本文へジャンプ


2015年7月12日放送 再放送:7月19日よる

夢の応挙 傑作10選

出演

佐々木正子さん(京都嵯峨芸術大学教授)

江戸時代後期、写生によって絵画に革命を起こした絵師がいる。円山応挙(1733-1795)。
あの伊藤若冲より人気を誇り、弟子に長沢芦雪を持つ応挙は、絵手本をもとに描いていた時代に、実物を徹底的に観察し描く写生を追及。目の前にそのものがあるかのように見える、あっと驚く作品を次々と生み出した。その魅力の秘密を、10の傑作から探っていく。
国宝「雪松図」やアメリカ・カリフォルニア州にある「幽霊図」など、応挙の傑作として名高い作品が続々登場。さらに、兵庫県の大乗寺を番組キャスターの井浦新が訪れる。「松に孔雀図(くじゃくず)」に圧倒される井浦。じっと見ているうちに発見した応挙の巧みな仕掛けとは?
今回、世界も驚いた、大英博物館所蔵の「氷図」も登場。画面には、濃淡のある線が何本かあるだけ。にもかかわらず、奥行き、広々とした空間まで感じる不思議。再現に挑むと・・・明らかになる超絶技巧。
10の名作から応挙の技と心に迫りながら、その革新的な美を堪能する。

スタジオを彩ったお花はこちら

写真

「松に孔雀図」所蔵先 大乗寺