本文へジャンプ


アートシーン 日 あさ 9:45~ (再放送 同日よる 8:45~)

ロベール・クートラス展 夜を包む色彩

会場:松濤美術館(東京・渋谷区)
会期:2月28日~3月15日

「現代のユトリロ」と評されたフランス人画家ロベール・クートラス。画材も満足に買えない貧困の中、画廊が求める絵を描くことを拒み、かたくなに創作を続けた画家です。そんな彼が、密室のアトリエで夜ごと描き続けたのが、6000枚にも及ぶ"カルト"と呼ばれるカード状の作品。孤独な夢想が生み出した、怪しげでどこかユーモラスな世界をご紹介します。そのほかにも話題の展覧会をピックアップ。お楽しみに。


画像:生涯で6000枚描いたという"カルト"

今後の放送スケジュール

お知らせ


※以下、補足情報です。(メニューへ戻る

このページのトップへ