本文へジャンプ

アートシーン 日 あさ 9:45~ (再放送 同日よる 8:45~)

フェルメールとレンブラント
:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展

会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2016年1月14日(木)~3月31日(木)

17世紀はオランダ黄金時代といわれています。この時代、オランダは歴史上まれにみる発展の最中にありました。経済が急成長し、オランダ東インド会社の貿易網を通して世界に名だたる強国、富裕国として発展していきました。また、新たな芸術文化が発展し、絵画の分野においても多くの優れた画家を輩出。「光の画家」として知られるデルフト出身のヨハネス・フェルメールやアムステルダムで名声を手にし、独特な発想、技法と構図で人気を得たレンブラント・ファン・レインも時代が生んだ巨匠たちです。2人の初来日の名作を含む、このオランダ黄金時代の作品の数々を紹介します。
その他話題の展覧会も。お楽しみに!

画像:ヨハネス・フェルメール「水差しを持つ女」1662年頃
メトロポリタン美術館蔵

今後の放送スケジュール

お知らせ

日美40ブログ


※以下、補足情報です。(メニューへ戻る

このページのトップへ