本文へジャンプ


2015年9月27日放送 再放送:10月11日よる ※いつもの日程と異なります。
【アンコール】2015年12月27日放送 再放送:2016年1月10日よる

まど・みちおの秘密の絵

出演

谷川俊太郎さん (詩人)

VTR出演

谷悦子さん(梅花女子大学名誉教授)
伊藤俊治さん(東京芸術大学教授)
神沢利子さん(児童文学作家)
笹野高史さん(俳優)
市川実日子さん(女優)

「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「ふしぎなポケット」。日本中で愛される童謡の産みの親、詩人まど・みちお(1909-2014)。今からおよそ50年前にひそかに描きためた100枚以上の絵がある。
その絵は、短く、平易なことばでつくられるまどの詩とはまるで似つかない。画用紙一面を細い線で塗りつぶしている。紙の地肌は削れ、波を打っている。何を描いたのかさえわからない不思議な絵。そこには一体どのような思いがあったのか・・・。
まどが絵に没頭し始めたのは50歳を迎えたころ。戦後、児童雑誌の編集者と童謡作家の二足のわらじの生活を続けながら、「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「ふしぎなポケット」などを生み出してきた。それは、童謡の創作に専念するため、退職してまもなくのことだった。「描いても描いても絵が描きたい。なんということだろう。」そんな言葉を残したほど、絵にのめり込んだ。しかし、それらの絵は完成した後、押し入れにしまわれた。長いあいだ誰にも見せないままだった。

絵に没頭したのは3年半のあいだ。そののち、まどは童謡を離れ、自由詩に活動をうつした。そして、独自の宇宙観にあふれる詩の世界をつくりあげた。詩人は絵を描くことを通して何をつかみとり、そしてどこへたどり着いたのか。
100枚におよぶ秘密の絵から、まど・みちおの知られざる姿を見つめていく。

関連展示・展覧会

■常設展示まど・みちおコーナー
※番組でとりあげた、50代に描いた絵の一部を年間を通して展示しています。

会場 周南市美術博物館 常設展示

■周南市美術博物館開館20周年記念
「まど・みちおのうちゅう」
※番組でとりあげた50代の抽象的な絵のほか、
詩人まど・みちおの足跡をたどる文学関係の資料や映像も展示予定。

会場 周南市美術博物館 11月13日~2016年1月17日

スタジオを彩ったお花はこちら

写真

まどさんの絵の魅力を探る女優・市川実日子さん