日曜美術館サイトにもどる
カテゴリ
旅の紹介

2016年10月16日 / 旅の紹介 第24回 埼玉・東松山市へ 丸木位里・俊を訪ねる旅

番組「黒の黙示録」では、香月泰男のシベリア抑留を描いた絵画、丸木位里・俊の「原爆の図」、川田喜久治が原爆ドームを撮影した写真を紹介しました。
その中から丸木位里・俊に焦点を当て、「原爆の図 丸木美術館」を中心に、埼玉県東松山市を巡ります。
ふたりがこの地で何を見ていたのかを想像する中で、「原爆の図」がまた異なる角度から見えてくるのではないかと思ったからです。

01_P1000385.jpg
原爆の図 丸木美術館。丸木位里は65歳から94歳、俊は54歳から87歳まで、人生の最後を送った地でもある。

つづきをよむ >>


2016年10月 9日 / 旅の紹介 第23回 岡山へ 浦上玉堂を訪ねる旅

山水を描き続けた江戸時代の画家・浦上玉堂。
日本の各地を訪ねた玉堂ですからその足跡はいろんな土地に残っていますが、この度はその原点を感じたいと、生まれ故郷の岡山を訪ねました。 

gyokudou01.jpg
現在開催中の「浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」展(岡山県立美術館)の様子。数度に分けて観覧したくなるくらいの密度の濃さ。

つづきをよむ >>


2016年10月 2日 / 旅の紹介 第22回 東京-向島・千住へ 鈴木其一と江戸琳派を探す旅

金屏風の上で、妖しいほどに咲き乱れる草花。
アメリカ、メトロポリタン美術館からの「朝顔図屏風」里帰りを機に、注目が集まる江戸琳派の絵師・鈴木其一(きいつ)の足跡を探して、東京・向島〜足立〜千住を訪ねました。

kiitsu_01.jpg
向島百花園の萩。秋の七草のひとつ。草花は、江戸琳派の中心的な画題。

つづきをよむ >>


2016年9月25日 / 旅の紹介 第21回 箱根へ 箱根寄せ木細工を訪ねる旅

9月25日の放送「第63回日本伝統工芸展」。番組のロケでは長野の木工職人・丸山浩明さんや、箱根寄せ木細工の本間 昇さん、京都の陶芸家・加藤 清和さんの元を訪れました。
日美旅では、箱根の寄せ木細工に改めてスポットをあてます。箱根路を行けば、長く伝統の技術を守り続ける匠(たくみ)にも、新しい息吹を吹き込む新世代にも出会うことができます。

yosegi_01.jpg
箱根にある温泉旅館のエントランスロビー。モダンインテリアと寄せ木細工が融合。

つづきをよむ >>


2016年9月11日 / 旅の紹介 第20回 東京-浅草・向島・両国へ 国芳を探す旅

驚きと笑いに満ちた浮世絵で、幕末の江戸っ子の度肝を抜いた絵師・歌川国芳(うたがわくによし)。

21世紀になって、その人気は高まる一方です。
骨の髄まで下町の江戸っ子、そんな国芳の横顔を東京の東に訪ねます。

kuniyoshi01.jpg
国芳の愛猫たちが眠る、両国・回向院(えこういん)。

つづきをよむ >>


2016年8月28日 / 旅の紹介 第19回 愛知県名古屋市・岡崎市・豊橋市へ あいちトリエンナーレ2016を巡る旅

3回目を数える「あいちトリエンナーレ」が8月11日から10月23日まで開催中です。

絵画・彫刻・映像・パフォーマンス・ダンス・オペラなど幅広い分野で世界の最新動向を紹介する国際的な現代アートの祭典です。
今回は、前回の名古屋・岡崎会場に加えて豊橋市も新たに加わりました。

aichi_01.jpg
芸術監督として全体の監修を行う港 千尋氏(多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授)。ジェリー・グレッツィンガー《Jerry's Map》の前で。

つづきをよむ >>


2016年8月21日 / 旅の紹介 第18回 長崎へ 天正遣欧使節を感じる旅

16世紀、ポルトガルとの貿易が盛んだった九州では、大名たちは次々とキリスト教に改宗しました。
「キリシタン大名」の名代として、13歳前後の少年4人による天正遣欧使節が、ローマに派遣されます。
東西の文化を橋渡しした天正遣欧使節の面影を、キリシタン文化が花開いた長崎に訪ねます。

tensho_01.jpg
長崎港。1582年、ローマ、ヴァチカンに向けて2年6か月の旅がはじまった(正確な出航地である当時の波止場は現在は陸地)。

つづきをよむ >>


2016年7月31日 / 旅の紹介 第17回 フランス、ル・メニル=テリビュ村へ メアリー・カサットを訪ねる旅

メアリー・カサットはアメリカ人でありながら人生の大半をフランスで生きた、印象派の代表的な画家のひとりです。 
 ちまたの話題になりやすい華やかなモチーフより、家族や近隣の人々などをモデルに、身近な暮らしの場面を題材としました。 
そんなカサットの面影を求めて、彼女が50代以降、亡くなるまで生活の拠点にしたパリ郊外のル・メニル=テリビュ村を訪ねます。 

cassatt01.jpg
メアリー・カサットが暮らした家「ボーフレーヌ館」。美しい庭園の中にたたずむ。

つづきをよむ >>


2016年7月24日 / 旅の紹介 第16回 長崎へ シーボルトを訪ねる旅

幕末の時代、ドイツ人の医師、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、日本研究で大きな成果を残しました。

今回の日美旅では、シーボルトが暮らした町・長崎を訪ねます。

siebold_1.jpg
長崎市鳴滝のシーボルト宅跡。後方の赤い建物がシーボルト記念館。

つづきをよむ >>


2016年7月17日 / 旅の紹介 第15回 島根県松江市へ 花森安治を感じる旅

「暮しの手帖」初代編集長・花森安治は神戸の生まれですが、青春時代を過ごした島根県の松江市をこよなく愛しました。

旧制松江高校に在籍した当時に編集と装丁の両方を手がけた「校友会雑誌20号」が花森安治の本作りの原点であったとも言われています。 

yh01.jpg
日没の宍道湖。夕陽であたりがオレンジ色に染まる。

つづきをよむ >>