日曜美術館サイトにもどる
アートシーンサイトにもどる
2020年6月 7日

#アートシェア ヴォルフガング・ライプからのメッセージ

5月31日の放送「#アートシェア 今こそ、見て欲しいこの一作」で片岡真実さん(森美術館館長)がアートシェアした「ヘーゼルナッツの花粉」。作者のヴォルフガング・ライプさんから届いたメッセージを番組の中で紹介しましたが、テキストでの再読を希望する声をいただきましたので、作者の承諾を得たうえで、こちらにて掲載させていただきます。

VolfgangLaib_nichibiblog.jpg
Copyright : Wolfgang Laib

 

花粉を集める


2020年春——3月、4月、5月に

 

来る日も来る日も、
何週間も、
タンポポの草原に座り
この上なく集中して
激しく
時間も、我も、身も心も忘れて

信じがたく、思いも寄らない
世界の危機と混乱のただ中で
ひどい病にかかり、死にゆく数多くの人びと

新しい疫病?
600年前のような疫病がふたたび起こるなんて
とても想像できなかっただろう
いま、この私たちの生活のなかに、そばに

それでもなお、危機は大きければ大きいほど
人類に新しい未来をもたらし
どこかほかの場所へ向かい
ほかの何かを見つける手助けをしてくれた
想像しえたものの彼方に
私たちは見つける
新しいありようと生き方を
私たちが望むものと
私たちが人生に望むもの
大切なことと
そうでないこと
慎ましさ
謙虚さ
自分自身とほかの人たちに対する
世界に対する
自然に対する
宇宙に対する
まったくちがう関係
自分自身と世界への異なる願い
新しい未来の新しいヴィジョン


ウォルフガング・ライプ 2020年5月

日本語訳/小野正嗣

 

(原文)

collecting pollen


in spring – March, April, May – 2020

 

day after day,
many weeks,
sitting in a dandelion meadow
with highest concentration
intensity
forgetting time, yourself , your mind and body

in the middle of an incredible, unconceivable
crisis and chaos around the world
many people becoming very sick, dying

is that the new plague?
like six hundred years ago which we could
never have imagined that it will come again –
today, now in our life and with our life

but still, every crisis – the bigger the more –
brought humanity to a different future
helped to go somewhere else
and find something else
beyond what we could have imagined
we find new ways
to be and to live
what we want
and what we want in our lives
what is important
and what is not important
modesty
humility
a totally different relationship
to yourself and to everybody else
to the world
to nature
to the universe
different expectations of yourself and the world
new visions of a new future


Wolfgang Laib May 2020