本文へジャンプ


2015年4月12日放送 再放送:4月19日よる
【特別アンコール】2015年5月10日 午前0:00~(土曜深夜)
【特別アンコール】2016年1月3日 午前6:45~(日曜朝)
※1時間の拡大版

アートの旅スペシャル みつけよう、美

出演

ミムラさん(女優)
青木崇高さん(俳優)
ヤマザキマリさん(漫画家)

日曜美術館は1976年に放送が始まり、この4月、40年目を迎えた。美術をもっと自由に楽しもう。そんなコンセプトで始まったシリーズ「アートの旅」をスペシャルバージョンでお送りする。旅人は、女優のミムラさん、俳優の青木崇高さん、漫画家のヤマザキマリさん。アートをこよなく愛する3人が旅に出て、こころ震わせる“美”を見つける。

ミムラさんが旅するのは、南国・奄美大島。そこは、憧れ続けて来たひとりの画家が創作に燃えた時間を過ごした場所。その画家とは、1984年、まだ無名の頃に日曜美術館で紹介し、大きな反響を呼んだ田中一村。一村の強烈な作品と奄美の風土は、彼女の心にどう響くのか。奄美の「田中一村記念美術館」を訪れる。

俳優になる前は、デザインを学んでいたという青木崇高さん。撮影の合間に旅に出て、ふらっと美術館を訪ねるという。今回訪ねるのは、山梨県の「清春芸術村」。建築家・安藤忠雄の「光の美術館」や、谷口吉生の「ジョルジュ・ルオー記念館」など、名建築と芸術が一体になったユニークなアートスポットを巡る。

「テルマエ・ロマエ」の漫画家・ヤマザキマリさんが訪れたのは、まだ寒さの残る青森。自分に近いものを感じて来たという棟方志功の記念館で、版画の大作と対面する。そして旅は、志功が愛した温泉へ。そこで出会う意外な傑作と、お湯につかりながら沸いて来た思いとは。

“みつけよう、美” 三人三様、自由に巡り、感じるアートの旅。

写真

一村も描いた“クワズイモ”