本文へジャンプ


2008年7月27日放送

シリーズ・創作の現場ドキュメント(1)
写真家・石内都 「ひろしま」との対話

出演

石内都さん(写真家)
鷲田清一さん(哲学者・大阪大学総長)

鬼写真家・石内都。1979年、女性初の木村伊兵衛賞受賞、2005年にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表となるなど、日本の写真界の一線を走り続けてきた女性写真家だ。
昨年、石内は新たな撮影に挑んだ。テーマは「広島」。広島平和記念資料館に保管されてきた、原爆で亡くなった人の遺品など、「被爆資料」にカメラを向けたのだ。
焼けこげたワンピース、引きちぎられた上着・・。どの品物にも空前の惨劇の傷跡が残る。石内は、一点一点に語りかけるようにシャッターを切りながら、原爆で断ち切られた人々の「その瞬間」以前に思いをはせ、そこに刻まれた生命の痕跡を鮮やかに蘇らせていく。
確かに人生を謳歌し、生きていた遺品のあるじたち。石内の写真の中で、被爆資料たちは、自らの刻印された人生を、愛を、静かに語り始める。
戦後63年、戦争の記憶の風化が叫ばれる今、原爆の記憶をどう継承していくのかが大きな課題である。
これは、一人の写真家の一年半に渡る「広島」との対話の記録である。

関連展覧会

「石内都展 ひろしま Strings of Time」

広島市現代美術館 6月28日~8月10日

「石内都展 ひろしま/ヨコスカ」

目黒区美術館 11月15日~1月11日

写真

© Miyako Ishiuchi


※画像をクリックすると、拡大表示します。