と食塩を入れて、3%の濃度の塩水を作る
② カニを入れて、火にかける
③ ねぎとしょうがをいれ、弱火でじっくり、カニが赤くなるまでゆでる 

★ゆでるときは必ず水から!沸騰したお湯からでは中のカニみそが出てしまうことがあります
★ねぎとしょうがは、他の料理でだし汁をスープとして使うため、ゆでガニだけの場合はなくてOK 


◆モクズガニのみそ汁(4人分)
《材料》
モクズガニ:3杯 水:カニがひたるくらい 顆粒だし:小さじ1 日本酒:小さじ1
みそ:60g ねぎ(飾り用):適量 

【作り方】
① モクズガニは、甲羅をむき、エラをとって足を切り離しておく
  胴体と甲羅を半分に切って、足は包丁の背でたたく
② 鍋に水とモクズガニを入れて火にかける
③ 顆粒だし、日本酒を加え、沸騰してカニが赤くなるまで火を通す
④ 火を止めてみそを溶かし、器に盛ったらねぎをのせて完成! 

★水からじっくり火を通すことでよくだしが出ます
★日本酒で臭みを消し、味に深みを出します! 


◆モクズガニのチリソースがけ(4人分)
《材料》
モクズガニ:3~4杯 ケチャップ:100g 長ネギ:1本 しょうが:1かけ
にんにく:1かけ トウバンジャン:小さじ1/2 ラー油:少々 
カニのゆで汁:100cc程度  お酒:少々
ブロッコリー:1房 卵:2コ 片栗粉:適量 

【作り方】
① モクズガニは、甲羅をむき、エラをとって足を切り離しておく
  胴体と甲羅を半分に切って、足は包丁の背でたたく
② ①に片栗粉をまぶし、170~180℃の油で揚げる
③ にんにく、しょうが、長ネギをみじん切りにする
④ トウバンジャン、にんにく・しょうが、長ネギ、ケチャップを順に炒めてチリソースを作る
  味を見ながらゆで汁をお好みで加える
⑤ ④に②の揚げたカニを合わせて軽く炒め、水溶き片栗粉でとろみをつけたらラー油をかける
⑥ ブロッコリーはゆで、卵は炒って、⑤に添える 

★ゆで汁がない場合は塩などで味をととのえてください 


◆モクズガニの中国風がゆ(4人分)
《材料》
モクズガニ:2~3杯 米:1合 水:1500cc程度 サラダ油:適量
砂糖:15g カニのゆで汁:100cc程度 ねぎ(飾り用):適量

【作り方】
① モクズガニは、甲羅をむき、エラをとって足を切り離しておく
  胴体と甲羅を半分に切って、足は包丁の背でたたく
② 米を洗い、サラダ油をかけてなじませる
③ 鍋に水を入れて沸騰させ、②の米を柔らかくなるまで15分程度煮込む
④ モクズガニを入れて、さらに煮詰める
⑤ カニのゆで汁と砂糖を入れて味を調え、水分が適量になるまで煮詰めたらねぎを散らして完成 

★カニのゆで汁で香りと塩味をプラス!ない場合は塩を追加してください
★水の量は鍋の大きさなどにもよりますが、米がこげつかないようにしっかり対流する多めの量で!

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2019年08月30日 (金)秋になりますが・・・


 こんにちは!

 

前回の更新から、だいぶたってしまいました。

その間にあったこと、数えきれないほどあるのですが、今日はご報告を。

今年の春から、新潟ニュース610のリポーターになりました!

(こんな大きなことを、秋になる時期に報告してしまってすみません…笑)

 

去年1年間は、ひるまえ伝言板で、スタジオからお伝えしていましたが、

今年はリポーターということで、外からお伝えすることが増えました。

 

これまで訪れた市町村は、20になりました。

初めての場所、初めてお会いする人、、、

8月は、可愛いヤギにも会いました♪

 

 

fukabori1.jpg

 

上越で出会ったヤギさん。旅のコーナーでご紹介しました。

 

 

そして、スタジオの中からも、新しいコーナーが!

今年初めて新潟で開かれる「国民文化祭」に合わせて、新潟の文化を紹介するコーナー

「BUNKA深ぼり」です。

 

fukabori22.jpg

 

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

文化を“深掘り“するということと、私の名前”深堀“をかけています・・・笑

 

そのままコーナー名にできそうな名前だねと、

たくさんの人に言ってもらっていましたが、

まさか2年目で本当にコーナーになるとは思っていませんでした。

 

9月の放送に向け、準備を進めていますので、お楽しみに!

投稿者:深堀 遥菜 | 投稿時間:14:21 | カテゴリ:深堀 遥菜 | 固定リンク
コメント(2)

2019年08月28日 (水)産地の晩ごはん ~「なますかぼちゃ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 8月28日放送)


sanchi_190828.jpg上越の伝統野菜に認定されているなますかぼちゃは、糸瓜・金糸うり・そうめんうりなど、さまざまな名前で呼ばれています。その名のとおり、ゆでると実が糸状に解けていくなんとも不思議な野菜です。皮の色や形も多くの種類があり、かぼちゃのような外見もかわいらしいです。さっぱりとした味わいで暑い夏にぴったり! 糸状の実を麺に見立てたレシピもご紹介します。

 

◆なますかぼちゃの酢の物(4人分)
《材料》
なますかぼちゃ:中1/2コ
酢:大さじ2
砂糖:大さじ2
しょうゆ:小さじ2

【作り方】
① なますかぼちゃを皮ごと5センチ程の厚さに切り、種は取り除く。
② 沸騰したお湯に入れ、10分ほどゆでる。
③ 冷水にさらしながら手で内側からほぐして糸状にする。
④ ほぐしたなますかぼちゃを軽く水洗いして、水気を絞る。
⑤ 酢、砂糖、しょうゆを加えて和えると完成!

★内側に箸がすっと通るくらいまでゆでるときれいに糸状にほぐれます。
 ゆでる時は塩などは入れなくて大丈夫です。


◆なますかぼちゃの焼きそば風炒め(4人分)
《材料》
なますかぼちゃ:中1/2コ
キャベツ:100グラム
にんじん:1/3本
ピーマン:2コ
豚バラ肉:100グラム

・調味料
オイスターソース:大さじ2
塩コショウ:少々
青のり:少々
油:大さじ1弱

【作り方】
① なますかぼちゃはゆでて、冷水にとってほぐしておく。
② ピーマン・にんじんは千切りに、キャベツ・豚バラ肉は一口大に切る。
③ フライパンに油を加えて熱し、②の材料を入れて炒める。
④ 全体的に火が通ったら、なますかぼちゃとオイスターソースを加え手早く混ぜる。
⑤ 塩コショウで味を整え、仕上げに青のりをふって完成!

★なますかぼちゃは火が通りすぎると食感が失われてしまいます。
 フライパンに入れた後はさっと和える程度にして炒めすぎないようにしましょう!


◆なますかぼちゃの春巻き(4人分)
《材料》
なますかぼちゃ:中1/2コ
キャベツ:100グラム
にんじん:1/3本
ピーマン:2コ
豚バラ肉:100グラム
春巻きの皮:8枚

・調味料
オイスターソース:大さじ2
塩コショウ:少々
青のり:少々
油:大さじ1弱
揚げ用油:適量

【作り方】
① なますかぼちゃの焼きそば風炒めを、春巻きの皮で包む。
② 170度に熱した油で春巻きを揚げる。
③ 春巻きの皮がキツネ色に色づいたら油から上げて完成!

★焼きそば風炒めを春巻きの皮で包むときには、優しくふわっと包みましょう。
 きっちりと力を入れずに包むことで皮がサクッと仕上がります!


◆なますかぼちゃの松前漬け(4人分)
《材料》
なますかぼちゃ: 中1/2コ
市販の松前漬けのもと:1袋(42グラム)
にんじん:1/3本

・調味料[A]
しょうゆ:150cc
酒:50cc
みりん:50cc
砂糖:大さじ4

【作り方】
① なますかぼちゃは皮をむいて一口大にし、5ミリ程度の薄切りにする。
② にんじんを千切りにする。
③ [A]を小さな鍋で煮立てて冷ます。
④ 全ての材料に冷ました[A]を加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で保存する。

★作ってから3日後くらいが食べごろです!
 なますかぼちゃのポリポリとした生の食感を楽しむことができます。

投稿者:森田 茉里恵 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2019年07月31日 (水)産地の晩ごはん ~「白なす」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 7月31日放送)


sanchi_190731.jpg


ゆでたまごのように真っ白な、越後白なす!病気に弱く収穫量が少ないため作る人がほとんどいなくなってしまいましたが、燕市や西蒲区の農家を中心にした生産者グループにより復活しました。クセのない味わいで、熱を加えると甘みが強くとろっとした食感になります。調理するときは鋭いトゲに注意!
今回はそんな越後白なすを使ったレシピをご紹介します。

 

◆焼き白なす(4人分)
《材料》
白なす:4本 しょうゆ:適量 薬味(しょうが・大葉など):適量

【作り方】
① なすの尻に十文字に切れ目を入れる。
② 魚焼き器や網の上になすを置き、強火で焼く。
③ 柔らかくなったら火からおろす。
④ へたを持ち、やけどしないよう手を水で冷やしながら皮をむく。
⑤ 食べやすい大きさに切って皿に盛りつける。

★強火で一気に焼くことで、中も白くとろとろに仕上がります。
★切れ目を入れることで、焼いているときに破裂することを防ぎます!


◆白なすのポタージュスープ(4人分)
《材料》
白なす:大1本 たまねぎ:中1/2コ 固形コンソメ:1個 水:300cc
ホワイトソース)バター:30g 薄力粉:30g 牛乳:400cc
塩・こしょう:少々 ローリエ:1枚

【作り方】
① ホワイトソースを作る。
鍋にバター・薄力粉を入れて溶かしたあと、牛乳を少しずつ加え、塩・こしょうで味をととのえる。
② 白なすは乱切りに、玉ねぎはざく切りにし、水300ccと一緒に鍋に入れ、コンソメとローリエの葉も入れて煮る。
③ 粗熱をとり、ミキサーにかける。
④ ①のホワイトソースに③を入れて弱火にかけ、塩・こしょうで味をととのえる。

★白なすとホワイトソースの白が見た目にさわやかなスープです!


◆白なすステーキのサルサソースがけ(4人分)
《材料》
白なす:4本 トマト:中2コ たまねぎ:1/4コ
セロリ:15cm パセリ:適量 にんにく:1かけ
オリーブ油:50cc 塩:小さじ1/2 こしょう:少々

【作り方】
① 白なすは縦半分に切り、皮を下にして180℃の油で素揚げする。
② トマトは皮をむき、横半分に切って種を取り、きざむ。
③ たまねぎ、セロリは粗みじん切りにする。
④ パセリはみじん切り、にんにくはすりおろす。
⑤ ②~④とオリーブ油を混ぜ、塩、こしょうで味をととのえる。
⑥ ①の素揚げしたなすに、⑤をかける。

★皮を下にして揚げることで、ムラなく白く出来上がります!


◆白なすのヨーグルトケーキ(4人分)
《材料》
白なす:大1本 砂糖:30g レモン汁:大さじ2
クリームチーズ:200g プレーンヨーグルト:150g
生クリーム:200cc 砂糖:30g
ゼラチン:10g 水50cc

【作り方】
① 白なすは皮をむき、小さく切って水にさらす。
② 砂糖、レモン汁、水100ccと、①の水を切ったなすを入れ、水分がなくなるまで煮て冷ます。
③ 水50ccにゼラチンを入れてふやかす。
④ クリームチーズをボウルに入れてすり混ぜ、なめらかになったらヨーグルトを加えて混ぜる。
⑤ 生クリームを角がたつ直前、7分立てまで泡立て、④と混ぜ合わせる。
⑥ ⑤に②の白なすを加えて混ぜる。
⑦ ③のゼラチンを湯煎にかけ溶かし、⑥に加える。
⑧ 冷蔵庫で2~3時間冷やし固め、皿に移して完成!

★クセのない白なすはデザートにも!りんごのような味わいでなす嫌いの子どもにも食べやすいです。

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2019年06月05日 (水)産地の晩ごはん ~「弥彦むすめ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 6月5日放送)


sanchi_190605.jpg

弥彦むすめは、弥彦で50年以上育てられている枝豆です。
一般的な枝豆に比べて、一か月程度早く出荷されることから「新潟の枝豆のトップバッター」と
呼ばれています。
特徴はあっさりとした味わいとエメラルドグリーンと称される美しい色合いです。
あっさりしているため飽きず、どんな料理にも合います。
今回はその弥彦むすめを使ったレシピをご紹介します。 

 

◆枝豆とじゃこの混ぜご飯(4人分)
《材料》
枝豆:50グラム(さやから取り出した豆)
米:2合
ちりめんじゃこ:25グラム
ごま油:小さじ2
いりごま:少々

・調味料
出汁:100cc
しょう油:大さじ2
酒:大さじ2
みりん:大さじ1
砂糖:小さじ1
しょうがの千切り:15グラム

【作り方】
① ご飯は通常より水を少なくして、少し硬めに炊く。
② 枝豆は塩ゆでしてさやから豆を取り出しておく。
③ 鍋に調味料とちりめんじゃこを入れ、中火で汁が半分になるまで煮詰める。
④ ご飯に②と③、ごま油を加え汁気がなくなるまでよく混ぜる。
⑤ 器に盛り、いりごまをふりかけて完成!

★煮詰めたじゃこに汁が含まれているので、ご飯を硬めに炊くとちょうどよいです。


◆枝豆と根菜の白和え(4人分)
《材料》
枝豆:100グラム(さやから取り出した豆)
れんこん:40グラム
にんじん:40グラム
ひじき:5グラム
木綿豆腐:二丁
いりごま:適量

・調味料
みそ:大さじ1
砂糖:小さじ2
すりごま:大さじ2

【作り方】
① 木綿豆腐はペーパータオルに包み重しをかけて水を切っておく。
② 枝豆は茹でてさやから中身を取り出し、半分に分けておく。
③ れんこんはいちょう切り、にんじんは短冊切りにし茹でておく。
④ ひじきはぬるま湯で戻し、ざるに上げて水気を切る。
⑤ 水切りした木綿豆腐、半量の枝豆、調味料をフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで回す。
⑥ ボウルに③、④、⑤、残しておいた枝豆を合わせてあえる。
⑦ 器に盛り、いりごまをふって完成!

★1つの料理で2種類の枝豆の食感を楽しめます。
★フードプロセッサーを使うことで白和えが簡単、時短で作ることができます!


◆ホイル焼き枝豆(4人分)
《材料》
枝豆:600グラム
オリーブ油:大さじ1
塩:適量
ブラックペッパー:適量

【作り方】
① 枝豆を塩でもみ洗いする。
② アルミホイルを広げ、①をのせてオリーブ油を回しかける。
③ 隙間がないようにアルミホイルを包み、フライパンにのせて中火で約7分蒸し焼きにする。
④ 火からおろしアルミホイルを開いてブラックペッパーをかける

★塩でもみ洗いした枝豆は、塩がついたままそのまま使うのがポイント。
★ブラックペッパーはたっぷりかけると風味が引き立ってGOOD!


◆枝豆ととうふのレアチーズ風(4人分)
《材料》
枝豆:100グラム(さやから取り出した豆)
木綿豆腐:一丁
ゼラチン:10グラム
[A]
砂糖:80グラム
生クリーム:200cc
牛乳:100cc
レモン汁:40cc

【作り方】
① 木綿豆腐はペーパータオルに包み重しをかけて水切りし裏ごしする。
② 枝豆を塩ゆでし、フードプロセッサーで粗みじんにする。
③ [A]を合わせてよく混ぜる
④ [A]に裏ごしした木綿豆腐、粗みじんにした枝豆を加える。
⑤ ゼラチンに水100ccを加え、火にかけてゼラチンを溶かす。
⑥ 溶けたゼラチンを④に加えよく混ぜる。
⑦ 容器に流しいれ、冷蔵庫で2時間程度冷やす。
⑧ 固まったら完成!

★フードプロセッサーがない場合は、包丁で刻んでもOK。
 その場合は豆の薄皮をとると食感がよりなめらかになります。

投稿者:森田 茉里恵 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2019年04月27日 (土)新キャスターの上岡梨紗です


みなさま、初めまして!

NHK新潟放送局新キャスターの上岡 梨紗です。

 

4月から「ひるまえ伝言板」を担当させていただいています。

 

生まれも育ちも大阪で、初めて新潟県に来ました。

大阪出身ですが、実は新潟をずっと身近に感じていました。

その理由は何かというと、、、水です!

いつもコンビニで買って、何気なく飲んでいたのが、津南の水でした。

大阪にいた時から新潟に引き寄せられていたのか、

私が新潟を引き寄せていたのか?

 

とにかく、新潟はずっと私にとって身近なものでした。

そんな新潟県で社会人生活が始められて幸せです。

 

ueoka1.jpg

 

 

同期の尾﨑さんとも力を合わせ、頑張っていきます。

みなさん!まだまだひよっこですが、よろしくお願いします!

 

ueoka2.jpg

 

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:16:37 | カテゴリ:上岡 梨紗 | 固定リンク
コメント(5)

2019年04月27日 (土)はじめまして!


 皆さん、はじめまして!

 

今年度から新潟放送局に仲間入りしたキャスターの尾﨑侑美です。

 

「ひるまえ伝言板」でデビューしてから1か月が立ちました。

本番は緊張しますが、皆さんから届く川柳を読むのが毎日の楽しみになりつつあります。

お昼の時間帯、皆さんがほっと一息つけるような温かい番組をつくれるよう頑張ります!

 

そして、取材やロケで皆さんとお会いできるのが今からとても楽しみです!

私は妙高市出身ですが、まだまだ訪れたことがない地域がたくさんあります。

先日は同期の上岡ちゃんと、初めて新潟市の白山神社のお花見に行ってきました!

これから少しずつ、思い出の場所が増えていくといいなあと思います。

 

縦に長い新潟がグッと近く感じられるように、たくさんの魅力を伝えていきます!

 

同期の上岡ちゃんと力を合わせて頑張ります!

まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いします!

 

 ozaki1.png

 

※左が尾﨑、右が上岡です!

 

 

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:16:28 | カテゴリ:尾﨑 侑美 | 固定リンク
コメント(1)

2019年04月17日 (水)産地の晩ごはん ~「春かぶ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 4月17日放送)


sanchi_190417.jpg新潟市西区は県内でも有数のかぶの産地。
4月~5月は春かぶの収穫の最盛期です。
西区の砂丘地帯で育てられた春かぶは白くてつやがあり、やわらかい食感が人気です。
また、葉もビタミンなど栄養たっぷり。
今回はその春かぶを使ったレシピをご紹介します。

 

◆かぶの和風肉詰め煮(4人分)
《材料》
かぶ:8コ かぶの葉:3~4コ だし:カップ3 塩:小さじ1/2 しょう油:小さじ2
みりん:小さじ2 かたくり粉:小さじ2
・たね
鶏ひき肉:300g しょうがのすりおろし汁:大さじ1 かたくり粉:大さじ1と1/3 酒:小さじ2
しょう油:小さじ1/2 塩:少々

【作り方】
① 皮をむいたかぶの中身をスプーンでくり抜き、くり抜いたものはみじん切りにする。
② かぶの葉は塩を加えた熱湯でさっとゆで、水気をしぼり長さ3cmに切る。
③ たねの材料を混ぜ、粘り気が出てきたら①でみじん切りにしたかぶを加えて混ぜる。
④ ①で中身をくり抜いたかぶにかたくり粉を軽くまぶしなじませたら、③を詰める。
⑤ 煮立っただしに肉を詰めたかぶを並べ、塩小さじ1/2、しょう油、みりん各小さじ2を加えて弱火で15分ほど煮る。
⑥ かぶを取り出し、残った煮汁にだしで溶いたかたくり粉でとろみをつけ、取り出したかぶにかける。
⑦ かぶの葉を添えて彩りを加えたら完成!

★かぶは柔らかいので、切り込みを入れるとスプーンで簡単にくり抜けます。
★煮崩れしないように、火加減は弱火で!


◆かぶのすり流し汁(4人分)
《材料》
かぶ:2コ かぶの葉:少々 だし:カップ2と1/3 しょう油:小さじ3 
かたくり粉:小さじ2 水:大さじ1と1/3

【作り方】
① かぶをすりおろし、水気をきる。
② かぶの葉は、粗くみじん切りにする。
③ 沸騰しただしにしょう油、水溶きかたくり粉を加えとろみをつける。
④ すりおろしたかぶを入れて煮立たせ、仕上げにかぶの葉を加えたら完成!

★なめらかな食感を出すために、細かい目のすりがねを使うとGOOD!


◆かぶと鮭のピリ辛炒め(4人分)
《材料》
かぶ:3コ かぶの葉:適宜 塩鮭:切り身2切れ 生しいたけ:4コ サラダ油:適量
酒:大さじ1 塩:少々 こしょう:少々 ラー油:小さじ1/2~1

【作り方】
① 皮をむいたかぶをくし形に切り、かぶの葉は長さ3cmに切る。
② しいたけは半分に、鮭は4等分に切る。
③ 油をひき熱したフライパンに鮭を入れ、両面を2分ずつ焼いて取り出す。
④ フライパンを拭いたら再び油をひき中火で熱し、かぶとしいたけを炒める。
⑤ 鮭を戻し入れ、酒、かぶの葉を加えて、ふたをして蒸し焼きに。
⑥ 塩、こしょう、ラー油で味を調え、さっと炒めたら完成!

★じっくりと熱を加えて水分をとばすことで、かぶの甘みが凝縮されます。
★辛いものが苦手な方は、ラー油の代わりにごま油を使ってもOK!


◆かぶの葉のふりかけ
《材料》
かぶの葉:適量 ちりんめんじゃこ:適量 ごま:適量 かつお節:適量 しょう油:少々

【作り方】
① かぶの葉を塩ゆでし、細かく刻む。
② フライパンでかぶの葉を空炒りし水分がとんだら、ちりんめんじゃこ、ごま、かつお節を加え再び水分がなくなるまで炒める。
③ 仕上げにしょう油を少々たらしたら完成!


◆かぶと残り野菜の簡単浅漬け
《材料》
かぶ、にんじん、きゅうり、きゃべつなどの残り野菜:適量 顆粒こんぶだし:適量

【作り方】
① かぶ、にんじん、きゅうり、きゃべつなど、半端に残った野菜を刻み、塩もみする。
② 水気をきったら顆粒のこんぶだしをふりかけ、味をなじませたら完成!

★顆粒のこんぶだしの代わりに、塩昆布を入れて混ぜてもOK!

投稿者:坂元楓 | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(1)

2019年03月13日 (水)産地の晩ごはん ~魚沼の「山菜(うるい・タラの芽)」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 3月13日放送)


sanchi_190313.jpg魚沼市では、12月~4月にかけて、ハウスでの山菜の栽培に取り組んでいます。
うるいは、もみがらのベッドの中で栽培することで、まっすぐで、白と緑のコントラストが美しい
うるいに育てることができるそうです。
天然のものにくらべ、あくが少ないうるいは、生でもいただけるほか、サッと火を通す程度でOK!
上品な味わいと、見た目の美しさが人気で、東京や大阪の高級料亭などでも使われているそうです。
今回は、うるいだけでなく、タラの芽のレシピもご紹介します。
様々な料理にアレンジしてお楽しみください。

 

◆うるいの梅肉あえ(4人分)
《材料》
うるい:150g 梅干し:1コ しょうゆ:小さじ2 かつおぶし:1袋

【作り方】
① うるいは洗って熱湯でサッとゆで、冷水にとる。
② 梅干しは種を取り、細かく刻む。
③ ①の水気をしぼり、3㎝の長さに切る。
④ ボウルに③を入れ、刻んだ梅干し・しょうゆ・かつおぶしを加えて和えれば完成!


◆うるいのツナあえ(4人分)
《材料》
うるい:150g ツナ:80g なめたけ:40g 塩:少々

【作り方】
① 梅肉あえと同様に、うるいをゆで3㎝の長さに切る。
② ボウルに①とツナ・なめたけ・塩を加えて和えるだけ!

★うるいは切らずにゆでることで、“ぬめり”と栄養を逃しません!


◆うるいとサバ缶の和風パスタ(4人分)
《材料》
うるい:200g パスタ:400g サバの缶詰:2缶 たまねぎ:1コ
にんにく:2片 鷹の爪:適量 きざみのり:適量 オリーブオイル:大さじ4 バター:40g 
めんつゆ(3倍濃縮タイプ):大さじ4 黒コショウ:少々

【作り方】
① たっぷりの湯に塩を入れパスタをゆでる。
② うるいは3㎝の長さに切り、葉と白い部分とに分ける。
③ にんにくはみじん切り、たまねぎは薄切りにしておく。
④ フライパンにオリーブ油・にんにく・鷹の爪を入れて炒め、香りが出てきたら、たまねぎと、
うるいの白い部分を加えてさっと炒める。
⑤ ④にゆであがったパスタ・サバの缶詰(汁ごと)・バター・めんつゆを加え、味を調える。
⑥ 器にもり、うるいの葉と黒コショウ・きざみのりをのせたら完成!

★炒めたうるいと、生のうるい、2種類の食感を楽しむことができます。
★ハウスのうるいは、あくが少ないので生でもGOOD!


◆タラの芽と厚揚げのチーズ炒め(4人分)
《材料》
タラの芽:100g 厚揚げ:120g もやし:150g にんじん:50g 
プロセスチーズ:60g きくらげ(乾燥):4g ゴマ油:大さじ1/2
合わせ調味料
酒:大さじ1 オイスターソース:小さじ1 塩:小さじ1/3 こしょう:少々

【作り方】
① タラの芽は根元の固い部分を包丁でむき、十字に隠し包丁を入れる。
② もやしは、ひげ根を取る。にんじんは4~5㎝の細切り・厚揚げとチーズは7㎜の厚さの短冊切り・きくらげは水で戻し食べやすい大きさに切る。
③ フライパンにゴマ油を入れ、にんじん・もやし・タラの芽・きくらげ・厚揚げの順に中火で炒める。
④ ③に合わせ調味料を回し入れ、チーズも加えて汁気がなくなるまで炒めたら完成!

★色よく仕上げるために、炒める順番に注意しましょう。
★厚揚げ・チーズが入ることで、お子さんでも食べやすくなります。


◆タラの芽と鶏肉・れんこんの蒸し焼き(4人分)
《材料》
タラの芽:150~200g 鶏もも肉:200g れんこん:200g にんにく:1片
オリーブ油:大さじ2 みりん:大さじ2 しょうゆ:大さじ2 塩・こしょう:少々

【作り方】
① タラの芽は根元の固い部分を包丁でむき、十字に隠し包丁を入れる。
② 鶏肉は一口大のそぎ切りにして、塩・こしょうで味をつける。
③ れんこんは1㎝の厚さの半月切り・にんにくは薄切りにする。
④ フライパンに②の皮目を下にしてに並べ、その上に、れんこん・にんにく・タラの芽の順で並べる。
⑤ ④にオリーブオイルを回し入れ、ふたをして2~3分蒸し焼きにする。
⑥ 鶏肉の色が変わったら、すべての材料を裏返し、同じように蒸し焼きにする。
⑦ 鶏肉に火が通ったら、ふたを外し、みりん・しょうゆを入れて全体にからめ、さらに火を通す。
煮汁にツヤが出たら完成!

★蒸し焼きにすることで、タラの芽の味わいが凝縮されます。

投稿時間:13:40 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲