本文へジャンプ


2010年6月20日放送 再放送:6月27日

絶対唯一のアートの衝撃
~日本のアール・ブリュット、パリ上陸!!

出演

田島征三さん(絵本作家)
魲万里絵さん(アール・ブリュット作者)

「アール・ブリュット」という芸術ジャンルをご存じだろうか。直訳すると「生(き)の芸術」という意味のフランス語。正規の美術教育を受けず、自分の内側から生まれる衝動のままに創作する人々の作品をさす。過去のどのような芸術潮流にも属さない彼らの表現には、絶対唯一の“すごみ”があると言われる。
日本で「アール・ブリュット」の作者と言えば、まず“裸の大将”山下清が思い浮かぶ。しかし、「他には?」となると名前が上がらない。それでは、山下清以後は「アール・ブリュット」が消えたのか?「否」である。知的障害者の施設、精神病院の病棟、社会の片隅に作者は存在しつづけてきた。自ら名乗り出ることがない彼らの作品は、「芸術」として評価されないまま、埋もれたり、捨てられたりしていたのである。
21世紀初頭からはじまった調査プロジェクトによって、国内の数多くの「アール・ブリュット」の作者の存在が明らかになる。この新しく発見された日本の作者にいち早く注目したのが、ヨーロッパの美術関係者だった。番組では、今パリで開催中のアール・ブリュット・ジャポネ展(出展作家63名/出展作品約1000点)と出展作家の創作現場を取材し、日本の「アール・ブリュット」の全貌(ぜんぼう)に迫る。

関連展覧会

「アール・ブリュット・ジャポネ展 」

アル・サン・ピエール美術館(フランス・パリ) 2011年1月2日まで

スタジオを彩ったお花はこちら

写真

現地で評価が高かった魲万里絵の作品


※画像をクリックすると、拡大表示します。