本文へジャンプ


2008年6月8日放送

日本の美 かざりの喜びを探る

出演

辻 惟雄さん(美術史家)
ニコル・クーリジ・ルマニエールさん(東京大学大学院客員教授)

大切なものをきれいに飾りたい-。その情熱が、日本の美を生む大きな原動力となってきた。およそ4500年前、縄文時代に作られた火焔(かえん)型土器。口の部分にほどこされた変化にとんだ模様は、日本人が飾ることに情熱を注いだ原点ともいえるものである。日本で本格的に装飾文化が花開いたのは平安時代。中尊寺の金色堂をはじめ、貴族たちは、あつい信仰心を表そうと、仏教の世界を荘厳で優美に飾った。室町時代になると、貴族や大名たちが、日常の中にうるおいを求めて、連歌や茶会の席を飾る「座敷飾り」が広まった。中国伝来の高価な品々を部屋にずらりと並べて、自らの趣味を披露することに楽しみを見いだした。戦国時代、武将たちは、鎧兜(よろいかぶと)の奇抜さを競いあい、戦場に向かう自らを奮い立たせた。頭から腕が突きだしたものや、俊敏な動きで前に進むうさぎの耳をかたどったものなど、人を驚かせるような新しく力強い飾りが生まれた。乱世が終わり、江戸時代になると、飾る主役は庶民へと移る。着飾ることで日ごろの憂さを晴らすかのように、大胆なデザインの小そでが作られ、くしやかんざしなど髪飾りも凝ったものになった。
装飾芸術の名品や、いまも続く盛大な祭りなどを通して、日本人はいかに“かざり”に生きる喜びを込めてきたのか、その大きなうねりを見つめる。

関連展覧会

「KAZARI-日本美の情熱-」

サントリー美術館(東京・赤坂) 5月24日~7月13日
巡回 京都府京都文化博物館 8月2日~9月15日
広島県立美術館 9月27日~11月9日

写真

『火焔型土器』国宝 十日町市博物館


※画像をクリックすると、拡大表示します。