本文へジャンプ


2007年6月3日放送
【アンコール】2007年10月28日放送

誕生!ねむの木こども美術館
~宮城まり子・80才のメッセージ~

出演

宮城まり子さん(女優)

この四月、静岡県掛川市の森の中に小さな美術館がオープンした。ねむの木こども美術館。女優・宮城まり子さんが障害のある子ども達の絵を飾るために作った美術館だ。なだらかな芝生の上に立つ巨大なキノコのような不思議な形をした建物は、建築家の藤森照信さんの設計によるもの。そして、この建物を仕上げた主役は、肢体不自由児療護施設・ねむの木学園の子どもたちと園長でもある宮城さんだ。白い外壁に一人一人の個性あふれる麦の穂を描き、まるで麦畑に風が吹くような美しい美術館に仕上げた。
宮城さんはこの40年間、学園を舞台にユニークな美術教育を行ってきた。これまでに子どもたちの描いた作品は3万点。どの作品にも宮城さんと子どもたちのあたたかな心のふれあいが表現されている。これまでも、国内外で100回近くの展覧会が開催され、高い評価を得てきた。
今年80歳を迎えた宮城さんは、この美術館にどんな祈りを込めようとしているのか。そして子どもたちの生み出す美しい色彩にあふれた絵の世界は、私たちに何を語りかけてくれるのか。宮城さんと子どもたちが力を合わせて小さな美術館を誕生させるまでの日々をたどる。

関連展覧会

ねむの木のこどもたちとまり子美術展「わたし うれしい。」

森アーツセンターギャラリー(六本木) 6月1日~7月1日 会期中無休

写真


※画像をクリックすると、拡大表示します。