本文へジャンプ


2015年3月15日放送 再放送:3月22日よる

いい絵って何だろう
~イラストレーター・安西水丸~

出演

嵐山光三郎さん(作家)

VTR出演

松任谷由実さん(シンガーソングライター)
小山薫堂さん(放送作家・脚本家)
南伸坊さん(イラストレーター)

昨年3月、71歳で急逝したイラストレーター、安西水丸。
ユーモラスで、脱力系、どこか温かみのある安西のイラストレーションは老若男女、幅広い層から支持され、多くのファンを持つ。
おびただしい数の書籍、雑誌の装丁挿絵、ポスター、漫画、絵本、文筆の分野でもエッセー、小説と作品は多彩を極める。「村上朝日堂」をはじめとする作家村上春樹との共作は今も人々の記憶に新しい。村上は「ぼくにとってのソウル・ブラザーのような人」とその死を惜しんだ。
シンプルでヘタウマともいえる線と形と色彩。しかしそこにはちょっとシュールで不思議な哀愁や人間への深い洞察が潜んでいる。
子どもの絵や、アメリカのフォークアートを好み、絵画にとって大事なこととは、いい絵とは何かを問い続けた。
番組では代表作のマンガ集「青の時代」、村上春樹が「水丸の極北」と称賛したおもしろ普通常識マンガ「普通の人」、村上との共作絵本「ふわふわ」などの作品、雑誌の表紙を走る村上春樹など、イラストレーションの傑作を紹介しながら水丸ワールドの魅力に迫る。

写真

写真 安西水丸BS(アトリエの安西さん)©naonori kohira