'
日曜美術館サイトにもどる
アートシーンサイトにもどる
2020年10月 4日

コラム 絵本作家・田島征三の作品が今見られる場所

10/4放送の日曜美術館「田島征三 命のグリグリを描く」。いかがでしたか? 絵本作家・田島征三(たしませいぞう)の作品をもっと見たいという方に、今行って体験することのできる場所をご紹介します。

tashima01.jpg
新潟県十日町市、廃校を活用してつくられた「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」(2009年〜)。広々とした校舎を存分に使って「学校はカラッポにならない」という“空間絵本”が展開されている。

1. 新潟県十日町市にある「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」

今から15年前に廃校になった新潟県十日町市の旧真田小学校が田島征三の“空間絵本”として新たな生命を吹き込まれています。征三さんは20代からずっと絵本をつくり続けてきましたが、ここでは廃校になった校舎全体が空間絵本となり、鑑賞者はその絵本の世界の中に入っていくことができます。この“絵本”の主人公は少子化により学校の閉校が決まった時の3人の最後の在校生。彼らの物語を追いかけていくと、この学校に詰まったたくさんの子どもたちの思い出やオバケに出会い、そして最後には3人が外の世界に飛び出していくさまが立体的に表現されています。実際に校舎の中から外へ向かって3人の子どもたちの上半身が突き出している様子など、征三さんのこれまでの絵本と共通した、躍動感に溢れた空間になっています。

征三さんは主に自然や生きものをテーマとした絵本を多く描いてきましたが、60代以降、絵を描く材料まで自然の素材を使うようになります。「絵本と木の実の美術館」はそうした自然物を使った田島さんの作品が制作・展示されている場所でもあります。この美術館の取り組みがスタートしたのは2008年ですが、以来、常に展示内容は更新し続けられています。伊豆に移り住んで以降、この場所は征三さんにとってのもうひとつの拠点であり、定期的に訪れています。「大地の芸術祭」の作品として、2021年のアートトリエンナーレに向け、征三さんは既に制作準備に取りかかっています。

「生き物の気配がする美術館」を目指したこの美術館の周りにはビオトープ※がつくられ、また2015年にはヤギの飼育も始まりました。ここでの活動はこの美術館がある十日町市の鉢集落の人々との協働によって成り立っています。田島さんはこの美術館を始めたときから一貫して、自分よりも「この集落が主人公」と語っています。

※生き物が安定的に生息できる空間のことを指す。失われつつある地域の自然を再生し、生き物が生息できるようにした空間を指して言うことも多い。

tashima02.jpg
鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館 Photo by AKIMOTO Shigeru

2. 長野「安曇野ちひろ美術館」で開催中の展覧会

tashima03.jpg
安曇野ちひろ美術館で展示中絵本『ふきまんぶく』(偕成社)の原画。(1973年 ちひろ美術館寄託)

征三さんが東京都西多摩郡日の出町に住んでいた頃に手がけた代表的な絵本のひとつ『ふきまんぶく』。番組内でも紹介しましたが、その原画は長野県の安曇野ちひろ美術館に寄託されています。

現在開催中の企画展「田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、これから―」でその原画が展示されているのですが、出版物で見る作品の色ともまた違う、征三さんの代名詞ともいえる泥絵の具の色の鮮やかさに驚かされます。他にも多数絵本の原画が展示されており、田島征三の絵の魅力を堪能できる好機です。

実は、この展覧会は新型コロナウイルス感染拡大にともなう4月半ばの臨時休館時にいったん展示終了を余儀なくされたのですが、展覧会を見たいという要望の多さから展示内容をさらに充実し再び開催する運びとなりました。

tashima04.jpg
安曇野ちひろ美術館

3. 新作絵本『つかまえた』の原画展など

その他、新潟県十日町にある越後妻有里山現代美術館[キナーレ]で、絵本はもちろんタブローや立体オブジェなどさまざまな時代の田島征三の作品が見られる展覧会が行われています。また番組で制作過程を追った新作絵本『つかまえた』の原画展も全国のギャラリーで巡回しており、皆さんの住む町の近くで原画を見ることができるかもしれません。

“命のグリグリ”が込められた田島征三の絵の世界、ぜひ体感されてみてください。 

展示情報 

◎鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館(新潟)

新潟県十日町市真田甲2310-1
【開館期間】4月下旬~11月23日 10時~17時 10月・11月は10時~16時 *最終入館は閉館時間の30分前
【休館日】水・木曜(祝日の場合は翌日)

◎企画展「<企画展>田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、これから―」

9月4日〜11月30日
安曇野ちひろ美術館
長野県北安曇郡松川村西原3358-24
開館期間:3月1日~11月30日
開館時間:10時~16時
休館日:会期中の水曜

◎「田島征三コレクションギャラリー ~空間絵本ものがたり~」

9月19日〜11月23日
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
新潟県十日町市本町6-1丁目71-2番地
開館時間:10時〜17時
休館日:水曜、年末年始

◎田島征三『つかまえた』全国縦断原画展
現在巡回中です。会場と会期は、出版元の偕成社にお問い合わせください。