本文へジャンプ


2013年6月2日放送 再放送:6月9日よる

絵で読み解く夏目漱石

出演

出演者:古田亮さん(東京芸術大学准教授)
小説朗読:國村隼さん(俳優)

夏目漱石ほど小説の中に絵のイメージを取り込んだ作家はいない。古今東西の有名無名の絵が、ある時は小道具や舞台回しとして、ある時は小説の重要な鍵として登場する。西洋絵画では、ダ・ヴィンチの「モナリザ」をはじめ、イギリス19世紀の巨匠・ターナーやミレイ。日本画では、江戸時代の奇想画家、伊藤若冲や琳派の巨匠・酒井抱一など。 漱石は生涯にわたり絵のとりこだった。孤独な少年の頃、漱石は蔵の中でびょうぶや掛け軸を見て長い時間を過ごした。留学時代の慰めはロンドンの美術館を巡り西欧画を見ることだった。そして、胃潰瘍に冒された晩年は、みずから筆をとり山水画を描き続けた。 番組では、多くの絵画が登場し、絵を描き上げるまでが一つの筋になっていることから“絵画小説”と言われる、『三四郎』と『草枕』を中心に、漱石作品の重要なイメージ源となった絵画を紹介。絵から漱石作品を読み解いていく。

関連展覧会

「夏目漱石の美術世界」

東京芸術大学美術館 ~7月7日
巡回 静岡県立美術館 7月13日~8月25日

スタジオを彩ったお花はこちら

写真

夏目漱石