本文へジャンプ


2014年7月13日放送 再放送:7月20日よる

色彩はうたう ラウル・デュフィ

出演

日比野克彦さん(アーティスト)

VTR出演

茂木健一郎さん(脳科学者)
ソフィ・クレプスさん(パリ市立近代美術館 主任学芸員)

20世紀フランスを代表する画家、ラウル・デュフィ(1877-1953)。デュフィは色彩の魔術師と呼ばれた画家だ。デュフィの色彩は人々の心に喜びを運ぶという。なぜ、デュフィの色彩は喜びをもたらすのか?その謎を解く鍵となる色は、青、赤、そして以外にも黒。それらの色に込められた意味をひもといていく。
最初に読み解く色は、青。もともとフランス北西部の港町で生まれ、海の光を見つめてきたデュフィにとって、青は原点ともいえる色。代表作「ニースの窓辺」では"多種多様な青"がキャンバスを埋め尽くす。
赤。傑作として名高い「30年、薔薇(ばら)色の人生」。輪郭線からはみ出した薔薇(ばら)の赤が印象的だ。この表現を発見するきっかけとなったのも、赤だった。
そして黒。デュフィは晩年、画面一面に黒を用いた作品を描く。晩年、重い関節炎を患ったというデュフィだが、その黒にこめた思いとは?
その他、デュフィの集大成ともいえる超大作「電気の精」や色彩が華麗なる共演を見せる花の水彩画の連作も登場。また脳科学者、茂木健一郎さんも、デュフィの色彩がなぜ人々を幸せにするのかを探っていく。

関連展覧会

デュフィ展 絵筆が奏でる 色彩のメロディー

会場 (東京)Bunkamura ザ・ミュージアム 7月27日まで
巡回 あべのハルカス美術館 (大阪)8月5日~9月28日
愛知県美術館 (名古屋)10月9日~12月7日

スタジオを彩ったお花はこちら

写真

バイオリンのある静物 バッハへのオマージュ