本文へジャンプ


今週のお花

フラワーアーティスト 加藤淳さんスタジオを華やかに彩る花々。
番組の内容と響きあう花をアレンジするのは、フラワーアーティストの加藤淳さんです。

2012年度

2月17日放送

天下人と天才たちの器 ~茶道具 超名品!驚きの美~

白・薄紅・紅と3色の梅と椿(つばき)です。
共に2月の茶花で、春の訪れを感じさせる色合いです。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


1月20日放送

いのちに触れた筆 日本画家・髙山辰雄

髙山作品の独特の、淡くざらっとした質感をイメージして、
かすみ草とリモニウムを使い、バラを少しかくすように、
ふわりとした輪郭をつくって、生けました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


1月6日放送

冨嶽(ふがく)三十六景 北斎が見た富士を探せ

お正月らしく、鈴なりに実をつけたイイギリ(南天桐)と、大輪の菊です。
もう1つはサザンカだけで、すっきりと生けました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


12月23日放送

白隠 気迫みなぎる禅画

ボケの花に、ツツジ・シダレヤナギを合わせたものと、
白い椿(つばき)(侘助‐ワビスケ)と蝋梅(ろうばい)です。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


11月11日放送

エル・グレコ 神秘か理性か 天才画家の見たものは

紫のカラーに、ガイミアリーフ・アンスリウムの葉など、
シャープな立ち姿の素材を多く使い、ダークな雰囲気で、作ってみました。
バラはマリクレール、こちらも少しダークな色合いの葉を合わせています。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


11月4日放送

華麗なるシルクロードの調べ
~第64回正倉院展~

宝物の瑠璃色にちなんで、鮮やかなリンドウを使いました。
合わせた実はマメガキです。
ほかには紅葉したヤシオドウダンツツジ・2種類の菊で、
秋らしい色合いにしました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


10月14日放送

土偶 命の息吹から生まれたアート

暖色でまとめたセッカケイトウと菊(フエゴ)にドラゴンヤナギ、
緑でまとめた方のアレンジは、フウセントウワタとタイサンボクの葉、ウンリュウヤナギです。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


10月7日放送

横山大観を支えた匠たち

今回はナナカマドとカエデのみで、
すっきりと、シンプルにつくりました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


9月23日放送

匠の心 技に込めて 第59回日本伝統工芸展

緑から赤へ染まりつつあるハゼ、木イチゴの葉にナナカマド。
鈴なりに実ったツルウメモドキとスズバラの実、
2種の菊やケイトウとともに、秋らしく仕上げました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


9月16日放送

東と西を越えて バーナード・リーチが旅した日本

“土”を感じられる、秋の草で作りました。
ススキにはオミナエシとヒマ(トウゴマ)を、ガマの穂には、若い栗(くり)の実を合わせています。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


8月26日放送

藤田嗣治 玉砕の戦争画

「戦争画」がテーマということで、今回は少し抑えめに作りました。
レディチャペルとフェアビアンカというバラ2種に、ふわふわとしたスモークツリーです。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


8月19日放送

夢の東山魁夷 傑作10選

ドウダンツツジと淡いブルーのデルフィニウムで、東山作品の雄大さや、清々(すがすが)しさをイメージしてみました。
すっきりとしたスタジオとよく合って、透明感ある仕上がりになりました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


8月5日放送

沈黙の風景 ~松本竣介 ひとりぼっちの闘い~

青を基調に、少し渋めの風合いでつくりました。
紫陽花(あじさい)・デルフィニウム・緑の実をつけた桐南天・紫のルリダマアザミです。
小さい方は、同じくデルフィニウムとマトリカリア、ヒエ、パニカム、グリーンスケールで、土を感じるアレンジにしました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


7月22日放送

瞳の奥の限りない物語 ~銅版画・南桂子~

5種のダリアと、ジニア(百日草)、ウイキョウに、 全体には緑のフトイを広げました。
南桂子の銅版画の、かわいらしさと繊細さを表現しました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


7月8日放送

近代デザインの開拓者 浅井忠

アールヌーヴォーの図案を取り入れてみました。
2色のクレマチスと、動きのある枝のトサミズキ。
夏椿(シャラ)にはササユリとオトメユリ、ガクアジサイを合わせました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


7月1日放送

この画家が見たもの 磯江毅 写実の眼

作品の静ひつな空気に添うような、
シンプルで存在感あるお花にしたかったので、
2種類の白い百合(ゆり)だけにしました。

別のショット
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


6月17日放送

モダンを極める ~福田平八郎 新しい日本画への挑戦~

紫陽花(あじさい)と、ドウダンツツジです。
水を描いた作品もあったので、涼しげな色合いにしました。
ブルーへのグラデーションを楽しんで下さい。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


6月3日放送

工芸・温故知新!

今回は2種類のアリウムギガンチウムを使いました。
小さい方はハヤトという品種で、茎を曲げ、動きが出るようにしています。
新しい工芸というテーマにあわせ、明るく楽しい感じになりました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


4月29日放送

大地の画家・常田健 ~箭内道彦が行く津軽の旅~

リンゴ農園営んでいたという、画家にちなんで、 芽吹き始めたリンゴの木と、かわいらしい花をつけたヒメリンゴを使いました。
淡いグリーンと白で、すっきりとまとめています。

別のショット
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真


4月8日放送

クリムトの誘惑 ~生誕150年 ウィーンの春~

トルコ桔梗(ききょう)・ラナンキュラス・カラーの白いお花に、ラ・カンパネラという淡いオレンジのフリル咲きのバラを入れました。
ゴールドにしたアレカヤシをアクセントにしています。
新しいセットに合わせ、すっきりとまとめました。

別のショット
  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると、拡大表示します。

写真